結婚式場の画像

結婚式にゲストを100人招待すると、いくら費用が必要になるのか不安になる人が多いと思います。

このページでは、「100人規模の結婚式にかかる費用」から「100人規模の結婚式を成功させるコツ」まで紹介しています。

「こちら」

大人数の結婚式は、費用が上がりやすいので注意しましょう。

結婚式の費用を知りたいのであれば、ブライダルフェアに参加しましょう。

ブライダルフェアは、将来結婚式を挙げる可能性があれば誰でも参加できます。

式場検索サイトを利用してブライダルフェアへ参加すると、結婚式の費用を大幅に値引きできる「特別割引」が適応されるほか、キャンペーンで商品券40,000円分がもらえます。

ブライダルフェアに行くだけで商品券がもらえるキャンペーンはこちら

100人規模の結婚式にかかる費用の相場はいくら?

結婚式場の画像

100人規模の結婚式で一番不安に感じるのは、費用ではないでしょうか。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では、招待客一人あたりにかかる費用が全国平均6.4万円になっていました。

近年は毎年一人あたりにかける費用が増えているので、今後さらに高くなる可能性も少なくありません。

全国平均から計算すると約640万円

ゼクシィの調査結果を利用すると、100人規模の結婚式にいくらかかるのか計算できます。

100人 × 6.4万円 = 640万円

100人規模の結婚式は、600万円以上の費用が必要になります。

実際はほとんどの人が400〜600万円程度で挙げている

結婚式にゲストを100人招待すると600万円以上の費用がかかるといいましたが、実際には400〜600万円程度で挙げている人がほとんどです。

ただし、オプションなどの追加で費用がどんどん増えていきます。

100人規模だからといって、あらかじめ費用を抑える努力は怠ってはいけません。

100人規模の結婚式で期待できるご祝儀の金額は約300万円

結婚式場の画像

結婚式は費用の全額を新郎新婦が支払うのではなく、ゲストからいただくご祝儀の金額も加味します。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では、ゲスト一人あたりのご祝儀金額が平均3.3万円になっていました。

このアンケート結果を利用して計算すると、下記のようになります。

100人 × 3.3万円 = 330万円

親族や友人を含め、約330万円はご祝儀で支払えるでしょう。

全員からご祝儀がいただけるとは限らない

100人規模の結婚式であれば約330万円のご祝儀が期待できるといいましたが、誰もが330万円いただける保障はありません。

330万円を大幅に下回るケースもありますし、上回るケースもあります。

「新婦」

ご祝儀330万円は、あくまで計算上の数字だと理解しておきましょう。

結婚式の自己負担額は約340万円!

結婚式場の画像

結婚式にかかる費用と予想できるご祝儀の金額が割り出せたら、自己負担額も計算できます。

費用 640万円 − ご祝儀 330万円 = 340万円

100人規模の結婚式では、約340万円が自己負担額になります。

自己負担額が340万円と聞くと、ほとんどの人が高いと感じるのではないでしょうか。

あらかじめ費用を抑える努力が必要

自己負担額が高いと感じるのであれば、あらかじめ費用を抑える努力をしましょう。

ゼクシィやハナユメなどの式場検索サイトでは、自分で交渉する以上に高い割引率で「特別割引」を用意しています。

中でも、ハナユメ(式場検索サイト)を経由すると、ブライダルフェアの参加で40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用を最大150万円割引できます。

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら

結婚式にゲスト100人は多い?少ない?

結婚式場の画像

結婚式にゲストを100人招待するのは、平均よりも多いのか少ないのか気になっていた人がほとんどだと思います。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、結婚式に招待するゲストの人数は全国平均70.2人でした。

この数字だけで判断すると、100人は少し多いと感じると思います。

全国平均は70.2人だが地域によって変動する

全国平均から見ると100人は多いと感じましたが、実際には地域性も関係しています。

青森や秋田などの東北地方はゲストの平均人数が100.9人、九州地方は平均95.1人と100人規模が一般的です。

しかし関西地方は平均60.5人、東海地方は61.1人なので100人規模は多く感じます。

自分が住んでいる地域の傾向も含めて考えると、いいのではないでしょうか。

100人規模の結婚式で費用が上がりやすいポイントとは

結婚式場の画像

100人規模の結婚式は人数が多いため、費用が上がりやすいです。

見積書の中でも気をつけておくべきポイントを紹介していきましょう。

  • 人数で変化する料理や引出物にかかる費用
  • テーブル数が多いため会場装花の量が増える

人数で変化する料理や引出物にかかる費用

100人規模になると、料理やドリンクを1,000円ランクアップするだけで10万円追加されます。

人数で変化するような料理や引出物にかかる費用は、ランクアップする前に一度確認する必要があります。

ただし、ランクアップせずに質素なものにすると、ケチっていると思われる可能性もあるため要注意です。

テーブル数が多いため会場装花の量が増える

結婚式は会場を装花や小物でキレイに飾り付けますが、100人規模となると会場が広くて飾り付ける装花の量が増えます。

最初の見積書に記載されている装花の量では物足りなく感じるので、追加する人が多いポイントです。

テーブルごとに飾る装花はテーブル数によって変化するので、何人座りのテーブルなのかをチェックする必要もあります。

結婚式の費用を節約するならここ!見逃せないポイントを紹介

結婚式場の画像

100人規模の結婚式は費用が高くなる傾向がありますが、節約できるポイントも多いです。

絶対に見逃してはいけない、結婚式の節約ポイントを紹介していきましょう。

  • 会場装花は花の種類にこだわらない
  • ペーパーアイテムやウェルカムグッズは持ち込みする
  • 式場検索サイトの特別割引を利用する

会場装花は花の種類にこだわらない

100人規模の結婚式は装花の費用が上がるといいましたが、装花の費用を抑える方法もあります。

ポイントは、花の種類にこだわらないことです。

色味だけを指定し、予算内で一番ボリュームがでる飾り方をしてもらいましょう。

自分たちで花の種類まで指定すると、季節による希少価値の関係で花1本あたりの単価が高くなるため要注意です。

ペーパーアイテムやウェルカムグッズは持ち込みする

結婚式を節約するのであれば、ペーパーアイテムやウェルカムグッズは持ち込みましょう。

手作りできるものは妥協せずに手作りするのが、結婚式の費用を節約する第一歩です。

DIYは時間がかかるのも多いので、早めに取り掛かっておくと安心できます。

式場検索サイトの特別割引を利用する

結婚式の費用を節約するのであれば、あらかじめ式場検索サイトが提供している特別割引の利用がおすすめです。

新郎新婦が個人的に式場と値引き交渉するよりも、高い割引率が適応されます。

式場と契約を交わす前に、一度チェックしておきましょう。

100人規模の結婚式を成功させる3つのコツ

結婚式場の画像

100人規模の結婚式を成功させたいのであれば、式場選びの段階からチェックしておくポイントがあります。

結婚式を成功させるためのコツを紹介していくので、確認しておきましょう。

  • ゲストを100人収容しても狭くない会場を選ぶ
  • ロビーや待合室が広く、椅子やテーブルの数が多い式場を選ぶ
  • ゲスト全員が楽しめるように余裕を持ったスケジュールにする

ゲストを100人収容しても狭くない会場を選ぶ

ゲストを100人収容できる会場はどの地域でも数多くありますが、100人収容しても狭いと感じない会場はあまりありません。

100人全員が着席した状態をイメージし、お手洗いまでの動線や椅子と椅子との間隔を事前に確認しておきましょう。

あまりにも窮屈だと感じるのであれば、会場を変更する必要があります。

ロビーや待合室が広く、椅子やテーブルの数が多い式場を選ぶ

ゲストを100人招待すると、ロビーや待合室はパンパンな状況になります。

あまりにもロビーや待合室が狭いとゲストに失礼なので、挙式までの時間も全員がくつろげる式場を選択しましょう。

その中でも、待合室の椅子やテーブルの数が多い式場がベストです。

ゲスト全員が楽しめるように余裕を持ったスケジュールにする

100人規模の結婚式となると、全員に楽しんでもらいたい気持ちから演出を詰め込んでしまう傾向があります。

しかし、演出が多いからといって全員が楽しめるわけではありません。

余裕を持ったスケジュールにすると、ゲスト全員と顔を合わせる時間が確保できておすすめです。

100人規模の結婚式をお得に挙げるなら式場検索サイトのハナユメ!

ハナユメの画像

100人規模の結婚式をお得に挙げたいのであれば、人数指定で簡単に式場検索ができるハナユメの利用がおすすめです。

費用が上がりやすい100人規模の結婚式ですが、あらかじめ対策をするだけで大幅に費用を抑えられます。

たとえば、ハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用を最大150万円割引できます。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら