結婚式場の画像

結婚式にゲストを招待するとき、どのような基準で何人程度の人を呼ぶのが普通なのか、悩んでいる人も多いと思います。

このページでは、「結婚式に招待するゲストの割合」から「招待する時に気をつけるポイント」まで紹介しています。

「ポイント」

結婚式という祝い事の後に人間関係がこじれてしまわないように、招待するゲストを選ぶ時は慎重になりましょう。

結婚式に招待するゲストの平均人数はどのくらいなの?

結婚式の画像

ゼクシィトレンド調査2016のアンケート結果では、結婚式に招待しているゲストは全国平均で72人となっています。

しかし70人に到達していないと少人数結婚式だと思われるのではないか、周りから寂しい結婚式だと思われるのではないかなど、思いつめる必要はありません。

地域によってゲストの平均人数は変わるもの

結婚式に招待する人は、地域や風習によって変わるものです。

関東地方は100人越えの結婚式が主流になっているのに対し、東海地方や関西地方は60人程度が平均になっています。

全国平均72人という数字は、あくまで参考程度の数字だと心にとどめておくようにしましょう。

「こちら」

最初にリストアップする人は、自分の招待したいと思える人を書き出すのが一番重要です。

招待人数の内訳は?会社の人や友人の具体的な人数

披露宴会場の画像

結婚式に招待するゲストの人数が平均72人だとしても、友人だけで72人になっているのか、会社の人は何人程度招待しているのか、簡単に想像できるものではないですよね。

ゼクシィトレンド調査2016では、下記のような回答になりました。

親族 26.4人
学生時代の恩師・友人 26.6人
勤務先の上司・同僚 16.1人
親の友人や知人・近所の人 2.6人
その他 2.9人

新郎新婦で招待した人数の合計になるので、もし新郎のみ新婦のみで計算するのであれば、上記の半数を目安にするようにしましょう。

結婚式の招待客をリストアップするときのポイント

招待状の画像

結婚式に招待するゲストの選定は、まずリストアップから始めますよね。

しかしリストアップするときは、やみくもに思いついた名前を書き出せば良いというものではありません。

リストアップするときのコツを踏まえた上で、効率良く招待客を選んでいきましょう。

  • 主賓・招待するべき人・できれば出席してほしい人で分ける
  • パートナーのリストと合わせて調整する
  • 前もって参列していただけるのかを確認する

主賓・招待するべき人・できれば出席してほしい人で分ける

結婚式に招待するゲストは主催・招待するべき人・できれば出席してほしい人、とグループで分けながらリストアップしていくようにしましょう。

主催は会社の上司や学生時代にお世話になった恩師など、主催挨拶や乾杯の挨拶を頼めるような人に依頼します。

招待するべき人は、仲の良さよりも付き合いを優先しなければいけない職場関係の人や、両親が必ず招待しなければいけないと考えている知人など、今後の人間関係を優先しましょう。

そしてできれば出席してほしい人の中には、最近は連絡を取っていないが結婚式には参列したという友人や、友人グループの関係で招待したほうがいいと感じる人など、最終的に削れる人をまとめておきましょう。

事前に招待するゲストの中から外す可能性があると自分で理解しておくと、もしも人数を減らさなければいけなくなった時に悩まずにすみます。

パートナーのリストと合わせて調整する

新郎新婦でお互いリストアップができたらパートナーと確認し、ある程度ゲストの人数を調整しましょう。

ただし、お互い人数をぴったり合わせる必要はありません。

新郎側は会社関係の人のみになるケースもありますし、新婦側は友人ばかりになってしまうケースもあります。

招待する人の優先順位を考え、最終的な人数が結婚式場と交わした契約の人数内におさまれば問題ありません。

前もって参列していただけるのかを確認する

結婚式に招待するゲストをパートナーと話し合ったら、招待状を送る前に参列していただけるのか確認しておきましょう。

結婚式の招待状は一般的に挙式日の約2ヶ月前に送付しますが、招待状をいきなり送るのではなく、事前に日程を連絡して参列できる予定なのか把握する必要があります。

久しぶりに連絡をとる友人などは、知らないうちに妊娠していたり子供がいたりするケースも考えられますよね。

招待状を送る前に確認しておくとゲストの人数が減るリスクもなくなるため、あらかじめ確認するのが重要です。

新郎新婦で割合に差があると恥ずかしい?不恰好にみえるもの?

結婚式場の画像

新郎新婦によっては、招待するゲストの割合に差がある場合もありますよね。

しかし新郎新婦のゲストの人数に差があっても、不恰好だと感じる必要はありません。

最近の結婚式では招待するゲストの人数に関して、友人や親族が少ないなどと感じるような人はいません。

そのうえゼクシィトレンド調査2016では、新郎新婦が招待するゲストの人数が同程度だったと回答した人が約4割です。

半数以上のカップルは、ゲストの人数にばらつきがあるのが普通です。

「こちら」

自分の招待する人数が少ないからといって、心配する必要はありません。

招待人数は多ければ多いほどお得になるのは本当?

チャペルの画像

結婚式に招待するゲストの人数は、多ければ多いほどお得になるという話を聞きますよね。

もちろん普段から仲の良い友人や親族が多いという理由で、招待する人数が増えてしまうのは問題ありません。

結婚式に数多くの人を招待すれば、その分ご祝儀をいただけますが、ご祝儀を目当てとして無理にゲストの人数を集めるのはマナー違反です。

式場検索サイトであるハナユメなどを利用すれば、結婚式の費用を抑えられる可能性もあります。

ゲストに頼るのではなく、まずは自分たちの力で費用を抑える努力をしましょう。

「ポイント」

結婚式をお得にしたいという理由だけで、招待人数を増やすのはNGです。

結婚式の招待人数が減ったときはどうすればいいの?

披露宴会場の画像

結婚式に招待するゲストは、結婚式間近に急遽参列できなくなるケースも考えられます。

仕事の予定や身内の不幸など、予期せぬ出来事は起きるものです。

もちろん自分だけでなくどんな新郎新婦でも経験するので、人数が減っても焦る必要はありません。

キャンセルの連絡が来た場合を考え、対処法について確認しておきましょう。

人数合わせで招待するのはやめる

結婚式に招待したゲストからキャンセルの連絡がきた時、結婚式場との契約などから人数合わせで友人に声をかけてみようと考えると思います。

しかし、人数合わせで声をかけるのは絶対にやめましょう。

挙式間際に声をかけられると、人数合わせで招待されたのだとゲストは気づいてしまいます。

結婚式当日は問題ないとしても、結婚式後に人間関係に亀裂が入ってしまったり友人同士で噂が回るケースもあります。

人数合わせでゲストを招待するのは、どんな状況だとしても避けましょう。

思い切って結婚式を小規模にすることも検討する

招待状を出したときは全員出席と連絡を受けていたとしても、会社でトラブルがおきたりして急に多数の人が欠席するケースも稀にあります。

そんな時は、思い切って結婚式を小規模にすることも視野にいれましょう。

当初予定していた披露宴会場では広すぎてしまうと感じる場合は、式場と話し合って会場の変更を考えるのがおすすめです。

広すぎてしまうと感じる会場より、人数に合ったサイズの会場のほうが当日は居心地がいいですよね。

人数が減ってしまって悲しくなる気持ちもわかりますが、早めに式場と交渉をするのが重要です。

家族や親族のみの少人数結婚式に関する情報については、下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

少人数結婚式(家族や親族のみ)は寂しい?費用や流れの疑問を全て解決

少人数結婚式にかかる費用や流れについて紹介しています。家族や親族のみでは寂しいのか、演出や受付などの疑問まで解決!少人数結婚式にしかないメリットを理解し、最近注目を集めている少人数結婚式について、チェックしておきましょう。

式場に相談して見積もりを再度お願いする

招待するゲストの人数が減ってしまうと、料理やテーブルの数も変わってきてしまいますよね。

多少の人数の変化は仕方ないと思えるかもしれませんが、大幅に人数が変わる場合は式場に再度見積もりを提示してもらえるか相談しましょう。

契約上見積もりの変更はできないかもしれませんが、式場によっては状況を配慮して見積もりを再度提示し直してもらえます。

早めにゲストが減ってしまった状況をプランナーさんに相談し、再度見積もりを提示してもらえるようにしましょう。

結婚式にかけるお金は、今後の新婚生活も考えて最小限に抑えるのが大事ですよ。

結婚式に招待するかで今後の人間関係が左右されることも

新郎新婦の画像

結婚式に招待するゲストの選定は、今後の人間関係に大きく関わってきます。

口コミサイトでは、結婚式をきっかけに絶縁したという話や、大事な友人をなくしたという話が多々あります。

多くの新婦が結婚式に向けてモチベーションが上がってしまい、周りの状況を考える余裕がなくウェディングハイに陥ってしまうのです。

しかし結婚式を終えたときに気づいてしまっては、もう後戻りできません。

新郎新婦がゲストを振り回さないように、招待するゲストを考えて行動しましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1