結婚式場探しを始める時期はいつ?予約は何ヶ月前からするもの?

パートナーからプロポーズをされ、いざ結婚式を挙げようと思ったとき、一体いつから結婚式場探しを始めればいいものなのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

周りの友人などに聞いても、1年前から探し始めたのにもかかわらず後悔している人や、半年前に式場を決めたのにとても満足している人など、なにを基準にすればいいのか悩んでいる人もいると思います。

プロポーズをされたからといってすぐに式場探しをはじめてしまうと、周りから焦りすぎだと思われてしまいそうでなかなか勇気を出せない人もいますよね。

しかし、実際には式場探しに早すぎるなんてことはありません。

式場側も1年以上前から予約を受け付けているため、どれだけ早く行動に移したとしても損をしてしまうことはないのです。

「ポイント」

式場探しで後悔してしまわないためにも、早くから動き出すのがおすすめです。

結婚式場探しは早くから行動に移すことが鉄則!

チャペルの画像

式場探しは早めからすすめておくといいとアドバイスをされることはあっても、早すぎるからやめておけとアドバイスする人は誰もいません。

特に両親がお日柄を気にしている場合や、どうしても挙げたい式場が決まっている場合は、なるべく早くから行動するようにしましょう。

ただしプロポーズされたからといってすぐに式場探しを始めるのではなく、両家の挨拶を終わらせてから式場探しをはじめるのがマナーです。

式場決定までに約75%の人は1〜3ヶ月かかっている

式場探しの期間

一般的に式場決定までにかかる時間は、1〜3ヶ月程度だと言われています。

結婚式自体の準備にかかる時間は約6ヶ月と言われているため、余裕を持つためにも1年前から式場探しを始めるのがベストです。

もしも1年前から式場探しができないのであれば、遅くても9ヶ月前には行動に移しましょう。

結婚式自体の準備は6ヶ月でできるからと甘く考え、ギリギリに式場探しを始めてしまうと、様々な部分で後悔をしてしまうことになります。

式場決定がゴールなのではなく、結婚式当日までのスケジュールを考えるようにするのがコツなのです。

式場探しを早くからおこなうメリット

式場探しを早くからおこなうメリット

結婚式場探しは、はじめる時期が早ければ早いほどメリットがあります。

式場が予約を受け付けていないほど先の結婚式でない限りは、両家の両親の同意を得たらすぐに式場探しをはじめるようにしましょう。

早すぎてしまうのではないかと思ってしまう人もいるかもしれませんが、実は自分が考えているよりも早くから周りは行動しているものなのです。

では、式場探しを早くからはじめるメリットを紹介してみましょう。

  • 希望の日時で予約がしやすい
  • 協することなく式場探しができる
  • 多くのブライダルフェアに参加できる

希望の日時で予約がしやすい

早くから式場探しをはじめると、自分たちの希望している日にちや時間帯に空きがある可能性が高く、理想の日程で結婚式を挙げやすくなります。

たとえばどれだけ式場を気に入っていたとしても、新郎新婦や両親がお日柄を重視している場合は希望の日程が空いていない限り、式場を変更しなくてはいけませんよね。

式場探しから挙式当日までの期間が短い人は、日程にこだわりのない人が多い傾向もあります。

結婚式は人によって満足するポイントが変わってくるため、希望通りの日程で結婚式を挙げたいのであれば早くから式場探しをはじめるのが後悔しないためのコツでもあるのです。

妥協することなく式場探しができる

式場探しから挙式当日までの期間が短いと、式場探しで妥協してしまうことがあります。

多くの人は挙式当日まで時間が足りないとなると、式場探しではなく結婚式自体の準備に時間を割きたいと考えるため、ある程度、式場探しで妥協をしてしまうのです。

しかし式場探しを妥協してしまうと、後悔してしまうことになります。

いくら結婚式自体に時間をかけたいからといっても式場自体に納得がいっていなければ、一生に一度の結婚式だから妥協をしたくないと考えるようになり、キャンセルしてしまうこともあるのです。

そのため早くから行動に移しておくと妥協せずに式場探しができるだけでなく、式場をキャンセルしてしまうリスクも減らすことができますよ。

多くのブライダルフェアに参加できる

式場探しをする時は、ほとんどの人がまずブライダルフェアに参加すると思います。

しかしブライダルフェアは1つの式場で2〜3時間必要になる上に、日にちも限られていますよね。

もし4つの式場のブライダルフェアに参加したいと考えたとしても、日にちや時間帯の関係で4日間必要になることもあります。

もしも週に1日しかパートナーと休みを合わすことができないとなると、ブライダルフェアに参加するだけで1ヶ月必要になってしまいますよね。

逆にいうと、余裕を持って早くから式場探しを始めておけば、気になる式場のブライダルフェアに全て参加できるということです。

ブライダルフェアは試食会や試着会などの様々な体験が無料でできるため、時間が許す限り参加したいものですよね。

そのうえブライダルフェアに参加をすると、結婚式に関する知識も豊富になります。

早くから式場探しを始めておくと、数多くのブライダルフェアに参加する余裕が持てるようになるのです。

ブライダルフェアに参加しないと式場探しはできないの?

チャペルの画像

式場探しを早くから始めると、数多くのブライダルフェアに参加できるのがメリットだと説明をしましたが、そもそもブライダルフェアに参加をしないと式場探しはできないのかと考えている人もいるのではないでしょうか。

式場探しをするときは、式場の外観だけで決定をしていいものではありません。

ブライダルフェアでは婚礼料理の試食会やドレスの試着会だけでなく、見積もりなどについて相談できる相談会や、模擬挙式や模擬披露宴などもおこなっています。

結婚式場を探して決定するということは、式場ごとに比較検討をすることが必要なのです。

ブライダルフェアに参加をすると、式場ごとの特徴やメリットを自分で確認することができます。

式場決定の決め手を見つけるためにも、ブライダルフェアには参加しなければいけないのです。

挙式日が決まっていないときはいつから式場探しをするの?

結婚をする予定はあるが挙式をする日程まで決めていない、と考えている人は多いのではないでしょうか。

そんな人は結婚式に興味を持った時点で、一度ブライダルフェアに参加をしてみましょう。

本格的な式場探しとしてブライダルフェアに参加をするのではなく、下調べ程度に参加をしてみるのです。

ブライダルフェアに参加をすることで結婚式のイメージが具体的にできるようになるかもしれませんし、見積書を見ることで貯蓄を頑張るだけでなく未定だった日程を確定する気持ちになるかもしれません。

まずは身近にある結婚式場から、ブライダルフェアに参加してみるのがおすすめですよ。

式場探しは定期的にパートナーと話し合う機会を確保しておくのがベスト

式場探しをはじめるときは、定期的にパートナーと話し合う機会を事前に確保しておくのがおすすめです。

式場探しは、自分一人ですすめていけるようなものではありません。

そのためブライダルフェアに行きっぱなしで話し合いをせずにいては、式場を決定するまでに時間がかかってしまいます。

結婚式に対する考え方などはブライダルフェアに参加をする前にパートナーと意見をまとめておき、ブライダルフェアに参加をした後は式場について感じたことなどを話し合うようにしましょう。

そのうえ式場探しを早くから進めておくと気持ちの面でも余裕ができるので、パートナーと話し合いをするときにケンカになってしまう確率も低くなりますよ。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら