結婚式場の決定後に妊娠した場合は?時期やドレスは?

結婚準備をすすめている人の中には、結婚式場と成約を交わし結婚式の準備を始めようと思っていた矢先に、妊娠していたことがわかったなんて人もいるのではないでしょうか。

授かり婚のようで授かり婚でない、このような展開では結婚式場と契約を交わした後だからこそ、キャンセルや日程変更をしたほうがいいのか、はたまた予定通り結婚式を強行したほうがいいのか悩んでしまうものですよね。

そのうえ誰に相談すればいいのかもわからず、新婦が一人で悩みを抱え込んでしまうことも少なくありません。

身近な人であっても簡単に相談できるような内容ではないからこそ、結婚式の準備中に妊娠していることがわかった時におこなうべきことを確認しておきましょう。

「ポイント」

結婚式を控えているからといって、妊娠したことを後悔してはいけませんよ。

結婚式前に妊娠した場合はキャンセルするべき?

妊娠の画像

結婚式前に妊娠したからといって、必ず結婚式場をキャンセルしなければいけないことはありません。

まずは、すでに結婚式の予約を入れてある日程が妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期のどの時期に当たるのかを確認しましょう。

時期を変更すれば結婚式を挙げることは可能

一般的に妊娠中に結婚式を挙げるのであれば、安定期になる妊娠5〜7ヶ月程度が最適だと言われています。

そのため妊娠初期や後期の時期に結婚式を挙げることになるのであれば、日程の変更が必要になってきます。

結婚式そのものは時期をずらしてしまえば挙げることは可能なのです。

しかし式場によっては日程を変更する時期の空きがなく、式場自体をキャンセルするしかないこともあります。

そのうえ安定期であれば結婚式を挙げることができると考えていても、妊娠中の体調は人によって様々なため、全員が安心して結婚式を挙げることができるとは限りません。

出産するまでつわりで苦しむ人もいますし、貧血などで情緒不安定になってしまうことも考えられます。

妊娠中に結婚式を挙げるのであれば、何よりも新婦とお腹の中にいる赤ちゃんの体調を最優先に考え、結婚式の日程を変更したりしましょう。

結婚式前に妊娠した場合はドレスの変更をするべき?

結婚式前に妊娠した場合はドレスの変更をするべき?

結婚式前に妊娠していることがわかったが、体調も良くて日程も上手く変更できた場合はそのまま結婚式の準備をすすめていくことになりますよね。

結婚式の準備をすすめていく中で忘れてはいけないのは、ドレスのサイズを変更しなければいけないことです。

たとえお腹が大きくなってくる前だとしてもお腹を締め付けるようなドレスは危険です。

すこしゆったりしているドレスを選び直すか、背中が編上げになっているような伸縮性があり多少調節できるドレスにしておくと安心です。

和装の場合は変更する必要はありませんが、かつらを軽めのものにしてもらうなど、体に負担のかからないようにしておくのがベストです。

ただしドレスの種類によってはプラン変更で追加料金がかかってしまったり、好みのデザインのドレスを着ることができなくなることも理解しておきましょう。

結婚式前に妊娠した場合はこまめに産婦人科で相談すること

結婚式前に妊娠していることがわかったときは、第一に産婦人科の医師に相談しましょう。

新婦とお腹の中にいる赤ちゃんの体調を考えて、式の日程をいつごろに変更すれば問題なく挙げることが可能なのか、結婚式を挙げても問題ないのか相談しておく必要があります。

もしも安定期の時期が真夏や真冬などにあたってしまったら、結婚式を挙げること自体が難しくなってしまいますよね。

そのうえ産婦人科の医師が判断し、結婚式直前に新婦が入院してしまうことなども考えられます。

そのため検診の時には毎回、医師に確認をしましょう。

もしも体調が優れなくて結婚式をどうしても挙げることのできない状態であれば、思い切ってキャンセルしなければいけないことも頭にいれておくのが大切ですよ。

結婚式前に妊娠した場合のゲストへの伝え方 

結婚式前に妊娠がわかった時は、招待状に妊娠している旨を記載して事前に報告しておく方法と、披露宴の最中に報告をするパターンがあります。

招待状に記載をしておけば、参列するゲストにも理解のある対応をしてもらうことができますよね。

しかし妊娠初期の際は、新婦の体調も安定しておらず流産してしまうリスクも高いため、先走って報告してしまうのは危険です。

そんな時は披露宴でゲストの人に一斉に報告をしましょう。

ただし報告するときは自分たちのタイミングだけを考えるのではなく、両家の両親の意見も含めて考えましょう。

結婚も妊娠も喜ばしいことですが、まだまだ世間では妊娠中の結婚式が良く思われないことが多いです。

パートナーと話し合い、医師や両親にアドバイスをもらいつつ無事に結婚式を終えるようにしましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら