結婚式場の選び方や探し方〜後悔しないための3ステップ〜

結婚式場選びを始めようと考えている人の中には、まずなにから手をつけていけばいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

周りのカップルが何を基準にして式場を決めているのかわからないため、自分の探し方や選び方が正しいものなのか疑心暗鬼になってしまう人も少なくないと思います。

ここでは、式場選びで後悔しないためのポイントを徹底的に解説しています。

自分の結婚式場の探し方が正しいのかどうか確かめることもできますし、間違った探し方をしている場合は正しい探し方を身につけることもできます。

「こちら」

絶対に後悔しない式場選びをするのであれば、ぜひこのページをブックマークして式場選びの虎の巻として活用してください。

結婚式場選びで後悔しないための3ステップ

結婚式場選び

結婚式場の選び方と探し方のコツは、1つ1つきちんとした順序を踏んでいくことです。

結婚式を控えている人の中には、幼い頃から絶対にあの式場で結婚式を挙げたいと決めている人もいますよね。

たしかにそんな人の場合は、式場選びの順序が必要ないことがあります。

しかし式場選びにおける順序をきちんと踏んでいくことで、のちのち後悔してしまうリスクを減らすことができるのです。

式場探しはいつからはじめるのがベスト?期間はどのくらい?

式場探しの期間

一般的に結婚式場の決定には、1〜3ヶ月程度の時間をかけていると言われています。

しかし人気の結婚式場であれば、挙式予定日の1年前から予約が埋まっていることがほとんどです。

結婚式場探しを自由におこなうためにも、挙式予定日の1年前には式場探しをスタートさせておきましょう。

せっかく気に入った式場を見つけたとしても、希望の日程に空きがなければ式場を変更せざるをえなくなってしまいますよね。

式場探しを始める時期に早すぎるなんてことはありません。

時間に余裕がある時から式場見学などに積極的に参加し、式場探しをすすめていくようにしましょう。

「ポイント」

結婚式場探しのタイミングは自分たちの意思で始めるのではなく、両家の両親に挨拶をおこなってから始めるのが一般的です。

ステップ1 結婚式場の地域を決める

結婚式場の地域を決める

では、まず結婚式を挙げる地域を決めていきましょう。

それが地元なのか、国内リゾートなのか、あるいは海外なのか、パートナーとよく相談してどこで結婚式を挙げるかを決定していきます。

ちなみに結婚式を挙げた人の約8割は、新郎新婦の地元か今住んでいる地域での式場を選択しています。

ここでは、国内で挙げる人を前提に話をすすめていきたいとおもいます。

海外などで結婚式を挙げる場合は、後述で詳しく説明していますのでそちらも合わせてご覧ください。

結婚式場を探す範囲を決めたら、その場所にある式場を一通り調べてみましょう。

結婚式場を調べる時は結婚情報サイトを活用すると、地域ごとに結婚式場を簡単に検索することができるのでおすすめです。

自分たちの希望している範囲に何件ほどの結婚式場があるのかを把握し、その中のどの式場であれば理想としているものに近づくことができるのか、サイトに記載してある情報をもとに絞り込んでいくことが重要です。

式場探しは結婚情報サイトの活用が常識

実はマイナビのアンケート結果では「会場探しのときにやってよかったと思うこと」の第一位が、結婚情報サイトで下調べをしてから出かけたという回答になっています。

1位 結婚情報誌や結婚情報サイトで下調べをしてから出かけた。
2位 効率よく見学できるよう、事前にスケジュール調整をした。
3位 会場見学の際にカメラを持って行き、写真をたくさん撮った。

結婚式場探しでは、自分で情報を集めることにどうしても限界があります。

そのため最近では式場探しをする時に結婚情報サイトを活用することが、もはや常識になってきているのです。

さらには先輩花嫁の心残りとして、もっといろんな式場見学に参加してみればよかったと後悔している人が29.1%の割合を占めています。

いろんな式場見学の情報を一気に集めることができるのも、結婚情報サイトの特徴です。

結婚情報サイトを活用することが、式場探しの最大のコツだと言っても過言ではありません。

そして結婚情報サイトを活用するのであれば、ハナユメがおすすめです。

ハナユメであれば先輩花嫁の口コミ投稿や式場の写真が豊富なので式場探しの参考になりますし、式場見学をするだけで最大3万円の商品券をもらうこともできるのでとてもお得ですよ。

Hanayume(ハナユメ)を見てみる

ステップ2 気になる式場をピックアップして最低3件以上見学する

気になる式場をピックアップして最低3件以上見学する

自分たちの希望している範囲の中からは、最低3件以上の式場を候補に出しておいてください。

そして式場候補を出したら、次はその式場の見学に参加してみましょう。

この時に候補に出す式場は特徴を知り、新しい発見をするためにもホテル、レストラン、ゲストハウスなど違うタイプのものを選んでおくのがベストです。

もしホテルの結婚式に興味がなかったとしても、自分たちの理想に一番近いものがホテル挙式だったと気づくことがあるかもしれませんし、反対にホテルの結婚式はやっぱり自分たちに合っていないと確信を得ることもできますよね。

人間は、自分の知らないものが自分の選んだものよりも良く感じてしまいます。

そのため全て自分の目で確認をすることこそが、式場選びで後悔しないためのポイントなのです。

式場見学に参加することで式場の雰囲気や良さを実感することができますし、実際にその式場で結婚式を挙げるイメージも湧きやすくなります。

結婚情報サイトなどの写真やイメージでは実際に目で見る印象とだいぶ差があるので、候補に出した式場は全て式場見学に参加しておきましょう。

一番興味のある式場は一番最後に見学するのがコツ

式場見学に参加する時は、式場候補の中でランク付けをしてから予約をするようにしましょう。

一番興味のある式場と少し興味のある式場に、簡単に分けることができれば大丈夫です。

式場候補の中でランク付け

初めてブライダルフェアに参加をするときにいきなり本命の式場に行ってしまうと要領がわからず、何も情報を得ることができないままブライダルフェアを終えてしまうことが考えられます。

そのため式場候補をランク付けしたら、ランクの低い式場から見学に参加します。

式場見学の参加を無駄なものにしてしまわないためにも、経験を積んでから本命の式場に足を運ぶようにすることが式場選びのコツになってくるのです。

ステップ3 予算と照らし合わせて現実的な式場を決定する

予算と照らし合わせて現実的な式場を決定する

式場見学に参加した後は各式場の見積書をもとに、自分たちの予算内でどれだけ理想に近づけていくことができるのかを検討しましょう。

式場から見積書をいただくときは、標準的な見積書と自分たちの理想を全て詰め込んだ見積書の2枚をもらうようにしておくのがポイントです。

2枚の見積書を比較し、自分たちの納得できる内容で式場ごとにかかる費用を明確にしていきましょう。

そして予算と照らし合わせ、現実的に結婚式を挙げることのできる式場を選択していきます。

式場選びでは初めに提示される見積りから平均して約100万円高くなると言われています。

式場を決定した後にもかかわらずプラスの費用がかかることで、後悔してしまう人も少なくありません。

式場からの説明を鵜呑みにしてしまうのではなく、自分たちで見積書をもとに再度確認をする必要があるのです。

式場探しをするならハナユメを活用しよう

結婚式場探しをするのであればハナユメを活用してみましょう。

ハナユメであれば簡単に式場探しができるうえに、式場見学に参加するだけで最大3万円の商品券のプレゼントが受けられます。

さらにハナユメ割を利用すれば最大150万円引きで結婚式を挙げることができたり、ハナユメデスクを利用することで結婚式の費用を後払いに変更することもできます。

式場探しはハナユメを使うのがゼッタイお得!

  • ハナユメ割により最大150万円引きで結婚式を挙げることができる
  • 雰囲気検索を活用すれば希望通りの式場を見つけやすい
  • 式場見学をするだけで最大3万円の商品券をもらうことができる

Hanayume(ハナユメ)のキャンペーンを見てみる

結婚情報誌を買う楽しみもあると思いますが、結婚情報サイトから式場見学の申し込みをするとキャンペーンの適用があるためお得に参加することができますよ。

結婚式場選びをする時の最終手段!〜決め手ポイント〜

結婚式場選びをする時の最終手段!〜決め手ポイント〜

結婚式場を決定するときに、必ず頭にいれておくべきポイントを紹介したいと思います。

自分の判断で結婚式場を決めかねている人はこのポイントで式場を比較し、最終的な式場選びの決め手にしてみてはいかがでしょうか。

  • プランナーや式場との相性を見極める
  • ゲストの人数に対して少し大きめの会場がある式場を選ぶ
  • 全ての式場の見積もりを比較してみる

プランナーや式場との相性を見極める

式場見学に参加した時は、式場ごとの雰囲気やプランナーさんとの相性を見極めるようにしましょう。

式場見学で案内をしてくれる人と挙式当日まで担当してくれるプランナーさんは違うことが多いと言われていますが、同じ式場内にいるスタッフさんになるので大きく雰囲気が変わるとはあまり考えられません。

式場に対して一度不信感を抱いてしまうと、挙式当日までモヤモヤしたままになってしまうことも考えられます。

自分たちと相性がいいと感じる雰囲気の結婚式場であれば、後悔することもありませんよ。

ゲストの人数に対して少し大きめの会場がある式場を選ぶ

費用や式場の雰囲気だけで決めることができない時は、会場の広さにも目を配ってみましょう。

招待するゲストの人数に対して少し大きめの会場を選択するようにするのがポイントです。

同じ人数を収容できるとなると少しでも広い会場のほうが、テーブルなどにも余裕ができゲストも窮屈な思いをすることがないですよね。

式場を決定するときの決め手として会場の広さにも注目してみてはいかがでしょうか。

全ての式場の見積もりを比較してみる

見学に参加した式場は、全て見積書の内容を確認することが大切です。

式場によっては項目が抜けていたり、余計なお金が加算されている場合もあります。

そのうえ見積書を比較し、相場を知っておくことで、本命の式場に対して再度値下げの交渉をすることもできます。

他の式場の見積書と比較して値下げの交渉をすると、成功率が格段に上がるので必ずおこなうようにしましょう。

理想はどの式場でも記入されている項目が同じ見積書をお願いすることですが、式場によって内容が違うためなかなか難しいと思います。

しかし見積書の内容を比較したときに自分たちが一番納得できる式場を選択すると後悔することがないですよ。

結婚式場選びで失敗しないための3つのコツ

結婚式場選びで失敗しないための3つのコツ

結婚式場選びをしているときは、想像してもいなかった場面でつまずいてしまうことがあります。

先輩花嫁たちが式場選びで失敗してしまった経験をもとに、同じ失敗をしてしまわないようにポイントをおさえておきましょう。

  • パートナーと喧嘩しないようにする
  • 早めに式場探しをして準備期間に余裕を持つ
  • 両親の意見を事前に聞いておく

パートナーと喧嘩しないようにする

結婚式場選びでよく陥ってしまうケースが、パートナーと意見が食い違うことで喧嘩に発展してしまうことです。

結婚式は人生の中でも重要なイベントになってくるため、お互い譲ることのできない部分が出てきてしまいますよね。

そうなってしまうと、どうしても意見がぶつかり合って揉めてしまうのです。

式場選びの時に揉めてしまうと結婚式場を決定するまでの道のりが長引いてしまうこともありますし、できることなら喧嘩なんてしたくはないですよね。

先輩花嫁の意見でもパートナーと喧嘩をしてしまい、式場選びや結婚準備が苦痛になってしまったという人が少なくありません。

喧嘩をしてしまわないようにするには、事前にパートナーと細かく話し合っておくことが重要になってきます。

パートナーと揉めることで後悔してしまうケースがあることを理解し、喧嘩に発展する前に対処する心構えでいましょう。

早目に式場探しをして準備期間に余裕を持つ

結婚式場探しをはじめるときは、余裕を持って早目に行動に移すことが重要です。

先輩花嫁たちが後悔してしまったケースの中には準備期間が短すぎたことが多く挙げられています。

準備期間が短かったことで満足いくほど式場見学ができなかったり、式場決定の時に時間に追われて妥協したくない部分で妥協をしてしまうことがあります。

式場決定までに妥協をしてしまっては、自分たちの理想とする結婚式を挙げることができるとは思えないですよね。

結婚式場を決定するまでの時間は十分に確保しておくことが、結婚式場探しをする上で後悔してしまわないための鉄則なのです。

両親の意見を事前に聞いておく

実は結婚式場をキャンセルしてしまう理由の中でも特に多いのが、両親の反対により結婚式場を変更することになったという意見でした。

自分たちの理想とする結婚式場を見つけたとしても両親が希望していたものと違い、後で変更してほしいと言われてしまうケースが思っているよりも多いのです。

自分たちが良いと思った式場が、両親や親戚にも賛同してもらえるとは限りません。

式場を決定した後にキャンセルすることになってしまってはキャンセル料がかかってきてしまいますよね。

結婚式の準備をスムーズに進めていくためにも、結婚式場の決定をする前には両家の両親に一度相談をするようにしましょう。

結婚式を挙げる前に何かと揉めてしまっては結婚式の準備ですら苦痛に感じてしまうことがありますし、後悔してしまうことがありますよ。

遠方で結婚式を挙げるときに使える式場の選び方

遠方で結婚式を挙げるときに使える式場の選び方

結婚式を検討している地域は決して身近な地域ばかりではないと思います。

最近では国内リゾートや海外で結婚式を挙げているカップルも増えてきています。

しかし遠方で結婚式を挙げている人が周りにいない状況では、気軽にアドバイスをもらうこともできないですよね。

遠方での結婚式場探しにおけるポイントを紹介したいと思います。

  • 家族も満足できる場所にある式場なのか
  • 近くに写真スポットが多い式場なのか
  • 見積もりを比較して信頼できる仲介会社を選択する

家族も満足できる場所にある式場なのか

国内リゾートや海外を検討しているのであれば、自分たちだけでなく家族も満足できるような場所を選ぶようにしましょう。

新郎新婦がどうしてもその場所に行きたいと考えていても、あまりに治安の悪い場所や移動距離が長くて飛行機の乗り継ぎが多いような場所にしてしまうと、家族の負担が大きくなってしまいますよね。

遠方でおこなう結婚式の場合は自分たちの意見だけでなく家族の意見も聞き入れるようにし、家族への負担も少ないような場所にある結婚式場を選択するようにしましょう。

近くに写真スポットが多い式場なのか

リゾート挙式を選択するのであれば、近くに写真スポットの多い式場を選びましょう。

リゾート地では1日中ウェディングドレスを着ながら写真スポットを巡り、撮影をするというケースが多いです。

そのため近くに写真スポットの多い式場を選ぶほうが、多くの思い出を写真に残すことができるのです。

式場の雰囲気だけで選ぶのではなく、式場の周りにはどんな観光スポットがあるのかも調べた上で式場を決定するようにしましょう。

リゾート地ならではの写真を多く残しておくと、地元で披露宴やパーティーをする時に活用することができますよ。

見積もりを比較して信頼できる仲介会社を選択する

遠方での結婚式を検討している場合は、旅行会社や結婚情報サイトなどを活用していきますよね。

実はリゾート挙式で注意しておかなければいけないことは、旅行会社などの仲介会社によって結婚式における費用が変わってきてしまう点なのです。

一般的な結婚式であれば式場と直接やりとりをすることができますが、遠方での結婚式ではほとんどが仲介会社を挟んでやりとりをすることになります。

式場と直接やりとりをすることが難しいため、どうしても仲介会社に式場とのやりとり全てをお任せすることになるのです。

そのため同じ結婚式場だとしても仲介会社によって費用が違うことは当然あります。

あまりにも安すぎてしまう仲介会社は信頼度に欠けてしまいますし、無事に結婚式を終えることができるのか不安になってしまいますよね。

遠方での結婚式を検討しているのであれば、仲介会社ごとの見積もりを確認し、内容の比較を必ずおこなうようにしましょう。

費用の安さだけで仲介会社を決めてしまうのではなく、安全面も考えて信頼できる仲介会社を選択することが、遠方での結婚式での重要なポイントになるのです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら