結婚式場の画像

50人規模の結婚式を検討している人の中には、50人という中途半端な数字に悩んでしまうのではないでしょうか。

このページでは、「ゲスト50人は少ないものなのか」「50人規模の結婚式で予想できるご祝儀」について紹介しています。

「こちら」

50人規模の結婚式を開催するケースは、決して少なくありません。

結婚式においてゲスト50人は少ないの?平均は?

結婚式場の画像

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では、招待するゲストの全国平均は71.6人になっています。

そのためゲスト50人では少ないのではないか、と考えてしまう人が多いのではないでしょうか。

しかし最近主流になってきている少人数結婚式は、ゲストの人数が40人程度までのものまでを呼んでいます。

ゲスト50人は平均よりは少ないと感じるものの、決して少人数結婚式のように少ないと感じることはありません。

50人規模の結婚式にかかる費用やご祝儀予想

結婚式場の画像

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では、招待客一人あたりにかかった結婚式費用の平均が5.9万円になっています。

この数字をもとにゲスト50人で計算をしてみると、結婚式にかかる費用は約295万円になります。

しかし、結婚式にかかる費用は全てが新郎新婦が支払う自己負担額になるわけではありません。

ある程度招待するゲストの顔ぶれが決まったら、ご祝儀予想をすることで自己負担額を明確にすることができます。

50人規模の結婚式で予想できるご祝儀は?

ご祝儀袋の画像

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では、親族や友人を平均したご祝儀金額が3.3万円だと言われています。

そのため50人規模の結婚式であれば、約165万円のご祝儀を予想することが可能です。

ただし親族や友人の割合や実際に受け取ることのできるご祝儀の金額は、一概に決め付けることはできません。

ご祝儀予想をしても、確実にもらえることができる金額だと思わないようにしましょう。

50人規模の結婚式に必要な自己負担額は?

結婚式場の画像

結婚式に必要な費用とご祝儀の予想をすることができたら、最終的な自己負担額を計算することもできます。

費用 295万円 − ご祝儀 165万円 = 負担額 130万円

想像していたよりも、自己負担額が少ないと感じた人が多いのではないでしょうか。

このように50人規模の結婚式は少人数結婚式ほどの小規模にならず、自己負担額も最小限に抑えることができるためおすすめの人数でもあります。

50人規模の結婚式は席次表や席次をどうするの?

結婚式場の画像

一般的に紹介されている席次やレイアウトは、需要の多い70人や30人などばかりですよね。

50人規模の結婚式はあまり席次の例もないため、多くの人が悩んでしまうのではないでしょうか。

たとえ50人規模であっても悩んでしまわないように、おすすめのテーブルレイアウトを紹介したいと思います。

おすすめのテーブルレイアウト

ゲスト50人であれば、新郎新婦を覗いて8人掛けのテーブルを6つ準備することで席次を決めることができます。

少人数の場合は長テーブルでも問題ありませんが、50人規模になるのであれば円卓テーブルを使用するほうが会場がすっきり見えます。

新郎新婦の上司には高砂の一番近い席を準備し、両親には一番離れた席を準備するのがマナーになります。

50人規模の結婚式にぴったりな3つの演出を紹介

バルーンリリースの画像

50人規模の結婚式を挙げる場合、少人数とも一般的とも言えない人数により演出を決めることが難しいこともあると思います。

50人規模の結婚式でも、ゲストと楽しむことができる演出を紹介したいと思います。

  • 定番のキャンドルサービス
  • アットホーム感を出せるバルーンリリース
  • ゲストとの距離が近くなるビールサーブ

定番のキャンドルサービス

結婚式の披露宴と聞くと、一番定番の演出がケーキ入刀に次いでキャンドルサービスではないでしょうか。

最近はキャンドルサービスで一卓ずつ回るための時間が長いと言われていますが、50人規模の結婚式の場合はそんなこともありません。

ゲストに近い距離でお礼を伝えることができ、長すぎず短すぎない時間でテーブルを回ることができるためおすすめの演出になります。

アットホーム感を出せるバルーンリリース

50人規模の結婚式の場合、演出次第では少人数結婚式のようなアットホームな空間を作ることができます。

ゲストとの距離が近くなることでアットホーム感を出すことができるため、挙式を終えて披露宴会場に移動する際、式場の外でゲストと共にバルーンリリースをする演出を取り入れてみてはいかがでしょうか。

バルーンリリースは準備に時間がかかることもなく、費用も安いため手軽に取り入れることができる演出です。

「新婦」

バルーンが飛んでいく景色は結婚式場とマッチし、素敵な思い出になること間違いありません。

ゲストとの距離が近くなるビールサーブ

披露宴で取り入れる演出の中でもおすすめなのが、新郎がビールサーバーを担いでゲストテーブルを回るビールサーブです。

新婦のお色直しと同時に新郎がビールサーバーを担いで登場することでインパクトもあり、新郎もジャケットを脱ぐだけでいいので2着目衣装が必要になることがありません。

新郎自ら家族や親族、お世話になっている会社の上司や友人などにビールを注ぐことで、さらに距離感が縮まりアットホームな雰囲気を作りだすことができます。

50人規模の結婚式におすすめな会場の選び方

結婚式場の画像

50人規模の結婚式を挙げるのであれば、まずは会場を選びから気をつけるようにしましょう。

50人という人数はなかなかぴったりの会場が見つからず、どの部分を妥協するのか悩んでしまうと思います。

  • 広すぎず狭すぎない会場を選ぶ
  • 常識にとらわれず自由な演出ができる会場を選ぶ
  • 料理やドリンクのランクを上げても予算内に収まる会場を選ぶ

広すぎず狭すぎない会場を選ぶ

50人規模の結婚式を挙げる場合、はじめからゲスト50人専用の会場を常設してある式場はありません。

30〜50人や50人〜100人など、50人は収容人数の上限や下限になっているケースがほとんどです。

そのため人数に対して少し狭く感じたり、広すぎて会場がスカスカに感じてしまうことが多いかもしれません。

なるべくゲスト50人に対して、広すぎず狭すぎない会場を選択するようにしましょう。

常識にとらわれず自由な演出ができる会場を選ぶ

50人規模の結婚式を挙げる場合、プランナーさんによっては一般的な70人規模の結婚式で実施するような演出をおすすめしてくることもあります。

しかし新郎新婦にアットホームにしたい意向があるならば、プランナーさんの言う通りにする必要はありません。

50人規模の結婚式のよさは、新郎新婦の希望次第でどんな雰囲気にも染めてしまうことができる点です。

「こちら」

一般的な結婚式の常識にとらわれることなく、自由な演出をさせてもらえる式場を選択するようにしましょう。

料理やドリンクのランクを上げても予算内に収まる会場を選ぶ

ゲストを50人招待するとなると、料理や引出物のランクを一つ上げるだけで想像以上の費用が追加になってきます。

しかし家族や親族、お世話になっている上司や友人に質素な料理や引出物を提供するわけにはいきません。

最初に提示される見積書の時点で、料理や引出物のランクを一つ上げたものを提示してもらい、ランクを上げても予算内に収まる式場を選択するようにしましょう。

50人規模の結婚式を安く実現するならハナユメを利用しよう!

ハナユメの画像

50人規模の結婚式を挙げるのであれば、結婚式の質を落とすことなく費用を最小限に抑えることができるハナユメを活用しましょう。

ハナユメを経由してブライダルフェアに参加すると、独自の割引であるハナユメ割が適応されます。

ハナユメ割では結婚式の費用が最大150万円割引され、さらにブライダルフェア参加後にアンケートに答えるだけで最大33,000円分の商品券もゲットすることも可能です。

50人という平均よりも少なく少人数結婚式よりも多い人数の結婚式であっても、ハナユメであればきちんと費用を抑えることができるため、まずはハナユメを経由して気になる結婚式場のブライダルフェアに参加してみましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら