プロジェクトマッピング

夜に結婚式を挙げるナイトウエディングは、幻想的でロマンチックだと人気の挙式スタイルです。

しかしナイトウエディングの特徴や、昼間の結婚式との違いを知らない人も多いのではないでしょうか。

今回はナイトウエディングの特徴おすすめの演出注意点までを詳しく紹介していきます。

「こちら」

ナイトウエディングにかかる費用も紹介していきますので、参考にしてください。

  • ナイトウエディングは17時半から受付開始が一般的で、昼の結婚式より費用が安い
  • おすすめの演出はキャンドルや花火、照明などの光を用いた演出
  • 宿泊場所の手配や曜日への配慮、ドレスコードの案内などをおこなわないとゲストに負担がかかる

ナイトウエディングとは言葉通り夜に挙げる結婚式のこと!

ライトアップされた披露宴会場

ナイトウエディングとは、その名の通り夜に挙げる結婚式のことを指します。

ロマンチックな空間で結婚式を挙げられるナイトウエディングは若い世代から人気を集めており、最近では専用のプランを用意している結婚式場も増えてきています。

ではナイトウエディングと昼間の結婚式の違いはどこにあるのでしょうか。

ナイトウエディングの特徴を紹介していきます。

開始時間は17時から受付開始が一般的

ナイトウエディングと聞くと、何時からスタートするのか気になる人も多いと思います。

一般的に17時から受付を開始する場合が多く、終了時間があまり遅くならないように設定されていることがほとんどです。

一般的なナイトウエディングの流れは以下のとおり。

    17:00 受付開始

    17:30 挙式

    18:30 披露宴開始

    21:00 お見送り

終了時間があまり遅くなってしまうと帰宅できなくなるゲストも出てくるため、少し早めに始めましょう。

また二次会は別日におこなうと、ゲストに負担がかかりません。

二次会は別日にするとゲストに負担がかからない

二次会を開催する場合、終了時間がかなり遅くなってしまいます

例えば21時にお見送りを終えてからすぐに二次会を始めても、お開きになるのは早くて23時です。

23時になると、終電がなくなってしまう可能性があります。

二次会に参加するメンバーが全員気の知れた友人で、夜遅くなってもかまわないのであれば当日に開催しても問題ありませんが、そうでない場合は別日にするのがベターです。

特に遠方から来てくれた人や年配の人が二次会に参加する場合は、あまり遅くなると負担をかけてしまいます。

どうしても当日に二次会を開きたい場合は開始時間を早めましょう

そうすることで終了時間も自然と早まるので、解散が遅くなりません。

ナイトウエディングに対応していない結婚式場があるので注意

チャペル

じわじわと人気を伸ばしているナイトウエディングですが、式場によっては対応していない場合があります

結婚式となると多少は騒がしくなってしまうので、住宅地の近くにある結婚式場は特に対応できない可能性が高いです。

ナイトウエディングを希望する場合は、一度式場に確認をとりましょう。

とはいえ対応している式場が少ないわけではなく、全国の様々な式場がナイトウエディングに対応しています

ナイトウエディングができる人気の結婚式場を紹介

ナイトウエディングに対応している人気の結婚式場を、一部紹介します。

東京 アニヴェルセル 表参道
名古屋 アルカンシエル luxe mariage
大阪 アヴァンセ リアン
福岡 ALCAZAR AVVIO(アルカーサル・アヴィオ)
軽井沢 星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート
北海道 星野リゾート トマム 水の教会
沖縄 セントレジェンダOKINAWA

今回紹介した結婚式場以外にも、ナイトウエディングに対応している式場はたくさんあります。

とはいえ、ナイトウエディングに対応している式場を探し出すのは大変ですよね。

ハナユメ

式場割引サイトのハナユメを利用すればナイトウエディングに対応している式場を簡単に探すことが可能です。

こだわり検索からナイトウエディングの項目を選択するだけですぐに対応している式場が見つかるので、わざわざ連絡して対応の有無を聞く手間が省けます。

ナイトウエディング対応の式場を探すのであれば、ハナユメを利用しましょう。

ロマンチックな雰囲気が魅力!光と影で幻想的な結婚式にできる

ナイトウエディングの魅力はなんといっても暗闇に映える光です。

暗い空間にキャンドルやライトの光がぼんやりと映るだけで、幻想的な雰囲気が生まれます。

また夜というだけでオシャレで豪華に見えるのも、ナイトウエディングならではの魅力です。

昼間の結婚式は温かみを感じさせますが、夜は洗練された大人な雰囲気を演出できるため、スタイリッシュでオシャレな結婚式にしたいカップルにオススメです。

ナイトウエディングにかかる費用も気になると思いますので、ここからは費用について紹介していきます。

ナイトウエディングの費用は昼間よりもリーズナブル|実例を紹介

電卓とウエディングドレスのカタログ

幻想的でロマンチックなナイトウエディングは、少し特殊な結婚式だから費用も高くなりそうだと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしナイトウエディングは昼間におこなう結婚式よりリーズナブルなことがほとんどです。

実際どれほどお得になるのか、先輩花嫁の実例を見ていきましょう。

実際にナイトウエディングを挙げた先輩花嫁の実例を紹介!

ナイトウエディングを挙げた先輩花嫁から、実際にかかった費用を教えてもらうことができたので紹介していきます。

ayakoさん
ゲスト人数 費用 式場名
80人 178万円 ザルイガンズスパアンドリゾート(福岡)
昼間なら331万円→153万円お得!
sakiさん
ゲスト人数 費用 式場名
60人 151万円 ラグナヴェールプレミア(大阪)
昼間なら281万円→130万円お得!

昼間の結婚式と比べて100万円以上安くなったことがわかりました。

結婚式を挙げる時間帯を昼間から夜に変更しただけで、100万円以上も安くなるのですから驚きですよね。

ではなぜ夜に結婚式をおこなうだけで、大幅に安くなるのでしょうか。

理由は、競争率にありました。

ナイトウエディングが安い理由は競争率が低いから

ナイトウエディングが安い理由は夜に結婚式を挙げるカップルが少ないからです。

式場側は稼働率を上げたいので、予定が空いている時間があれば費用を安くしてでも結婚式を挙げてほしいと思っています。

ナイトウエディングが人気とはいえ、やはり昼間に結婚式をおこなうカップルの方が圧倒的に多く夜はあまり稼働していません。

そのため夜に結婚式を挙げてくれるカップルが少しでも多く現れるように、費用を安くしているというわけです。

格安のナイトウエディングですが、さらにお得に式を挙げられる方法があります。

ハナユメを利用すればさらにお得に結婚式を挙げられる!

上述でも紹介した式場割引サイトであるハナユメを利用すれば、さらにお得に結婚式を挙げることができます。

ハナユメには100万円以上割引してもらえることがあるハナユメ割という独自の割引制度があります。

ハナユメを通してブライダルフェアを予約するだけでハナユメ割の対象になるので、ぜひ利用したいサービスです。

実際に管理人もハナユメを利用して、費用を129万円も割引してもらうことができました。

もともとリーズナブルなナイトウエディングを、ハナユメを利用してさらに安くしてもらいましょう。

ナイトウエディングにぴったりな演出5選|ガーデンをうまく利用しよう

植木とライト

ここからはナイトウエディングを挙げたくなるような、魅力的な演出を紹介していきます。

ナイトウエディングでは、昼間ではおこなえない夜ならではの演出がたくさんあります。

  • 花火シャワー
  • ランタンリリース
  • プールのライトアップ
  • 夜景
  • 打ち上げ花火

主に光を使った演出が多く、光と影の幻想的な雰囲気に思わずうっとりしてしまうこと間違いなしです。

またナイトウエディングでおこなう演出は、屋内よりも屋外の方が映えるためガーデンつきの式場を選んで屋外の演出を楽しみましょう。

ではナイトウエディングにぴったりな演出を5つ紹介していきます。

フラワーシャワーの代わりに花火シャワーをするとキレイ

挙式後の新郎新婦を祝福する演出で有名なのはフラワーシャワーですが、ナイトウエディングでは花がよく見えず寂しい演出になってしまいます。

そこで代わりになるのが、花火シャワーです。

花火シャワーは花火を持って並んでいる参列者の間を新郎新婦が歩いていく演出で、花火の光が二人を照らしてとてもキレイです。

光に照らされた新郎新婦は写真映えするので、ぜひ写真を撮ってもらいましょう。

花火の間を通って危なくないのかと思うかもしれませんが、花火シャワーで使う花火は勢いが弱いものがほとんどなので、悪ふざけをして人に近づけない限りよほど安全です。

花火シャワーで怪我をすることはめったにないため、安心してください。

バルーンリリースはランタンを飛ばすと幻想的

二人の幸せが天まで届くようにという意味が込められたバルーンリリースは、ナイトウエディングではランタンを使うアイディアが人気です。

ランタンを飛ばす方法は簡単で、ペーパーランタンの中にろうそくを入れて飛ばすだけ。

夜空に淡く光ったランタンが舞って、とてもキレイな光景になりますよ。

ただし天気が悪い日は屋外ではできないので、披露宴会場などの屋内で飛ばしましょう。

屋外ほどは高く舞いませんが、屋内でも十分キレイでロマンチックな雰囲気になります。

プールがあれば水中照明でライトアップしよう

ガーデンにプールがついている式場であれば、プールを水中照明でライトアップしましょう

プールの中の水が照明に照らされて、とてもキレイですよ。

またプールサイドにたくさんのキャンドルを並べて灯しても、幻想的なムードになります。

その他にも花を合わせたり、バルーンを飾ったりすれば大人な雰囲気が漂ってゲストも喜びます。

夜景を利用して印象深い式にしよう!

夜景

夜といえば、思いつくのはやはり夜景です。

高い位置に会場があるホテルなどの式場を選んだ際は夜景を利用しましょう

夜景を利用した演出で人気なのは、乾杯のタイミングで会場のカーテンを一斉に開くというものです。

今まで見えなかったきらびやかな夜景が一気に見えることで、ゲストも盛り上がるのではないでしょうか。

夜景を見下ろしておこなう披露宴は、忘れられない思い出になりますよ。

ラストは打ち上げ花火でダイナミックに締めくくろう

打ち上げ花火

ナイトウエディングをおこなう際にぜひしてほしい演出が、打ち上げ花火です。

披露宴のフィナーレで打ち上げ花火を打ち上げれば、ゲストも大盛り上がり間違いなしです。

特に夏のナイトウエディングでおこなうと、季節感も出て楽しい式になります。

ただし屋外でしかできない演出なので、雨が降ってしまった場合は中止せざるを得ません。

打ち上げ花火をおこなう場合は、雨天になった時の代案も考えておきましょう。

「新婦」

プロジェクトマッピングで打ち上げ花火の映像を映し出すのがおすすめです。

ここまでナイトウエディングの特徴やオススメの演出を紹介してきましたが、ゲストに負担がかかるのではと不安に思う人も多いと思います。

確かにナイトウエディングは終了時間が遅くなってしまうため、年配の人や子どもには少し負担かもしれません。

しかしゲストに対する配慮さえできていれば、楽しい式だったと満足してもらえます。

ここからはゲストに負担をかけないための注意点を紹介していきますので、ナイトウエディングを視野に入れている人は参考にしてください。

ナイトウエディングは迷惑?ゲストに負担をかけないための注意点

披露宴会場

ナイトウエディングは、ゲストへの配慮が欠けてしまうと迷惑な式になってしまいます

せっかく足を運んで祝福しに来てくれたゲストに負担をかけないように、配慮しましょう。

またゲストに年配の人や子連れの人が多い場合は、ナイトウエディングは負担になってしまうため、やめておくのが無難です。

ではナイトウエディングで気をつけたいポイントを紹介していきます。

遠方から参加するゲストがいる時は宿泊場所を手配しよう

ホテルのロビー

飛行機や新幹線の時間によっては、その日のうちに帰宅できない人もいます。

あらかじめ宿泊先の手配を新郎新婦がおこなっておくのがマナーです。

できれば交通費も新郎新婦が出して、ゲストの負担が最小限になるように努めましょう。

遠方から来てくれたゲストに対して、失礼なことがないように気をつけてください。

結婚式をおこなう曜日に配慮しないと翌日が気になって楽しめない

カレンダー

ナイトウェディングは披露宴が終了する時間が遅いので、平日や日曜日の夜に開催してしまうと次の日に仕事がある人は有給を取ったり、疲れを残したまま出勤したりすることになります。

有給が取れなかったゲストは、次の日が気になって楽しめなくなってしまう可能性があります。

せっかくおもてなしをしようと準備してきたのに、ゲストが楽しめなければ意味がありませんよね。

そのため、式を挙げる曜日は金曜や土曜の夜にしておくのがベターです。

どうしても平日を希望する場合は、ゲストのことを考えて一番集まりやすそうな曜日を選択しましょう。

服装で迷わないようにドレスコードを案内しておこう

結婚式の招待状

昼間の結婚式の服装は想像がつきますが、夜はどんな服装にすればいいか迷ってしまうゲストが多いです。

そのため招待状などにドレスコードを案内しておくと、ゲストが安心して服を選べます。

例えば夜に行なわれるパーティーの正装は、袖なしで背中や胸元が大きく開いたイブニングドレスです。

しかしカジュアルな結婚式にしたいと思っているのであれば、イブニングドレスでは式の雰囲気に合いません。

その場合は、平服でお越しくださいと招待状に記載しておきましょう

冬季はブランケットや暖房器具を必ず用意しよう

できるだけ冬季を避けるのが無難ですが、都合によっては秋や冬にナイトウエディングをおこなう時もあると思います。

冬季にナイトウエディングをおこなう場合は、必ず人数分のブランケットカイロ、さらに会場のいたるところに暖房器具を用意しましょう

結婚式に参列したゲストから寒くて風邪をひいてしまったと苦情が来ては、せっかくおもてなしをした意味がなくなってしまいます。

また会場内や帰り道でもゲストが寒い思いをしないように、受付や帰る際に渡すプチギフトにカイロを渡してあげると親切です。

カイロに一言メッセージを書いて渡すと、さらに喜んでもらえますよ。

子連れのゲストのために子ども部屋やベビーシッターを確保する

子連れのゲストがいる場合は、子ども部屋やベビシッターを確保しておきましょう

特に小さな子どもは、眠くなったりぐずったりしてしまう可能性があります。

あらかじめ子どもが寝られるようなスペースや、ベビーシッターを確保しておけば安心です。

そうすれば子連れのゲストも、息抜きできてゆったりと結婚式を楽しめるのではないでしょうか。

年配ゲストには理解してもらえるように先に話をしておく

年配のゲストが結婚式に参列してくれる場合は、ナイトウエディングのことを先に話して理解してもらう必要があります

年配の人の中には、結婚式は昼間にするものだと考えている人も多いからです。

ナイトウエディングはまだ一般的ではないので、そう思う人がいるのも無理はありません。

ゲストが理解していないのに無視して式を挙げてしまうと、後々トラブルが起きてしまう可能性があります

ナイトウエディングに決める前に、夜に結婚式がしたいという旨を先に伝えておきましょう。

どう伝えても理解されない場合は、諦めるのも選択肢の一つです。

ナイトウエディングはロマンチックで幻想的なのが魅力的!

シャンパングラス

ここまでナイトウエディングの特徴とオススメの演出、注意点までを紹介してきましたがいかがでしょうか。

ナイトウエディングはまだ一般的ではないため、ゲストから不安の声が挙がるのは仕方ないことです。

しかしナイトウエディングに参加したほとんどのゲストがロマンチックでとてもステキだったとSNSや口コミ投稿で答えています

中にはナイトウエディングに参列して、自分もナイトウエディングを挙げたゲストもいます。

ゲストからの理解を得られて、配慮さえ忘れなければとてもステキな結婚式になりまよ。

式場割引サイトの「ハナユメ」を使って129万円も節約できた!

管理人は、式場割引サイトのハナユメを使って、結婚式の費用を129万円も節約できました。

もちろん質はそのまま!

理想の結婚式が、おトクに挙げられます。

さらに!おトクに結婚式を挙げるなら

ハナユメ

ハナユメを通してブライダルフェアに参加すると、もれなく電子マネーを受け取れます。

今なら当サイトとのコラボ企画で通常26,000円のところ31,000円分に金額アップキャンペーン中。

「結婚式の割引」+「全員もらえる¥31,000円」はハナユメだけ!

\ 31,000円キャンペーンは7月27日まで /

ハナユメ

お盆後は親に挨拶を済ませたカップルで混雑するため、予約が取れづらくなります。

ブライダルフェアに参加するカップルが少ない7月が、狙い目です。