披露宴会場の画像

結婚式を検討している人の中には、30人規模の「家族や親族+親しい友人のみ」を招待する少人数結婚式を挙げたいと考えている人も増えてきているのではないでしょうか。

このページでは、「30人規模の結婚式にかかる費用の相場」から「アットホームな披露宴におすすめの演出ランキング」まで紹介しています。

「ポイント」

30人規模の結婚式は人気が高く、最近では主流になってきているのです。

30人規模でおこなう結婚式は食事会?披露宴?

披露宴の画像

30人規模の結婚式となると、家族や親族だけでなく新郎新婦の親しい友人も招待することになりますよね。

そのため挙式のみではなく、食事会やプチ披露宴のようなものも同時におこなうことがほとんどだと思います。

しかし食事会では親しい友人に対して失礼になってしまうのではないか、と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

数人の友人を招待するため披露宴に近いほうがおすすめ

30人規模の結婚式であれば家族や親族のみの結婚式のような食事会ではなく、披露宴に近いものにするのがおすすめです。

30人規模であれば多少演出などが派手でも問題ないですし、お色直しを取り入れる花嫁も少なくありません。

一般的な披露宴のような演出を取り入れても問題ない30人規模の結婚式は、義理で招待するような会社の人などもいないため最近では注目されているのです。

30人規模の結婚式にかかる費用の相場はどのくらい?

披露宴会場の画像

30人規模の結婚式といっても、きちんと披露宴をおこなうのであればどのくらいの費用が必要になるのか気になりますよね。

ゼクシィトレンド調査では、結婚式にかかるゲスト一人あたりの費用が平均5.9万円だと言われています。

そのためゲスト30人であれば、おおよその費用相場を計算することは可能です。

ゲスト30人 × 5.9万円 = 177万円

結婚式の内容にもよるため一概にいうことはできませんが、おおよそ150〜200万円あれば実現することができると考えておきましょう。

ゲスト30人で想定できるご祝儀は約100万円!

30人規模の結婚式にかかる費用相場は約150〜200万円だといいましたが、結婚式では招待したゲストからご祝儀を受け取ることができます。

現在では結婚式の費用をご祝儀でまかなうという人が多いため、ご祝儀の計算をしておくことも大切ですよね。

一般的には、ご祝儀の全国平均は約3.3万円だと言われています。

ゲスト30人 × 3.3万円 = 99万円

そのため上記の計算のように、ゲスト30人の場合は想定できるご祝儀の金額が約100万円になるのです。

30人規模の結婚式でも自己負担額は思っているよりも少ない!

結婚式にかかる費用と想定できるご祝儀の金額を計算することができたら、最終的な自己負担額を計算することができますよね。

結婚式にかかる費用 177万円 − 想定できるご祝儀 99万円 = 自己負担額 78万円

結婚式は招待するゲストが多ければ多いほど費用が安くなると言われていますが、実際にはあまりゲストの人数に左右されることはありません。

自己負担額が100万円以内に収まるだけでなく、きちんとした披露宴を開くこともできるので、30人規模の結婚式は理想を詰め込むことができる人数でもあると言えるのです。

30人規模の結婚式におすすめの演出ランキング

演出の画像

30人規模の結婚式を挙げるのであれば、アットホームな披露宴におすすめの演出というものがあります。

そのためアットホームな雰囲気を作り出せるおすすめの演出を、ランキング形式で紹介していきましょう。

  • 1位 写真撮影の時間を十分確保したフォトタイム
  • 2位 オリジナル生ケーキの入刀&ケーキサーブ
  • 3位 引き出物やプチギフトの贈り分け

1位:写真撮影の時間を十分確保したフォトタイム

写真撮影の画像

少人数の結婚式で一番大事なことが、ゲストと交流する時間を多めに確保することです。

家族や親族、親しい友人のみの結婚式になると、上司のスピーチや余興などをする時間が必要ありません。

そのため、一般的な結婚式では十分に確保することのできないフォトタイムを作るようにするのがおすすめです。

「ポイント」

新郎新婦がテーブルを回ってもいいですし、フォトプロップスなどを準備してゲスト同士で写真撮影を楽しんでもらうのもいいかもしれません。

2位:オリジナル生ケーキにこだわったケーキ入刀&ケーキサーブ

ウェディングケーキの画像

30人規模の結婚式でも盛り上がる演出が、結婚式の醍醐味であるケーキ入刀です。

オリジナルの生ケーキにこだわって作成してもらい、ケーキ入刀後には新郎新婦が自ら全員ゲストに取り分けるのもいいかもしれません。

ゲストの人数が少ないからこそ、一般的な演出に縛られることなく全員と交流する時間を作ることがおすすめですよ。

3位:引き出物やプチギフトをゲストによって贈り分け

引出物の画像

少人数結婚式でゲストに喜ばれる演出が、引き出物やプチギフトをゲストの年齢や性別に合わせて贈り分けることです。

一般的な結婚式の場合はゲストの人数が70人程度になるため、引き出物を贈り分けるような手間のかかる準備をすることはあまりできません。

「こちら」

30人程度であれば、ゲスト一人一人の顔を思い浮かべながら引き出物を選んだりすることもできるのです。

30人規模の結婚式を成功させるためのポイント

披露宴会場の画像

30人規模の結婚式を成功させるためには、少人数だからこそ気をつけるべきポイントというものがあります。

せっかくの結婚式をより良いものにするためにも、あらかじめ心得ておきましょう。

  • 招待する友人と招待しない友人への配慮を徹底
  • 料理や引き出物でおもてなしの精神を忘れない
  • 少人数結婚式に対応している結婚式場を選択する

招待する友人と招待しない友人への配慮を徹底する

少人数結婚式を挙げる場合、結婚式に招待する友人は数人しかいないことがほとんどだと思います。

そのため、招待しない友人に対しての対応を新郎新婦の中で決めておかなければいけません。

招待する友人とも招待しない友人とも関係が悪くなってしまわないように、新郎新婦で配慮の仕方を徹底しておきましょう。

料理や引き出物でおもてなしの精神を忘れない

30人規模の結婚式の場合、家族や親族、親しい友人など日頃からお世話になっている人のみを招待することになると思います。

そのため、ゲストに対するおもてなしの精神を忘れてしまってはいけません。

料理やドリンクのランクを下げて結婚式の費用を節約しようとしたり、引き出物の数を減らすようなことはやめましょう。

少人数結婚式に対応している結婚式場を選択する

30人での結婚式となると、10〜20人のような食事会を開催する会場では少し狭いと感じると思います。

しかし一般的な披露宴をおこなう会場だと、少し広いため寂しく感じてしまいますよね。

そのため式場選びをする際には、あらかじめ30人でも問題のない披露宴会場があるのかどうかを確認しておくようにしましょう。

「ポイント」

ゲストの人数に対して狭すぎたり、広すぎたりする会場はゲストも違和感をおぼえてしまうかもしれません。

30人規模ならハナユメの定額ウエディングで自己負担額を0円に!

ハナユメの画像

30人規模のような少人数の結婚式を検討しているのであれば、ハナユメの定額ウエディングを活用するのがおすすめです。

ハナユメの定額ウエディングは、たとえ貯金がなくても結婚式を挙げられるように、自己負担額0円のプランになります。

完全定額プランで料金も後払いの上、追加費用がかかることもありません。

そのうえ定額プランだからといって結婚式の質を落とすこともないですし、結婚式としての華やかさがなくなってしまうこともありません。

少人数でも費用を抑えて結婚式を挙げたいのであれば、ハナユメを定額ウエディングを利用するのがいいのではないでしょうか。

ハナユメの定額ウエディングについては、「ハナユメの定額ウエディングで自己負担額を0円に!ドレスや式場は?」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら