リングピローの画像

結婚式をおこなうときに使用するリングピローについて、使い方や由来を知らないという人もいるのではないでしょうか。

このページでは、「リングピローの使い方と由来」から「リングピローの人気デザインランキング」まで紹介しています。

「こちら」

まずはリングピローの基本情報を学びましょう。

リングピローってなに?使い方と由来

指輪の画像

リングピローとは、キリスト教式の結婚式において新郎新婦が指輪交換をするときまで、指輪を置いておくときに使用するものです。

指輪交換はキリスト教式の儀式ですが、日本の伝統的な結婚式でも指輪交換の儀式はありますので、どの挙式スタイルでもリングピローは重要な役割を持っています。

リングピローの歴史は古く、古代エジプト時代の結婚式でジュエリーを枕状の宝石台に乗せていたことが始まりです。

ヨーロッパではリボンや縄を結ぶ行為は約束を意味するとして、現在日本で使われているリングピローも愛を誓うリボンが結ばれているデザインが定番です。

やサイズに特に決まりはない

リングピローのデザインは、ピロー(枕)という名前の通り枕やクッションのような形が一般的です。

しかし特に色やデザインに決まりがあるわけではないので、最近のリングピローは多種多様な種類があります。

二人のマリッジリングのデザインとマッチしたリングピローを選ぶといいでしょう。

リングピローは必ず準備しないといけないの?

結婚指輪の画像

挙式のプログラムに指輪交換が含まれていないのであれば、リングピローを無理に準備する必要はありません。

しかし冒頭でも説明しましたが、基本的にどんな挙式スタイルの結婚式にも指輪交換の儀式があるので、ぜひ取り入れることをおすすめします。

最近は欧米の結婚式にならって、花嫁の入場時にリングボーイ役の男の子がリングピローを持ち、バージンロードに花びらを撒くフラワーガール役の女の子と入場する演出が定番になっています。

「青いもの」「借りたもの」としてサムシングフォーで取り入れてもOK

花嫁の幸せを願う有名なおまじないサムシングフォーのアイテムとしてリングピローを取り入れることも可能です。

たとえば母や祖母の結婚式で使用したリングピローがあればサムシングオールドとして使えます。

リングピローの色が青であればサムシングブルーでも大丈夫です。

友人からの借り物であればサムシングボロウとして取り入れることもできますので、リングピローを使って幸せのおまじないを取り入れてみましょう。

赤ちゃんを幸せにするファーストピローの言い伝えがある

結婚式で使用したリングピローを、二人の間に産まれた赤ちゃんのファーストピロー(初めての枕)にすると、赤ちゃんが健康に育って幸せになるという言い伝えがあります。

赤ちゃんが退院して家で過ごす最初の3日間は、リングピローを枕にして寝かせるというものです。

ファーストピローは日本独自で広まった逸話ですが、夫婦の思い出のリングピローを子供の幸せを願って使うのは素敵な言い伝えですね。

リングピローは購入?手作り?レンタル?費用の相場を解説

結婚指輪の画像

リングピローの費用の相場が気になっている人は多いのではないでしょうか。

結婚式で必要な小物の中でも、リングピローはそれほど高額なアイテムではありませんが、購入、手作り、レンタルで相場は異なります。

それぞれの相場を紹介しますので、リングピロー選びの際の参考にしてください。

リングピロー専門店で完成品を購入する相場は3,000円〜10,000円

リングピローを専門で扱っている専門店で、あらかじめ完成しているリングピローを購入する場合の相場は3,000円〜10,000円になります。

金額に開きがあるのは使用している布や装飾の大きさによるものです。

手作りキットで作る場合は1,500円〜5,000円

リングピローは手作りキットを購入して自作することができ、その場合の相場は1,500円〜5,000円になります。

手作りキットは通販サイトで購入することができ、スイート系、ナチュラル系、クラシック系などさまざまなジャンルから選ぶことが可能です。

リングピローを手作りキットで製作するときの所用時間の目安は2時間になります。

無料レンタルしてくれる式場もある

結婚式を挙げる式場によっては、リングピローを無料でレンタルしてくれることがあります。

もしデザインや色に特にこだわりがないなら、費用が全くかからないので式場でレンタルしてはどうでしょうか。

リングピローの無料レンタルについては、事前に式場に問い合わせておきましょう。

一番人気のデザインは?リングピローの人気デザインランキングトップ3

指輪の画像

リングピローを選んでる人の中には、先輩カップルがどんなリングピローを選んでいるか気になる人も多いのではないでしょうか。

実際に結婚式で使用されたリングピローの中でも特に人気の高いデザインのランキングトップ3を紹介します。

  • 1位 シンデレラのガラスの靴型リングピロー
  • 2位 クッションタイプのクラシカルリングピロー
  • 3位 アンティーク調のイス型リングピロー

リングピローのデザインで最も人気があるのは、シンデレラのガラスの靴をイメージしたデザインになります。

青い台座とセットになったガラスの靴は、挙式後も家に飾っておきたくなる可愛さです。

2番目に人気が高いのは、王道であるクッションタイプのクラシカルリングピローです。

どんな挙式スタイルでも合わせやすいので高い支持を集めています。

リングピローのランキング3位に輝いたのは、アンティーク調のイス型リングピロー(2個セット)です。

「新婦」

小さくて可愛らしいイス型のリングピローは、挙式後は受付に飾って置くとゲストの注目を集めることでしょう。

リングピローを手作りするなら取り入れたいおしゃれなアイデア

リングピローの画像

リングピローを手作りしたいと考えているプレ花嫁さんは多いのではないでしょうか。

結婚式で使用する小物の中で、リングピローは比較的簡単に手作りができるアイテムです。

先輩花嫁が実際に手作りしたリングピローの中から、特におしゃれで可愛い4つのデザインを紹介します。

  • ブリザードフラワーをかごに敷き詰めたバスケット型リングピロー
  • 天然木を使って森を再現したナチュラル派におすすめのリングピロー
  • まるでお姫様!ビーズやパールで作るクラウン型リングピロー
  • 神前式で使いたい!升で作る紅白の和風リングピロー

ブリザードフラワーをかごに敷き詰めたバスケット型リングピロー

ブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)を小さなかごに敷き詰めれば、ヨーロッパの田舎町を思わせる可愛いバスケット型リングピローが出来上がります。

プリザーブドフラワーは通販サイトで安く購入することが可能です。

指輪が乗った花のかごをリングボーイが運ぶ姿はとても可愛いことでしょう。

ナチュラル派におすすめ!天然木風のリース型リングピロー

ガーデンウェディングやナチュラルウェディングを予定している人には、生花をリアルに再現したアーティフィシャルフラワーを使ったリース型リングピローがおすすめです。

本物の野花と天然木を思わせるリースは、草原のような素朴な魅力があります。

またアーティフィシャルフラワーは色移りや壊れる心配がないので、挙式後はインテリアとして使用可能です。

アーティフィシャルフラワーは通販サイトで購入できます。

まるでお姫様!ビーズやパールで作るクラウン型リングピロー

ビーズやパールを繋げて王冠を型どったクラウン型リングピローは、お姫様のようなエレガントな魅力があります。

王道のキリスト教式で挙式する人はもちろん、人前式などで使用するのもおすすめです。

クラウン型のリングピローは様々な手作りキットが販売されているので、結婚準備に追われて忙しい人でも簡単に作ることができます。

神前式で使いたい!升で作る紅白の和風リングピロー

神前式など和婚を予定している人は、升で作る紅白の和風リングピローを作ってみてはどうでしょうか。

日本酒を飲むときに使う升(ます)に、紅白のクッションやドライフラワーを敷き詰めれば、おめでたい和風のリングピローが出来上がります。

升は昔から縁起が良いと言われているので、ぜひ和婚に取り入れましょう。

費用は1,000円以下!おしゃれで格安なハンドメイドのリングピロー 

リングピローの画像

結婚式を控えている人の中には、リングピローなど小物にかける費用をなるべく抑えたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

100円ショップの商品でリングピローを手作りすれば、費用は1,000円以内に収めることが可能です。

ボックス型リングピローを100円ショップの商品で作る場合の材料と作り方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

材料 パールビーズ、サテン生地、チュールレース、造花、リボン、フリルテープ、木箱、綿、糸
自分で用意するもの はさみ、裁縫道具

作り方

  • 1.サテン生地を木箱に入るサイズに切る
  • 2.チュールをサテン生地の端に合わせる
  • 3.チュールを縫い合わせる
  • 4.チュールの内側にフリルテープを縫い付ける
  • 5.生地をひっくり返して綿を入れる隙間を残して縫う
  • 6.綿を詰めてすべて縫い合わせる
  • 7.指輪を置く場所に糸を通してへこませる
  • 8.指輪を置く場所にリボンとビーズを縫い付ける
  • 9.木箱にリングピローを入れて造花を飾って完成

このリングピローを作るときの所要時間は、手芸に慣れている人であれば1〜2時間程度になります。

時間に余裕のある人は、まずは練習用に一度作っておいたほうが安心です。