ペットと一緒に結婚式がしたい!おすすめの演出と気をつけるポイント

一生に一度の結婚式だからこそ、大事な家族であるペットにも参列してほしいと考えている人は多いのではないでしょうか。

最近では、ペット同伴可の結婚式場も増えてきています。

しかし、親族などのゲストから挙式当日にどう思われるのかを考えてしまい、結局諦めてしまう人がほとんどです。

新郎新婦が満足できる結婚式を挙げるためにも、ペットを同伴するときに気をつけるべきポイントを確認しておきましょう。

「ポイント」

新郎新婦の自己満足だと言われることもありますが、初めから諦めてしまう必要はありません。

そもそも結婚式場にペットは入ってもいいの?

そのそも結婚式という神聖な空間に、ペットも入っていいのかという疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

結論としては式場によって規定が違うのですが、「生きとし生けるものは皆平等」という牧師さんの意向でペット可にしている式場もあります。

結婚式場と一括りにして説明をしているので勘違いをされてしまうことがあるのですが、基本的にペット可と謳っている式場は挙式のみ同伴可能という場合が多いです。

披露宴会場は衛生面上入ることができない

結婚式場と説明をされてしまうと、料理を食べる披露宴会場までペット同伴なのかという勘違いをしてしまいますが、実際は挙式会場だけのケースばかりです。

披露宴会場の中にペットを入れてしまうと、衛生面上の問題がおきてしまいます。

そのため披露宴の最中は新郎新婦の控え室で親族の人にお世話をしてもらったり、ペットシッターにお世話をお願いをするのです。

ゲストに対して説明をするときも、挙式のみペット同伴しますと正確に伝えることが重要です。

ペットとできる結婚式のおすすめ演出

結婚式でのペットの画像

ペットも一緒に挙式に参列する場合、おすすめの演出があります。

せっかく挙式にペットも同伴するのであれば、ペットにもドレスやタキシードなどを着せて、盛り上げてもらうようにしてみましょう。

指輪を運ぶリングドッグ

挙式はリングガールやリングボーイという、リングを運ぶ役割があることをご存知でしょうか。

そんなリングを新郎新婦の元まで運ぶ役割を、愛犬に任せてしまうのです。

首輪から指輪をぶら下げてしまうのもいいですし、あらかじめ愛犬の服にリングピローを縫いつけておくのもいいと思います。

ただし初めての場所で多くの人に囲まれて新郎新婦の元まで歩くことになるので、歩かなくなってしまった時のために親族の人にサポートをお願いしておきましょう。

可愛い肉球でサインをする証犬・証猫

挙式で名前を記入する結婚証明書に立会人のサインではなく、愛犬・愛猫に肉球で証印をしてもらうのもおすすめです。

ただし教会式の場合は牧師さんがサインをするのが一般的なため、人前式でおこなうのがいいと思います。

そのうえ結婚証明書は持ち帰ることができるので、思い出として家に飾っておくこともできます。

しかしサインをする時には肉球にインクをつけることになるため、大事なドレスなどに誤ってインクをつけてしまわないように気をつけましょう。

サインだけなので、初めての場所が苦手な猫ちゃんでもできる演出になります。

新郎新婦とバージンロードを歩く

バージンロードといえば新婦は父親と共に歩きますが、父親だけでなくペットも共にバージンロードを歩くのもおすすめです。

バージンロードを父親とペットと歩く姿は、きっとゲストにとっても微笑ましい光景になるのではないでしょうか。

新郎1人で入場するのが恥ずかしいという場合でも、新郎がペットと一緒に入場をすれば気分がまぎれるなんてこともありますし、バージンロードを歩くだけなので犬猫だけでなく小動物などでも大丈夫です。

ゲストの中にアレルギーの人がいないか確認をしておく

招待状の画像

挙式をペット同伴にするのであれば、まず招待するゲストの中に苦手な人やアレルギーの人がいないかきちんと確認をしておきましょう。

どれほどペットは家族だと考えていても、アレルギーや苦手な人がいる場合は同伴させることができません。

自分たちが満足できる結婚式を挙げることも大事ですが、ゲストに失礼なことをしてしまうのはダブーです。

そのため招待状を送る前に、確認をしておくようにしましょう。

招待状にはペットが同伴することを記載をしておく

ゲストに打診として確認をしておいたとしても、招待状にも挙式にはペットが同伴していることを記載しておきましょう。

招待状という形に残しておくものに記載をしておかないと、聞いていなかったというトラブルになりかねません。

ゲスト全員が快くOKをしてくださった場合でも、きちんと招待状にはペット同伴の旨を記載しておきましょう。

ペットに辛い思いをさせないように環境を整えておく

ペットに辛い思いをさせないように環境を整えておく

挙式にペットを連れて行くときは、ペットが待機している間などの環境を整えておくようにしましょう。

事前におこなう打ち合わせで、新郎新婦の控え室なのか親族の控え室なのか、ケージをおいておく場所などをきちんと決めておくのです。

挙式中は式に参列することになると思いますが、披露宴中は控え室で待機をさせておくのが一般的です。

結婚式中に面倒を見てくれる人を決めておく

結婚式にペットを同伴させるときは、挙式の最中や披露宴の最中にお世話をしてくれる人を決めておきましょう。

ペットにとっては初めての場所で、初めての人にたくさん出会うこともあります。

そのうえ新郎新婦は常にバタバタとしている状態になってしまうので、1日中ペットのお世話をしていることができません。

そのため、普段から慣れている親族などにお世話をお願いしておきましょう。

必要であればペットシッターを頼んでおく

もしも親族にペットのお世話をお願いできない状況になってしまうのであれば、あらかじめペットシッターの人にお願いをしておきましょう。

ペットシッターを頼んでおけば、親族も心配することなく披露宴に集中することができます。

結婚式とは別に料金がかかってしまうことにはなりますが、親族もペットも安心することができるのでおすすめです。

式場NGでも一緒に前撮りをすることはできる

自分の気に入った結婚式場がペットNGだとしても、前撮りを一緒に撮影したりすることはできます。

結婚式場での前撮りをするのではなく外部のスタジオなどで前撮りをお願いすれば、ペットと共に撮影をすることができるのです。

せっかくの結婚式なので、ペットとの写真も残しておきたいと考えるものですよね。

挙式に同伴させることだけがペットと共にできることではないので、前撮りも視野にいれておくようにしましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら