結婚式場の画像

結婚式を挙げるときの挙式スタイルをどうするか悩んでいるカップルは多いのではないでしょうか。

このページでは、「挙式スタイルの種類と特徴」から「自分のタイプで挙式スタイルを見つける結婚式スタイル診断」まで紹介しています。

「こちら」

二人にぴったり合う挙式スタイルを見つけましょう。

挙式スタイルを決めるときは、まずブライダルフェアの模擬挙式に参加してみるのがおすすめです。

模擬挙式では実際に挙式の流れを見学することができ、自分たちに合っている挙式スタイルなのか検討することができます。

そのうえブライダルフェアに参加すると、商品券やポイントなどがもらえるキャンペーンに応募することができるので、見逃してしまわないようにしましょう。

ブライダルフェアに行くだけで商品券がもらえるキャンペーンはこちら

4種類の挙式スタイルとそれぞれの特徴を覚えよう

結婚式の画像

結婚式と聞いてまずイメージするのは、教会で愛を誓うカップルの姿ではないでしょうか。

もしくは白無垢の花嫁と紋付袴の花婿を想像する人もいるでしょう。

教会でおこなう挙式は「キリスト教式」、神社でおこなわれる和装の結婚式は「神前式」と呼ばれ、どちらも4種類ある挙式スタイルのひとつです。

「キリスト教式」「神前式」の他には、「人前式」「仏前式」という挙式スタイルがあります。

  • 神前式
  • 人前式
  • キリスト教式
  • 仏前式

まずは4種類の挙式スタイルについて、それぞれどんな特徴があるのか説明します。

神前式は神社でおこなう日本の伝統的な挙式スタイル

神前式とは、おもに神社で執りおこなわれる挙式スタイルのことです。

明治33年の大正天皇のご成婚がきっかけとなり、神前式が現在の形式でおこなわれるようになりました。

近頃は和装での結婚式が見直されてきており、神前式を選ぶカップルが増えています。

では具体的に神前式をするときの費用や挙式の流れについて説明します。

神前式の基本情報と挙式の流れ

神前式は神道(しんとう)をベースにおこなわれるため、入場前の花嫁行列をはじめとして様々な儀式が執りおこなわれます。

神前式の所要時間は30分程度になり、挙式の流れは以下の通りです。

  • 1.参進の儀(神殿へ向かう花嫁行列)
  • 2.入場
  • 3.修祓の儀(挙式前のお祓い)
  • 4.祝詞奏上(斎主が神に報告する祝詞を読む)
  • 5.三献の儀(新郎新婦が三三九度の盃を飲み交わす)
  • 6.神楽奉納(巫女が神楽に合わせて舞を奉納)
  • 7.誓詞奏上(新郎新婦の誓いの言葉)
  • 8.玉串奉奠(玉串を神前に捧げて二礼二拍手一礼)
  • 9.指輪の交換
  • 10.親族杯の儀(新郎新婦と参列者がお神酒を三口で飲む)
  • 11.斎主挨拶
  • 12.退場

神道の信者でなくても神前式を挙げることは可能ですが、参列できるのは親族のみという場合があるので、収容人数は事前に確認したほうがいいでしょう。

神前式を挙げるときの費用の相場は約20万円

神前式にかかる挙式料の相場は約20万円になります。

ホテルや専門式場の挙式費用と比べると金額は抑えめですが、衣裳代や着付け代、写真撮影の料金は含まれない場合が多いので、別途費用がかかる認識でいたほうがいいでしょう。

さらに挙式する神社によっては初穂料や玉串料と呼ばれる謝礼を渡す必要があるので、事前に確認しておくようにしましょう。

人前式はゲストに結婚の証人となってもらう自由な挙式スタイル

人前式とは、結婚式に参列するゲストに結婚の証人になってもらう挙式スタイルになります。

宗教や格式にとらわれずに、挙式をおこなう場所や進行、演出などを自由に決められるため、個性的な挙式をしたいカップルにおすすめです。

人前式は新しい挙式スタイルだと思われがちですが、神前式ができた明治時代より前の日本では、家族や友人を招いて祝言(結婚式)を挙げていたことを考えると、人前式は昔ながらの挙式スタイルだと言えるでしょう。

人前式は場所・挙式の流れ・演出を自由に決められる

人前式をおこなうときは特に決まったルールがないので、挙式をする場所も自由に決めることが可能です。

ホテルや専門式場のチャペルを会場にすることが多いですが、レストランやテーマパークなど二人にとって思い出の場所で挙式するカップルもいます。

参考までに、人前式のプログラムの一例を紹介します。

  • 1.新郎新婦入場
  • 2.開会宣言
  • 3.指輪交換
  • 4.公開プロポーズ
  • 5.誓いの言葉
  • 6.指輪の交換
  • 7.結婚誓約書にサイン
  • 8.結婚の承認確認

挙式の流れや演出も基本的には自由ですが、チャペルでおこなうキリスト教式に近い内容にするケースが一般的です。

人前式を挙げるときの費用は式の内容次第!

人前式にかかる費用は、挙式する場所や招待人数によって異なるので一概には言えませんが、結婚誓約書など演出で使用するアイテムの実費だけで済む場合があります。

ただ挙式場所によっては会場使用料や祭壇の設置料が必要です。

また持ち込み制限がある会場の場合、結婚証明書や承認時に使用するアイテムの持ち込み料が発生するので、事前に会場に問い合わせておきましょう。

人前式を挙げるときはどんな服装(衣装)を着てもいいの?

人前式は場所も演出も自由だと説明してきましたが、服装に関しては自由というわけにはいきません。

洋装ならタキシード&ウェディングドレス、和装なら紋付袴&白無垢や色打掛などの婚礼衣装を身につけましょう。

またゲストの衣装も式場の格に合ったフォーマルスーツ&ドレスが基本です。

「新婦」

いくら自由な挙式スタイルとは言っても、お祝いの場での服装マナーには気をつけましょう。

キリスト教式はキリスト教のチャペルで結婚を誓う西洋の挙式スタイル

キリスト教式とは、キリスト教のしきたりに沿ってチャペルでおこなう挙式スタイルです。

キリスト教は大きく分けてカトリックとプロテスタントに分類されていますが、カトリックの教会では新郎新婦の両名かどちらかがカトリック教徒でなければ挙式することができません。

カトリック教徒ではないカップルは、プロテスタントの教会でキリスト教式を挙げるということを覚えておきましょう。

キリスト教式の基本的な挙式の流れ

純白のウェディングドレスに身を包み、家族や友人に見守られながらバージンロードを歩く花嫁に憧れる女性は多いのではないでしょうか。

実際、キリスト教式は日本で一番人気の高い挙式スタイルです。

キリスト教式の流れは以下を参考にしてください。

  • 1.列席者入場
  • 2.開式の辞
  • 3.新郎の入場
  • 4.新婦の入場
  • 5.賛美歌斉唱
  • 6.聖書朗読・祈祷
  • 7.誓約
  • 8.指輪の交換
  • 9.結婚成立を宣言
  • 10.結婚証書に署名
  • 11.結婚成立の報告・閉式の辞
  • 12.退場

挙式場所はホテルや専門式場などに併設されたチャペルで執りおこなわれることが多く、所要時間は20〜30分が目安になります。

キリスト教式の費用の相場は20万円!費用の内訳は?

キリスト教式でかかる費用の相場は約20万円になります。

この金額には、牧師や賛美歌の演奏者(オルガニストやシンガー)への謝礼、キャンドル代金、結婚誓約書の代金、教会使用料、楽器使用料が含まれています。

ただ新郎新婦の衣装代や着付け代は含まれていませんので別途費用がかかります。

また教会から退場した後にフラワーシャワーやライスシャワー、バルーンリリースなどの演出をおこなう場合もオプション料金がかかることを理解しておきましょう。

「キリスト教式」と「教会式」に違いはあるの?

チャペルでおこなう結婚式について、キリスト教式ではなく教会式と呼ばれることがありますが、この二つに違いはあるのでしょうか。

基本的には同じ挙式スタイルという認識で大丈夫ですが、まれに教会式は「キリスト教徒だけを対象に執りおこなわれる宗教式」とされる場合があります。

宗教式とは敬虔な信者のみが執りおこなうことができる結婚式のため、キリスト教徒でないカップルが教会式を挙げることはできません。

しかし挙式の前に長い時間を費やして礼拝や勉強会に参加することで、教会式が認められることもあります。

ホテルや式場に併設されたチャペルは信者でなくとも挙式可能ですが、特定の教会で挙式を希望する場合は、挙式可能か問い合わせたほうがいいでしょう。

仏前式は仏様と先祖に結婚の報告をする純和風の挙式スタイル

仏前式とは、仏教の教えに基づいて挙式をおこなう伝統的な挙式スタイルのことです。

仏前式は日本古来の結婚式ではあるものの、仏教を深く信仰している人がおこなう宗教式であるため認知度は高くありません。

仏前式をおこなう場所や挙式の流れについて詳しく解説します。

仏前式の特徴と挙式の流れ

仏前式は、先祖代々のお墓がある菩提寺(ぼだいじ)や自宅で執りおこなわれることが一般的です。

なお参列者は家族と親族のみが基本で、全員数珠を持参するという特徴があります。

仏前式挙式の流れは以下の通りです。

  • 1.参列者入堂
  • 2.新郎新婦入堂
  • 3.僧侶入堂
  • 4.敬白文朗読(仏様とご先祖様に結婚を報告する)
  • 5.念珠授与(僧侶が白い念珠を新郎に、赤い念珠を新婦に授ける)
  • 6.司婚の辞(僧侶による婚儀成立の宣言)
  • 7.焼香(新郎、新婦の順で焼香をおこなう)
  • 8.誓杯(三三九度と同様の誓酒の儀式)
  • 9.法話(僧侶による新郎新婦へ祝いの祈り)
  • 10.退堂

仏前式では、「結婚した二人は来世でも縁が結ばれる」という仏教の教えに基づき、仏様の前で現世で結ばれたことを報告するとともに、来世でも結ばれることを誓います。

仏前式の費用の相場は?衣装の手配方法は?

仏前式にかかる費用の相場15~25万円程度になります。

しかし費用には新郎新婦の衣装代や着付け代は含まれておらず、お寺では婚礼衣装のレンタルはおこなっていないため自分で手配しなければなりません。

婚礼衣装のレンタル料金については、白無垢は15万円、色打掛と引振袖は20万円、紋付羽織袴は10万円程度を目安にしてください。

各挙式スタイルの人気の割合は?

結婚式場の画像

先輩カップルがどの挙式スタイルを選んでいるか気になる人は多いのではないでしょうか。

ゼクシィの結婚トレンド調査2016調べによると、挙式スタイルの割合はキリスト教式が57.8%と圧倒的に多いことが分かります。

次いで人前式が21.8%、神前式18.2%、仏前式は0.4%という割合です。

人前式が21.8%、神前式18.2%、仏前式は0.4%

キリスト教式の人気が高いからといって、他の挙式スタイルに魅力がないわけではありません。

自分たちに合った挙式スタイルを見つけて最高の結婚式を挙げてください。

お金がないカップルにおすすめの挙式スタイルは?

資金不足で挙式費用をできるだけ抑えたいというカップルには、人前式を挙げることをおすすめします。

人前式の項目でも説明しましたが、挙式する場所や演出の工夫次第でほとんどお金をかけずに挙式することが可能です。

会場使用料がかからない場所で挙式をするなら、必要な費用は演出で使用するアイテムの実費のみになります。

「こちら」

自分たちで自由に演出を考えることができるという人前式の利点を生かして、お金をかけずに挙式できるようなプログラムを組み立ててみましょう。

あなたのタイプは?結婚式スタイル診断を受けてみよう

挙式会場の画像

どの挙式スタイルにもそれぞれ違った魅力があるので簡単には選べないですよね。

挙式スタイルを決めかねているなら、自分の性格や趣味に当てはまる挙式スタイルを選んでみてはどうでしょうか。

まずは以下の1〜4の中で、一番自分に合っていると思う番号を選んでください。

  • 1 ドラマや映画でよく見る花嫁に憧れる
  • 2 日本の衣装や伝統文化を大切にしたい
  • 3 人と同じことをするのは好きじゃない
  • 4 家族やご先祖さまとの繋がりは大事だ

1を選んだあなたは定番のキリスト教式がぴったり

ドラマや映画でよく見るようなウェディングドレス姿の花嫁に憧れを持っている人には、定番のキリスト教式をおすすめします。

王道のウエディングスタイルであるキリスト教式で、家族や友人に見守られながらロマンチックな挙式をおこないましょう。

2を選んだ人は和装でおこなう神前式がおすすめ

日本の衣装や伝統文化を大切にしたいと思ったあなたは、日本の伝統的な挙式スタイルである神前式がぴったりです。

歴史深い神社でおこなう厳かな結婚式は、一生の思い出に残ることでしょう。

3を選んだ個性的な人は自由で楽しい人前式を挙げよう

人と同じことをするのは好きじゃないという人は、段取りも演出の流れも自由に決められる人前式をおすすめします。

宗教や格式にとらわれず、結婚の証人となるゲストと一体感を感じられるようなオリジナルの式にしてください。

4に共感した人は厳かな仏前式がおすすめ

家族やご先祖様を大切にする気持ちを持っているなら、仏教の教えに基づいた仏前式を挙げてみてはどうでしょうか。

まだまだ少数派の挙式スタイルではありますが、二人の結びつきを再確認するとともに家族との絆を再確認できることでしょう。

挙式スタイルを選ぶ前に必ずやらなくてはいけない2つの確認事項

結婚式場の画像

ここまで挙式スタイルの特徴と魅力について説明してきましたが、最後に挙式スタイルを選ぶ前に必ずやらなくてはいけない2つの確認事項についてお話しします。

  • 両家に信仰している宗教があるか確認する
  • 年配の親族に希望の挙式スタイルを伝えて了承を得る

まず両家に信仰している宗教があるかを必ず事前に確認してください。

また年配の親族に希望の挙式スタイルを伝えて了承を得ることも重要です。

特に人前式は年配の人にはあまり馴染みのない挙式スタイルですので、分かりやすく説明したほうがいいでしょう。

無理に自分たちの希望を通すのではなく、家族や親族の信仰や考え方を尊重して皆が満足できる挙式をあげてください。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら