ウェディングドレスの画像

結婚式で着るウェディングドレスは、レンタルするものだと考えている人が多いのではないでしょうか。

このページでは、「ウェディングドレスを購入するメリット」「おすすめのウェディングドレスの通販サイト」まで紹介しています。

「こちら」

ウェディングドレスをネットで購入して、結婚式の費用を抑えましょう。

ウェディングドレスはネットで購入しても満足できるの?

ウェディングドレスの画像

ウェディングドレスをネットで購入するということに、抵抗を感じている人は少なくないと思います。

しかし実際はネットで購入していても満足している先輩花嫁は多く、結婚式の費用を節約するコツになってきています。

ネット購入は失敗しないためのコツさえ掴んでおけば、式場でレンタルをするよりも満足できる結果になること間違いありません。

ネットの格安通販なら1万円以内でも購入できる!

ネットで販売されているウェディングドレスは、おおよそ1万〜10万円程度のものばかりになります。

そのうえセールなどを開催していれば、ウェディングドレスを1万円以内で購入してしまうことも可能です。

購入してしまえばドレスをリメイクしてしまうこともできますし、娘ができたときに譲るのもいいかもしれません。

このように結婚式場やドレスショップにウェディングドレスのレンタル料を支払うよりも、ネットで購入するほうが結婚式後も満足することができます。

ウェディングドレスのネットで購入するメリット

ウェディングドレスの画像

ウェディングドレスをネットで購入した先輩花嫁は、想像していたよりもメリットを感じたと考えています。

ウェディングドレスのネット購入を検討しているのであれば、下記のメリットを踏まえたうえでも一度検討してみるようにしましょう。

  • ネット購入はレンタルするよりも安くなる
  • 選択肢が多く好きなドレスを選ぶことができる
  • 自分だけのウェディングドレスになる

ネット購入はレンタルするよりも安くなる

ウェディングドレスをネット購入するときに必要な費用は約1万〜10万円だと言いましたが、式場でドレスをレンタルするときに必要な費用は約25万円になります。

式場によってはウェディングドレスを購入することで持ち込み料が発生してしまう場合もありますが、購入代金と持ち込み料を合わせてもレンタル代金より安くなるケースは少なくありません。

式場にドレスの持ち込み料を確認したうえ、レンタルと購入どちらが安くなるのか検討するようにしましょう。

選択肢が多いため好きなドレスを選ぶことができる

ウェディングドレスをネット購入するのであれば、式場にある提携のドレスよりも種類が多いことがほとんどです。

そのため選択肢が少ないと困ることはなく、他の人の予約で埋まっていて着たいドレスを着ることができないなんてこともありません。

ネットで購入してしまえば費用を抑えられるだけでなく、自分の好きなドレスを確実に着ることが可能になります。

自分だけのウェディングドレスになる

ドレスを購入するのであれば、レンタルのように他の人が着たドレスという概念は無くなります。

そのため自分だけのウェディングドレスを思い出に残したいのであれば、思い切って購入してしまいましょう。

二次会や前撮り用にドレスを購入するならネットがおすすめ!

ウェディングドレスの画像

ウェディングドレスは、レンタルするよりも購入してしまうほうがメリットがあると紹介してきましたが、二次会や前撮りでもドレスを着るのであればなおさら購入してしまうことを考えましょう。

二次会や前撮りは挙式当日に着るドレスと同じものを着るケースもありますが、多くの花嫁は違うドレスを着たいと考えるものだと思います。

二次会や前撮りであれば比較的安いドレスでも問題ないと思うので、多くのドレスを着て楽しむためにも購入してみましょう。

海や砂浜で撮影をしたいならネット購入がベスト

前撮りを検討している人の中には、海や砂浜などのロケーションで写真を撮りたいと考えている人もいると思います。

しかしレンタルドレスの場合はドレスの裾が汚れてしまうため、海辺がNGのケースがほとんどです。

「こちら」

しかしネットで格安のドレスを購入してしまえば、自分たちの好きなロケーションで撮影に挑むことができます。

先輩花嫁の失敗した口コミとネット購入でも失敗しない3つのポイント

ウェディングドレスの画像

ウェディングドレスをネットで購入する際は、気をつけるべきポイントを押さえておかないと失敗してしまうケースもあります。

せっかく購入したのに着ることができなかったり、満足できない結果になってしまっては意味がありません。

先輩花嫁の口コミを参考にして、ネット購入でも失敗しないポイントを押さえましょう。

自分のサイズがわからずサイズを間違えた

ドレス試着の画像

ネット購入の際は、自分のサイズをきちんと知っていないとぴったりのものを購入することができません。

実際に普段のサイズで注文をしたらブカブカでサイズ直しをした、という先輩花嫁もいます。

実は普段着ているサイズとドレスショップが提示いているサイズは、差異があるケースも少なくありません。

事前にドレスショップで採寸してもらう

ネット購入でドレスのサイズを間違えないためには、事前にドレスショップなどで採寸のみしてもらうと解決することができます。

事前に採寸をしてもらうことで細かいサイズを測ってもらい、ネット購入の際に参考にすることでサイズを間違えて購入する失敗を防ぐことが可能です。

ドレスの色が想像と違った

ウェディングドレスの画像

ネット購入でよくある失敗が、届いた商品の色が想像と違ったというパターンです。

ウェブサイトに掲載してあるドレスの写真は、光の加減や加工などで色味が変わっていることが多いです。

そのため先輩花嫁の中でも、想像とドレスの色が違いショックを受けたという人がいました。

SNSで同じドレスを購入した人がいないか口コミを探す

ドレスの色味の違いで失敗しないためには、一度ツイッターやインスタグラムなどで同じドレスを購入した人がいないか検索してみることで解決することができます。

実際に購入した人の写真や感想を見ることで本来の色や商品について知ることができますし、口コミを見ることで購入する判断が明確になります。

なるべく多くの口コミを探し、納得したうえで購入するようにしましょう。

口コミが一切ないのであれば、購入先に確認をして現状のドレスの写真を送ってもらうのもいいかもしれません。

刺繍のほつれが気になったが返品に対応してもらえなかった

カラードレスの画像

ネット購入で気をつけなければいけないことは、商品に不良が見つかった際に返品に対応してもらうことができるかという点です。

実際に先輩花嫁の中には、刺繍がほつれていたのに返品に対応してもらうことができなかったという人がいました。

なるべく返品交換に対応してもらえるサイトで購入する

ネットでドレスを購入するときは、なるべく返品や交換に対応してもらえるサイトで購入するようにし、もしも不良を見つけたときは早急に連絡をするようにしましょう。

通販サイトによっては数日以内であれば返品交換可能というケースがあるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。

おすすめの通販サイトランキング

ウェディングドレスの画像

ここまでの紹介の中で、実際にネットでの購入を検討し始めた人も多いのではないでしょうか。

そのためウェディングドレスをネット購入する際に活用できる、おすすめの通販サイトを紹介していきたいと思います。

1位 Landy bridal

 Landy bridalの画像

Landy bridalは、3万〜10万程度で購入できるウェディングドレスやカラードレスを販売しており、アクセサリーや靴などの小物も安く購入することができます。

受注生産になるため個人的な理由による返品や交換はできませんが、商品の不良や修理であれば到着後3日以内の連絡で対応してもらうことが可能です。

Landy bridalでウェディングドレスを購入するならこちら

2位 BUY DRESS

BUY DRESSの画像

BUY DRESSは、ウェディングドレスだけでも約400種類掲載しているようなドレスの種類が多い通販サイトになります。

それぞれのページに実際に購入した人の口コミを多く掲載しているので、安心して購入することができるのが魅力です。

BUY DRESSでウェディングドレスを購入するならこちら

3位 miama store

miama storeの画像

miama storeは、1000種類以上のドレスを掲載している通販サイトになります。

5万〜10万円程度なので少し平均価格が高めになっていますが、レンタルよりは安く購入してしまうことができます。

miama storeでウェディングドレスを購入するならこちら

各地で開催されているウェディングドレスのアウトレットもおすすめ!

結婚式の画像

ウェディングドレスは通販だけでなく、店舗で購入することもできますよね。

しかし店舗での購入は通販ほど価格が安いわけではなく、レンタルとあまり変わらないケースも少なくありません。

そんな人は、1年で2回ほど全国各地でおこなわれたいるアウトレットセールの際に購入してみてはいかがでしょうか。

アウトレットなら人気のウェディングドレスでも安く購入できる

大手百貨店のイベント広場などで開催されていることが多いウェディングドレスのアウトレットセールは、レンタルで貸し出しをしていたドレスをリユースした状態で販売しています。

ドレス自体に不良な部分はなくクリーニングされた状態で販売されているので、汚れていたり破損しているような心配はありません。

去年の新作ドレスなども格安で販売していることが多いので、アウトレットセールの情報を逃してしまわないように百貨店のイベントはチェックしておきましょう。

ウェディングドレスはレンタルだけでなくネットで購入も検討してみよう

結婚式場の画像

ウェディングドレスをレンタルすると、想像しているよりも高額な費用が必要になってしまいます。

そのうえ制限も多く自由が利かないため、不満に感じてしまうことも少なくありません。

しかしネットでのウェディングドレス購入であればレンタルよりも安く準備することができ、自分たちの好きなタイミング・好きな場所で着ることができます。

ウェディングドレスの購入なんて夢だと考えている人は今でも多いものですが、実は簡単に実現させてしまうことが可能になります。

「新婦」

思い切ってウェディングドレスの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら