結婚式の日取りの決め方は?六曜や人気の月は気にしたほうがいいの?

結婚式の日取りと聞くとほとんどの人が、大安が最適で仏滅は避けるべきというイメージなのではないでしょうか。

たしかに日本は昔から、六曜と呼ばれるお日柄を気にしながら冠婚葬祭をおこなってきました。

もちろん今でもその風習は根強く残っているため、大安が一番人気のあるお日柄であることは間違いありません。

しかし最近ではお日柄を気にせずに結婚式を挙げたい、と考えている人も増えてきています。

「こちら」

結婚式の日取りは、何を基準にして選択すればいいのでしょうか。

結婚式を挙げる日取りはどこまで重要視すればいいの?

結婚式の画像

結婚式を挙げる日取りは、何を優先するかによって最適な日が変わってきてしまうものです。

お日柄を優先するのであれば、六曜などを重視して日取りを決める必要がありますよね。

他にもお日柄でなく安さを追求したいカップルであれば、平日や人気のない月が最適な日取りになります。

そのため日取りが最も重要だと考えているカップルは、場合によって気に入った式場を諦めなくてはいけなくなりますよね。

しかしどんな日にちでもいいと考えているカップルであれば、式場に空きのある日取りを選択すればいいので、もっと他の部分を重要視することができるのです。

結婚式は日取りが重要だと言われていますが、日取りばかりを気にしすぎてしまうと式場選びができなくなってしまうこともあります。

そのため、日取りにとらわれすぎてしまわないことも重要なのです。

結婚式の日取りはいつまでに決めておくもの?

結婚式の日取りは、式場と契約を交わすときには決めておかなければいけないので、式場決定をする挙式予定日の約半年前には決めておきましょう。

結婚式場との契約は、挙式予定日に式場を使う予約をしておく契約でもあります。

そのため日取りが決まっていない状態では、式場と契約を交わすこともできません。

式場と契約を交わす前にはパートナーと話し合い、日取りを決めておく必要があるのです。

そのうえ日取りによって、提示される見積書の内容も変わってきてしまいます。

早めに日取りを決めておくと、見積書も正確になりますよ。

六曜を気にするのであれば大安以外の意味も知っておこう

六曜を気にするのであれば大安以外の意味も知っておこう

結婚式の日取りにとらわれすぎてしまわないようにといっても、やはり六曜は気にしてしまうものですよね。

そもそも六曜とは、どんな意味があるものなのかご存知でしょうか。

六曜は馴染みのある曜日とは違い、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤光の6種類の吉凶を表すものが毎日順番に巡っているものになります。

ではそれぞれの意味を結婚式を挙げる日取りに向いている順番で、説明していきましょう。

大安 「大いに安し」という意味。六曜の中で最も吉の日
友引 凶事に友を引くの意味があるが、慶事については幸せのお裾分けの意味にもなる
先勝 午前中は吉、14時から18時までは凶
先負 午前中は凶、午後は吉
赤口 11時頃から13時頃までは吉、それ以外は凶
仏滅 六曜の中で最も凶の日、婚礼などの祝い事は嫌気されているため結婚式を挙げる人は少ない

大安や仏滅以外の日についての意味をよく知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

しかし六曜という考え方は、もともと鎌倉時代に中国から伝わってきたものなので、日本の古くからある独自の考え方ではありません。

仏滅に結婚式を挙げることは悪いことなの?

六曜の中では仏滅は最も凶の日だと言われていますが、仏滅の日に結婚式を挙げることがそんなにいけないことなのでしょうか。

最近では仏滅は物を滅する日だという考えのもと、ゼロからスタートする日になり結婚式に向いているという考え方もあります。

そのうえ六曜の発祥である中国でも、六曜が結婚式と関わりが深いという言い伝えはありません。

あまり結婚式を挙げていない仏滅だからこそ式場からのサービスが多かったり、スタッフさんもバタバタしておらず安心して結婚式を挙げることができるメリットもあります。

仏滅だから結婚式を挙げたくないと考えているカップルが無理をして仏滅を選択する必要はありませんが、お日柄についてあまりこだわりのないカップルであれば仏滅を選択しても何の問題もないのではないでしょうか。

天赦日・天恩日・一粒万倍日ってなに?

日本には六曜とは違い天赦日と呼ばれる、日本の暦の上で最上の吉日だと言われている日があります。

年に5〜6日しかない天赦日におこなうといいとされているのが、結婚や入籍などの慶事なのです。

天赦日と違い天恩日は、5日連続で来る吉日になります。

そのため結婚式や直前の準備なども含め、5日連続の吉日である天恩日がおすすめです。

他にも一粒のもみが万倍にも実る稲穂になる、という意味の一粒万倍日と呼ばれる日もあります。

「ポイント」

暦の上での吉日は、決して六曜だけに縛られる必要はないのです。

結婚式の人気な月と人気のない月はいつ?

結婚式場の画像

結婚式を挙げるにあたり天気や気温の関係から、人気のある月と人気のない月というものがあります。

8月のように暑すぎる月や2月のように寒すぎる月は、やはりゲストを招待することを考えても避けたいですよね。

そのため結婚式を挙げる月について、紹介したいと思います。

人気のある月(5月・10月・11月)
ゼクシィ結婚トレンド調査の結果では、結婚式を挙げる月で一番人気なのは5月・10月・11月になっています。

気温も安定していて降水量も多くはないため、人気の月になっているのです。

人気のない月(1月・2月・8月)
結婚式を挙げる月で人気がないのは1月・2月・8月になります。

やはり暑すぎたり寒すぎたりしてしまうため、ゲストを招待しづらく人気がありません。

結婚式を挙げるのは室内だから大丈夫だと考えていても、式場までの移動やゲストが待機をする場所など、全ての場所でカバーすることはできませんよね。

そのため、結婚式を挙げる時期として向いていないと判断されてしまうのです。

人気のない月は費用をおさえることができる

結婚式に人気のない月である、1月・2月・8月に結婚式を挙げるのは絶対にいけないことなのかというと、そんなわけではありません。

人気のない月は式場の使用料が安くなっていたり、割引金額が多かったりしてお得に結婚式を挙げることができます。

そのうえ式場のスタッフさんも余裕があることが多いですし、レンタルドレスの競争率も高くないので気に入るドレスも見つかりやすいです。

たしかにゲストにとっては、参列しづらい気候かもしれません。

家族のみの結婚式を検討しているカップルなどであれば、人気のない月でも選択肢にいれてみるのがいいのではないでしょうか。

結婚式の日取りは両家の親の意見もはじめに聞いておく

結婚式の日取りを決定するときは、事前に両家の親の意見を聞いておきましょう。

自分たちは日取りなんて重視しなくてもいいと考えていても、両親に反対をされて式場をキャンセルしなくてはいけなくなったなんて話も少なくありません。

実は自分たちが知らなかっただけで両親にはこだわりがあったなんてことを、式場と契約を交わした後に発覚してしまってはキャンセル料なども発生してしまいますよね。

結婚式の準備をトラブルなく進めていくためにも、結婚式の日取りを決める前には両家の親に相談をしておきましょう。

人気の日取りであればゲストも満足できるとは限らない

結婚式を人気のある日取りに挙げることができるからといって、必ずしもゲストも満足できるとは限りません。

たとえば10月や11月の大安の日が平日だったからといって、ゲストに仕事を休んで結婚式に出席してもらうようにすることは、決していい結婚式だとは言えませんよね。

新郎新婦の自己満足にゲストが振り回されてしまうことがないように、ある程度の妥協も必要だということを理解しておきましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら