ウェディングドレスをレンタルする相場は?費用を安くするコツ

結婚式にかかる費用は全国平均で350万円だと言われていますが、その中でも新郎新婦にかかる衣装代が50万円ほどを占めていることをご存知でしょうか。

結婚式には様々な費用が必要になってきますが、費用総額の約15%が衣装代だと言っても過言ではありません。

しかし、ほとんどの人が衣装代を節約することができないと考えています。

ウェディングドレスは妥協したくないから、一生に一度しか着ることができないから、などの理由から節約することを諦めてしまうのです。

一生に一度しか着ることができないからといって、高いものばかりを選んでいると費用が膨大なものになってしまいます。

「ポイント」

衣装代こそ、節約できる大きなポイントになります。

そもそもウェディングドレスはどうやって手配しているの?

ほとんどの人は結婚式にかかる費用の節約を、ドレス以外の部分でしようと考えているのではないでしょうか。

演出やペーパーアイテムなどで節約をするのは、もはや結婚式の常識になってきていますよね。

しかしペーパーアイテムなどは手作りをして持ち込みするという発想があるのに対し、ウェディングドレスの手配は式場の提携ドレスショップか提携外のドレスショップを利用して、レンタルするのが一般的です。

しかしレンタルを選択する理由は、レンタルが一番安いからというものではないことが多いです。

もともとパッケージプランの中に含まれていたから、持ち込み料がかかるから、などの理由からレンタルを選択している人がほとんどなのです。

ウェディングドレスをレンタルするときの相場はいくら?

カラードレスの画像

結婚式を挙げるときはウェディングドレスをレンタルする人がほとんどだといいましたが、ウェディングドレスをレンタルするときの相場は、一体いくら程度になっているのでしょうか。

ゼクシィ結婚トレンド調査では、ウェディングドレスの購入・レンタル料だけで平均24.5万円になっており、カラードレスや和装を含めた新婦衣装の総額費用は、平均で47.4万円になっています。

新婦:ウエディングドレス 平均25.9万円
新婦:カラードレス 平均23.6万円
新郎 平均16.7万円

新婦だけでも約50万円近くなってしまうので、新郎も含めると70万円ほどになってしまうことも少なくないのです。

結婚式場はドレスのレンタル料でも儲けようとしている

相場が高くなってしまう理由には、結婚式場の策略も関係しています。

結婚式場側としては、提携しているドレスショップから中間手数料をいただくために、なるべく提携しているドレスショップからレンタルしてもらうように説明をしますよね。

「提携しているドレスショップであればカラードレス無料」や「パッケージのプラン内のウェディングドレスであれば無料」と言われると、式場と提携しているドレスショップで選ぶのが一番安いと思ってしまいます。

しかし実際にドレスを選ぼうとすると満足できるものがなく、結局ランクアップをしたドレスを選択して追加料金がかかってしまうのです。

ウェディングドレスをレンタルしたのは?式場のドレスショップ?

ウェディングドレスの画像

ウェディングドレスをレンタルする場所は大きく分けて、式場と提携しているドレスショップと提携外のドレスショップがあります。

ゼクシィ結婚トレンド調査では、約85%の人が式場と提携しているドレスショップからレンタルしていると回答していました。

たしかに式場と提携をしているドレスショップであれば、挙式当日に何が起きても式場側で責任をとってもらうことができるので安心ですよね。

しかし先ほど説明したように、最終的に追加料金が発生するかもしれないデメリットもあります。

もう一つの提携外ドレスショップからレンタルする方法では、レンタル料金を安いところを探し出したとしても式場に持ち込む際に、ドレス保管料という名の持ち込み料がプラスでかかってしまいます。

式場によっては持ち込むことすらできない場合もあるので、契約を交わす前に持ち込み可能なのか確認しておくことが重要です。

契約前の時点である程度ドレスを見せてもらうのがベスト

結婚式場を選んでいるときは、多くの人が式場の雰囲気や料理などを確認してから選んでいますよね。

ほとんどの人がウェディングドレスをチェックしないまま、契約を交わしてしまうのです。

しかしウェディングドレスは結婚式費用の大部分を占める、重要なポイントです。

そのため契約を交わす前にどんなドレスが用意されているのか、きちんと確認しておく必要があります。

ただしこの時注意しておくことは、ドレスをただ漠然と確認するのではなく、どのドレスがパッケージのプラン内に入っているのかまで聞いておくことです。

契約前にドレスの確認をしておいたのに、気に入っていたドレスがプラン外のものだったなんて本末転倒ですよね。

演出や料理だけでなく、契約する前にはドレスの確認をしておくことも大切です。

ブライダルフェアでドレスの試着会なども開催している式場も多いので、試着会のあるブライダルフェアに参加してみるのもおすすめです。

ブライダルフェアのウェディングドレス試着会で失敗しないポイント」の記事で試着会について詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

ウェディングドレスのレンタル代を節約する3つの方法

ウェディングドレスのレンタル代を節約する3つの方法

ウェディングドレスをレンタルするときは高額な費用がかかると説明をしてきましたが、実は少しでも費用をおさえることは可能なのです。

結婚式は人生で一度のイベントだからといって惜しみなくお金を使ってしまうと、その後の二人の新婚生活が苦しいものになってしまいます。

  • はじめに予算を伝えておく
  • ブランドのドレスにこだわらない
  • 契約前に値引きをしておく

はじめに予算を伝えておく

ウェディングドレスや衣装の試着をする時は、始めにプランナーさんに予算を伝えておき予算内のドレスのみを試着するようにしましょう。

人間は一度いいものを経験してしまうと、なかなか妥協をすることができません。

試着だけでもという安易な考えで予算を超えるほどの高価なドレスを試着してしまうと、予算内のドレスでは満足できなくなってしまうのです。

そのため、あらかじめ自分でセーブをかけておくことが重要になってくるのです。

ブランドのドレスにこだわらない

結婚式で着るウェディングドレスは、有名なブランドのドレスがいいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかしブランドのドレスを選択するだけで、追加料金が10万円するなんてことも少なくありません。

小さい頃からあのブランドのドレスを着ると決めていた人に、わざわざ妥協しろだなんてことは言いません。

しかしブランドものでなくても満足できるドレスは数多くあるため、ブランドのドレスばかりにこだわることはやめましょう。

契約前に値引きをしておく

ウェディングドレスのレンタル料や、持ち込み料を値引きしたいのであれば契約を交わす前に交渉するようにしましょう。

結婚式場は契約を交わした時点で、新郎新婦が見積りの内容に納得していると判断します。

そのため契約後に値引きをしてほしいと交渉をしても、断られてしまうことがほとんどなのです。

もしも契約後に値引き交渉をしたいのであれば、カラードレスや親族の衣装も一緒に借りることなどを条件にし、式場にもメリットがあるような交渉の仕方をしましょう。

「ポイント」

ただ高いから安くしてほしいなんて交渉の仕方では、式場側も受け入れてはくれません。

忘れないで!ウェディングドレスだけでなく小物も必要

結婚式の衣装代と聞くと、ウェディングドレスやタキシードのみだと考えてしまいがちですが、実際にはドレスを着たときにつける小物なども必要になってきます。

ピアスやネックレス、ティアラやベールなど、ドレス以外にも必要になるアイテムはたくさんあるのです。

ドレスショップで一緒にレンタルすることもできますが、高いものだと1つのアイテムで1万円程度することもあります。

衣装代の予算を全てドレス代で使ってしまうのではなく、小物も揃えなくてはいけないということを理解しておきましょう。

思い切ってウェディングドレスを購入すると大幅に節約できる!

ウェディングドレスの画像

ウェディングドレスを大幅に節約する方法は他にもあります。

それは、ウェディングドレスを購入することです。

ウェディングドレスの購入と聞くと、レンタルするよりも高いのではないかと考えてしまいますが、実際はレンタルするよりも安くなる傾向があります。

ドレスによっては持ち込み料を含めてもレンタル代より安くなりますし、自分のサイズにぴったりのドレスを選ぶこともできます。

新中古のウェディングドレスで検索してみる

ウェディングドレスの購入で一番おすすめなものが、新中古のウェディングドレスを探すことです。

新中古と聞くと古いのではないかと感じてしまいますが、実際は去年のデザインのものや最新のものも含まれています。

新中古のウェディングドレスの相場は1〜10万円になっており、レンタルするよりも大幅に節約することができるのです。

中古なんてと思うかもしれませんが、レンタルであっても何人もの人が着ていますし何度もクリーニングをしています。

そのうえ一度購入をしてしまえば、二次会などでも利用することができますよね。

レンタルするだけでなく、思い切ってウェディングドレスを購入してしまうことも結婚式費用を節約する1つの方法です。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら