1.5次会に招待されたときの服装は?
会費はどうやって渡すの?

友人から1.5次会に招待されたとき、披露宴や二次会と何が違うのだろうと悩んでしまいますよね。

披露宴に限りなく近い1.5次会もあれば、二次会のような1.5次会もあります。

そのため服装やマナーについてどこまで気にすればいいのか、困ってしまうものです。

カジュアルすぎて浮いてしまわないか、フォーマルすぎて引かれてしまわないか、1.5次会に招待されたことのある人であればきっと誰もが通る道だと思います。

そのうえご祝儀は必要なのか、会費はご祝儀袋にいれるべきなのかなど、一般的な結婚式にはない悩みが増えてしまうものです。

「ポイント」

1.5次会に招待されたときに気をつけるべきポイントを確認しておきましょう。

服装は招待される1.5次会会場によって変わってくる

披露宴会場の画像

1.5次会に招待されたとき、服装はどのようなものがベストなのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし1.5次会は会場によって雰囲気が左右されてしまうため、これが間違いない服装だと言い切ることができません。

自分の招待された会場が下記のどのパターンに当てはまるのか考えてから、服装を決めるのがおすすめです。

  • 高級レストランやホテルの場合→フォーマル
  • カジュアルなレストランなどの場合→セミフォーマル
  • カラオケボックスや居酒屋などの場合→カジュアル

高級レストランやホテルの場合→フォーマル

1.5次会用のレストランやホテルなどの披露宴に近い会場は、フォーマルな格好で参加するようにしましょう。

女性はショールなどで肩を出さず、露出を控えめにしてシンプルにまとめましょう。ロングドレスや生花の髪飾りなどは、華やかすぎてしまうためNGです。

そのうえ結婚式と同様に白いドレスやブラックパール、オープントゥの靴はNGです。

男性は、スーツにネクタイのスタイルであれば問題ありません。

ただし黒いネクタイは、葬式を連想させてしまうため避けましょう。

カジュアルなレストランなどの場合→セミフォーマル

レストランでの着席パーティや、おしゃれなダイニングでの立食パーティの場合はセミフォーマルな格好でも問題ありません。

女性はフォーマルなワンピースの上にカーディガンを羽織るなど、フォーマル感を少し控えるようにすると周りから浮くことがありません。

靴はフォーマルの場合と同じく、オープントゥやサンダルはNGです。

そのうえオシャレだとしても、綿製品のワンピースはセミフォーマルにはならないため避けましょう。

男性は新郎新婦が上司や先輩でない場合、ノーネクタイでも問題ありません。

ただしノーネクタイにするならワイシャツなどに一工夫し、あまり寂しい印象の格好にならないように要注意です。

カラオケボックスや居酒屋などの場合→カジュアル

カラオケボックスや居酒屋でおこなう場合は、普段着のようなカジュアルな格好でも大丈夫です。

女性は普段着ているような洋服の中から、少しおしゃれなものを選ぶようにしましょう。

ただし夏だからといっても、タンクトップや素足はNGです。

男性はスーツを着ていく必要はありませんが、ジャケットを着用するようにしましょう。

そのうえ招待状にデニムOKと書かれていない限り、デニム素材のものはNGです。

会費はご祝儀袋にいれて渡すもの?

1.5次会は、会費制になっていることが多いですよね。

1.5次会の場合、会費を渡すときに財布から直接出してもマナー違反にはなりません。

封筒などに入れて渡したほうが丁寧だと思われがちですが、会費制はきちんと会費を回収することが大事になってきます。

そのためいくら封筒に入っているのかわからないよりも、きちんと金額がわかるように渡したほうが親切なのです。

もしも財布から出すことに抵抗を感じるのであれば、封をしていない封筒に会費をいれておき、受付では封筒から出して渡すようにしましょう。

ちなみにご祝儀ではないので、新札でなくても大丈夫ですよ。

1.5次会でやってしまいがちなNGポイント

1.5次会でやりがちなNGポイント

1.5次会は一般的な披露宴などと違うため、多少は融通がきくだろうと思ってしまいがちですが、実際は披露宴のマナーとあまり差はありません。

1.5次会だからと甘く考え、陥ってしまいやすいNGについて確認しておきましょう。

黒で統一されている服装

結婚式と同じように白の服装はダメだということは理解していても、黒で統一することが不適切だと考えている人は少ないのではないでしょうか。

黒いワンピースなどを着るのであればアクセサリーなどで華やかにし、喪服を連想させるほど黒で統一した格好は避けるようにしましょう。

ミュールやサンダル

居酒屋やカラオケボックスのようなカジュアルな会場であっても、かかとがパカパカするようなミュールやサンダルはやめましょう。

そのうえパンプスなどであっても素足はマナー違反になるため、ストッキングは必須です。

露出が多い

ミニスカートや肩がでるような露出の多いドレスは、1.5次会にはふさわしくありません。

どうしても肩が出てしまう時は、上にボレロやショールなどを羽織るようにしましょう。

新郎新婦よりも目立つ格好は、たとえ1.5次会であってもタブーです。

会費以外にもお祝いしたい場合はプレゼントで

会費制の結婚式に招待されたとき、会費だけではなくもっとお祝いしたいと感じるような相手もいますよね。

そんなとき会費とは別にご祝儀を渡してもいいものなのか、考えている人も多いとおもいます。

たしかに会費制の結婚式だとしても、ご祝儀を渡すことはいけないことではありません。

しかし新郎新婦はゲストに負担をかけたくないという思いから、会費制を選択していることもあります。

そのためご祝儀を渡すと、かえって新郎新婦を困らせてしまうことが考えられるのです。

とはいえ、何か形にしてお祝いしたいと思ってしまうものですよね。

そんなときはご祝儀ではなく、プレゼントにして渡すようにしましょう。

プレゼントは1.5次会の当日ではなく、1週間前程度に届くように手配するのがマナーです。

もしも当日にしか渡すことができないのであれば生花や食器、生ものは避けるようにし、商品券などの荷物にならないものにするのがベストです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら