ナイトウェディングの評判は?ゲストの迷惑にならないためのポイント

ナイトウェディングを視野に入れている人の中には、周りの人からの評判や意見を気にしている人も多いのではないでしょうか。

ネットなどで検索をしてみても、ナイトウェディングに対する意見はあまり良くないものが多いと思います。

そのためナイトウェディングの夢を諦めてしまう人が多いのが現実です。

「こちら」

実際にナイトウェディングを挙げた人の口コミや評判を含め、一緒に確認していきましょう。

ナイトウェディングの評判は悪いの?

ナイトウェディングの評判は、決して悪いものばかりではありません。

たしかに、ゲストのことを考えていないような自分よがりなナイトウェディングは周りからも好まれません。

しかし結婚式の演出や内容には批判の意見が少なからずあるものです。

ナイトウェディングだから評判が悪いというわけではなく、結婚式ではゲストの気持ちを考えない行為自体が批判されてしまうのです。

そのうえナイトウェディングはきちんとゲストに配慮をしていれば、批判をされるようなことはありません。

「ポイント」

ナイトウェディングという一般的ではない結婚式を選択するのであれば、批判の意見があることも理解しゲストの立場になって考えるようにしましょう。

ナイトウェディングでしてはいけない3つのポイント

ナイトウェディングでしてはいけない3つのポイント

ナイトウェディングをおこなうのであれば、あらかじめ注意をしておかなければいけないポイントもあります。

ゲストの迷惑になってしまわないことを第一に考え、内容を決定していきましょう。

  • 日曜日の夜
  • 宿泊先の手配をしない
  • 小さい子供のいるゲストや年配のゲストが多い場合はタブー

日曜日の夜

ナイトウェディングは、披露宴の終了する時間が20時〜21時程度になります。

そのため日曜日の夜などに開催してしまうと、次の日に仕事がある人などは欠席してしまう可能性があるのです。

せっかくの結婚式なのにゲストが数人しかいない、なんてことになってしまっては悲しいですよね。

結婚式はゲストのことを一番に考えることが重要なため、日曜日のナイトウェディングは選択しないようにしましょう。

宿泊先の手配をしない

ナイトウェディングを開催するのであれば、遠方のゲストは披露宴後にホテルで一泊してもらうように手配しておきましょう。

飛行機や新幹線の時間によっては、その日のうちに帰宅することができなくなってしまう人もいると思います。

そのため宿泊先の手配などは、あらかじめ新郎新婦がおこなっておくのがマナーです。

できれば交通費も負担し、ゲストの負担が最小限になるようにしておきましょう。

小さい子供のいるゲストや年配のゲストが多い場合はタブー

招待するゲストの中に小さい子供のいる人や年配の人が多い場合は、ナイトウェディングは避けるようにしましょう。

小さい子供がいるゲストは夜遅い時間まで結婚式に子供を連れていくことも、家に置いていくこともできません。

そのうえ年配の人は普段の生活リズムと違うため、1日中緊張をして疲れてしまうこともあります。

ナイトウェディングを選択するときは、自分たちの招待するゲストの顔ぶれを思い浮かべながら検討するようにしましょう。

親族からの了承をとっておくことが重要

ナイトウェディングはまだまだ認知度も低く、誰からでも認められているというものではありません。

昔から祝い事は明るい時間帯にと言われているため、年配の人に理解してもらうことができないケースがとても多いのです。

そのためナイトウェディングを検討しているのであれば、まず両親や親族の了承を得ておきましょう。

新郎新婦だけでナイトウェディングをおこなうと決めていても、両親から反対をされて変更しなくてはいけなくなったなんてことも少なくありません。

結婚式に参列してくださる人には、ナイトウェディングをおこなう旨をきちんと事前に説明しておきましょう。

ナイトウェディングを挙げた花嫁の口コミ

気をつける点などのマイナスなイメージばかり紹介をしてきましたが、実際にナイトウェディングを挙げた花嫁の意見はどのようなものが多いのか、口コミをみてみましょう。

 20代 女性

ナイトウェディングを挙げる前は、招待したゲストにも失礼にあたるのではないかと不安な気持ちでいっぱいでした。

実際には当日になると多くのゲストが祝福してください、不安になる必要なんてなかったと思うことができました。

ナイトウェディングは悪いイメージがあるかもしれませんが、ゲストの気持ちを第一に考えていれば問題になることはありませんでした。

30代 女性

正直、両親や親族からは批判される覚悟でナイトウェディングを選択しました。

反対されると心構えていたものの実際には両親や親族も快く了承してくださり、親世代に理解がないものだと考えていたのは意外にも私たちのような挙げる側だけなのかもしれないと思いました。

年配の人には理解されづらいと思っていても、案外決定してしまえば問題ないことに気がつくことができました。

意外にもナイトウェディングを選択した花嫁の意見では、後悔したというものがありませんでした。

きちんとゲストのことを考え、段取りをすることでナイトウェディングは満足できるものになるのです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら