結婚式場の画像

結婚式を挙げたいが一体何から取り掛かればいいのかわからない、と最初の一歩に困っている人は多いのではないでしょうか。

結婚式についての知識がないため結婚式場を探せず、準備を進められないという人もいると思います。

このページでは、「後悔しない結婚式場の探し方」から「式場探しのコツ」まで紹介しています。

「こちら」

正しい結婚式場の探し方を学ぶことで、焦らず後悔しない選択ができます。

式場探しをはじめるのであれば、式場検索サイトを利用してブライダルフェアに参加しましょう。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

キャンペーン情報まとめ【商品券を最大限にゲットする裏技】

式場探しにおいて自分が当てはまるタイプは?簡単にできるYes/No診断

結婚式場探しをはじめる前に、今自分がどのような状況に置かれているのかをきちんと理解する必要があります。

下記の表を元に、自分はどのタイプに当てはまっているのか診断してみましょう。

結婚式場の探し方チャート

  • Aタイプ ウェディングデスクでプロに相談する
  • Bタイプ 正しい式場の探し方だったのか再度確認
  • Cタイプ 結婚式場のブライダルフェアに参加する

Aタイプ:ウェディングデスクでブライダルのプロに相談する

結婚式場のデスクの画像

Aタイプのあなたは結婚式場の探し方がわからないだけでなく、理想としている結婚式のイメージも明確になっていない、1から説明タイプになります。

1から説明タイプの人は結婚式場を手当たり次第探し始めるのではなく、ウェディングデスクのような場所に足を運んでブライダルのプロにサポートしてもらいましょう。

ウェディングデスクでプロに相談すると結婚式に関する疑問や不安を全て解決できるため、Aタイプの人にとってベストな結婚式場の探し方になります。

ハナユメのウエディングデスクってなに?

ウェディングデスクの中でも、一番親身になって相談に乗ってくれるのが式場検索サイトであるハナユメのウエディングデスクです。

ハナユメのウェディングデスクは納得できるまで何件も紹介してもらえますし、式場探しに必要な情報であればマイナスな部分も隠さずに説明してもらえます。

ブライダルフェアの参加後には見積書のチェックも依頼できるため、何も知識がない人にとってウェディングデスクのアドバイザーさんは頼れる先生のような存在になることは間違いありません。

管理人のハナユメウェディングデスク体験談」も合わせてご覧ください。

Bタイプ:正しい結婚式場探しができていたのかもう一度チェックする

結婚式場の画像

Bタイプのあなたは、結婚式場の候補はあるものの最終的な決定ができないあと一歩タイプになります。

Bタイプの人は結婚式場の探し方が正しかったのか不安が残っているため、最終的な決断ができていないのではないでしょうか。

そんな人は今読んでいるここのページを隅々までチェックし、正しい探し方のステップを踏めていたのか、失敗してしまうポイントに当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

「ポイント」

それでも最終的な決断が難しいのであれば、もう一度、候補の結婚式場のブライダルフェアに参加して不安を解消するのが大切です。

Cタイプ:結婚式場のブライダルフェアに参加する

結婚式場の画像

Cタイプのあなたは、結婚式場探しにおいてブライダルフェアの参加が足りていない見学不足タイプになります。

結婚式場探しにおいて3件以上のブライダルフェア参加は必須条件!

結婚式場の見学不足に陥ってしまうと、100%の安心・納得が得られずに式場をスムーズに選択できません。

ブライダルフェアの参加は、少なくとも3件以上が必須になると理解しておきましょう。

ブライダルフェアに参加するなら雑誌よりもネットがお得!

ゼクシィの画像

ブライダルフェアの参加件数だけでなく、予約方法でも後悔しないためには結婚情報誌よりも割引額が大きいネットの活用を見逃していてはいけません。

結婚情報誌とネットでは何が違うの?

結婚情報誌 ネット
料金 有料 無料
キャンペーン なし 商品券などがもらえる
持ち運びやすさ 重たい スマートフォンがあればOK
情報共有のしやすさ 紙媒体のため共有しにくい 簡単に保存・共有できる
結婚式場の探しやすさ ページ数が多いため探しにくい 検索昨日で簡単に探せる
上記の表を見るだけでわかるように、結婚情報誌を活用してブライダルフェアの予約をするよりも、ネットを活用するほうが簡単に結婚式場を探しだせるだけでなく、商品券などがゲットできてお得なのです。

見逃していては損をする!ハナユメを経由してダントツお得に!

ハナユメの画像

雑誌ではなくネットを活用することで簡単にブライダルフェアに参加できますが、数ある式場探しサイトの中でもハナユメを経由すると一層お得にブライダルフェアの申し込みができます。

ハナユメはイメージしている理想の結婚式場を雰囲気検索で簡単に探しだせるだけでなく、ブライダルフェアの参加後に簡単なアンケートに答えるだけで40,000円分の商品券をゲットできます。

さらにハナユメ独自の割引であるハナユメ割を適応させることで、結婚式の費用が最大50%割引されます。

ハナユメを経由するだけで結婚式場探しを簡単に進められるだけでなく、ダントツお得に申し込みができるため、結婚式場探しにおいてハナユメは見逃せません。

違う式場が良くみえる!隣の芝生が青く見える現象は本当?

結婚式場選びでは自分たちが納得できるまでブライダルフェアや式場見学に参加しておかないと、隣の芝生が青く見えてきてしまうものです。

結婚式場を決められないということは、式場見学の経験が浅いため他の式場と比較ができないことが関係しています。

満足できるほどの比較対象がないからこそ、ここの式場に決めた!と胸を張っていえる決定打を見つけられていない人がほとんどです。

初心者でも簡単にできる結婚式場探しのコツ〜3つのステップ〜

結婚式場の画像

結婚式場探しの中では、ネットを活用するのが一番だと理解していただけたでしょうか。

しかし、いくら簡単に活用できるネットであっても、手順をきちんと知っておかないとスムーズに結婚式場を探すことはできません。

初心者でも簡単にできる結婚式場探しのコツを、3つのステップで紹介していきたいと思います。

  • step1 結婚式を挙げる地域を決める
  • step2 式場探しサイトでイメージと擦り合せる
  • step3 現実的な式場のブライダルフェアを予約

ステップ1:結婚式を挙げる地域を決める

結婚式の画像

まずは、結婚式を挙げる地域を決めていきましょう。

新郎新婦の地元である東北・関東・東海・近畿・九州だけでなく国内リゾートウェディング海外リゾートウェディングなど、様々な選択肢があると思います。

先輩花嫁はどこで結婚式を挙げたの?国内or海外?

どこで結婚式を挙げたの?アンケート

マイナビウェディングのアンケート結果では、結婚式を挙げた人の約8割が新郎新婦の地元か今住んでいる地域にある結婚式場を選択しています。

しかし、海外を選択している人も決して少ないわけではありません。

パートナーと話し合い、お互いが納得できる場所を選択するのが大切なのです。

ステップ2:式場探しサイトでイメージと擦り合せる

披露宴会場の画像

結婚式を挙げる地域を決めたら、その地域にある結婚式場を一通り調べてみましょう。

自分たちの希望している範囲に何件ほどの結婚式場があるのかを把握し、その中のどの式場であれば理想に近づけるのかを見極めることが重要です。

式場検索サイトに記載してある情報と、自分たちの理想としているイメージを擦り合わせていくと、簡単に式場探しができるのでおすすめです。

式場の雰囲気やロケーションを優先して式場候補を挙げる

みんなのウェディングがおこなったアンケート調査では、「結婚式場を決定するとき、もっとも重視したポイントは何ですか」という問いに対して、約35%の人が会場の雰囲気、約20%の人がロケーションという回答になっていました。

結婚式場を決定するとき、もっとも重視したポイントは何ですか

データ元:https://www.mwed.jp/manuals/577/

式場検索サイトを活用して理想のイメージと擦り合わせていくのであれば、式場の雰囲気やロケーションを優先して意識すると後悔することはありません。

ステップ3:予算と照らし合わせて現実的な式場のブライダルフェアを予約

結婚式場の画像

式場の雰囲気やロケーションを意識して式場候補を挙げたら、最後は自分たちの予算と照らし合わせて現実的に実現できる式場のブライダルフェアを予約しましょう。

式場見学に参加することで式場の雰囲気や良さを実感できますし、実際にその式場で結婚式を挙げるイメージも湧きやすくなります。

式場探しサイトなどの写真と実際に目で見る印象では、だいぶ差があるケースも多いので候補に出した式場は全てブライダルフェアに参加しましょう。

8割の人がもっとブライファルフェアに参加しておけば良かったと後悔している

結婚式場探しにおいてブライダルフェアの参加は3件以上がベストだと言いましたが、実際には2〜3件程度しかブライダルフェアに参加していない人がほとんどです。

しかし2〜3件程度の見学で式場を決定してしまった人の中でも、約8割の人はもっと式場見学をしておけばよかったと後悔しています。

結婚式場探しで後悔したくないのであれば、最低でも3件以上のブライダルフェアに参加するように心がけましょう。

一番興味のある式場は一番最後に見学するのがコツ

結婚式場探しをするときの最後のコツは、ブライダルフェアの参加をする際に一番興味のある式場を一番最後に見学することになります。

まずはブライダルフェアに参加する式場候補を自分の中でランク付けし、一番興味のある式場や少し興味のある式場など簡単に分けましょう。

ゼクシィの画像

初めてブライダルフェアに参加するときにいきなり本命の式場に入ってしまうと、要領がわからずに情報を得る間もないままブライダルフェアを終えてしまうことが考えられます。

式場候補をランク付けしたら、ランクの低い式場からブライダルフェアに参加するのがベストです。

「こちら」

ブライダルフェアの参加を無駄なものにしてしまわないためにも、経験を積んでから本命の式場に足を運ぶのがコツになります。

ブライダルフェアの予約をするならハナユメが一番お得!

ハナユメの画像

ブライダルフェアの予約をするのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。

ハナユメを経由してブライダルフェアに参加すると、キャンペーンの参加で40,000円分の商品券がゲットできるだけでなく、「特別割引」の適応で結婚式の費用を最大50%割引できます。

結婚式には様々なスタイルがあることを知ると選択肢が広がる

結婚式場の画像

結婚式と聞くと挙式+披露宴の流れだけだと考えている人が多いと思いますが、最近は多種多様な結婚式スタイルが増えています。

先輩花嫁は自分たちの理想としている結婚式を実現するために、様々なスタイルを確立してきました。

結婚式場探しをするときは、はじめに結婚式のスタイルを決めておくとスムーズに候補を絞ることができます。

結婚式スタイル一覧と特徴まとめ

結婚式スタイル 特徴
ナイトウェディング 夕方以降の時間帯に挙げる結婚式、費用が安い傾向がある
大人ウェディング クラシカルで上品は結婚式、ゲストへのおもてなしを優先するスタイル
チャペルウェディング キリスト教のようなチャペルでおこなう結婚式
ガーデンウェディング 屋外の庭でおこなう結婚式、カジュアルで開放的な雰囲気になる
ナチュラルウェディング 緑を多く使用した結婚式、草木や花が中心の飾り付け
ペットウェディング ペットと共に挙げる結婚式、式場によってはNGなケースがある
和婚 神社などで神前式をおこなう結婚式、和装をしたいカップル向け
1.5次会 海外挙式後のお披露目会や堅苦しい挙式をしたくない人向け
家族挙式 家族だけの結婚式、友人や会社の人を招待しないスタイル
ナシ婚 結婚式を挙げない、入籍のみで済ませてしまうスタイル
上記の表以外にも人気のある結婚式スタイルは数多くあるので、自分たちの理想に近いものを見つけてみましょう。

結婚式場探しで失敗しないためのポイント

結婚式の画像

結婚式場探しをしていると、想像してもいなかった場面でつまずいてしまうケースもあります。

先輩花嫁たちが失敗してしまった経験をもとに、同じ失敗をしないようにポイントをおさえておきましょう。

  • パートナーとケンカをしない
  • 早めに式場探しをして準備期間に余裕を持つ
  • 両家の両親の意見を事前に確認しておく

パートナーとケンカをしない

結婚式の画像

結婚式場探しでよく陥ってしまうケースが、パートナーと意見が食い違って喧嘩に発展してしまうケースです。

結婚式は人生の中でも重要なイベントになるため、お互い譲れずに意見がぶつかり合って揉めてしまいます。

先輩花嫁の意見
式場探しの最中に彼と喧嘩になってしまい、式場探しが苦痛に感じた。

このような喧嘩をしないためには、事前にパートナーと細かく話し合っておくことが重要です。

パートナーと揉めて後悔するケースがあると理解し、喧嘩に発展する前に対処する心構えでいましょう。

早めに式場探しをして準備期間に余裕を持つ

結婚式の画像

結婚式場探しをはじめるのであれば、余裕を持って早めに行動に移すことが重要です。

先輩花嫁が結婚式場探しで後悔したケースの中には、準備期間が短すぎる点が多く挙げられています。

準備期間が短いと満足いくほどブライダルフェアへ参加できないため、納得できない結果になることも少なくありません。

結婚式場を決定するまでの時間は十分に確保しておくことが、結婚式場探しをする上で後悔してしまわないための鉄則なのです。

両家の両親の意見を事前に確認しておく

結婚式場の画像

結婚式場探しにおいて気をつけなければいけないのが、両家の両親の意見です。

せっかく結婚式場を決めたとしても、両家の両親に納得してもらえず式場を変更しなくてはいけないケースは決して少なくありません。

式場決定後にキャンセルすると、内金が返ってこなくなるなどのキャンセル料がかかります。

式場探しをスムーズに進めていくためにも、事前に両家の両親の意見は確認しておくようにしましょう。

式場探しで候補が絞れたら次は最終決定する式場を選ぼう

結婚式の画像

正しい結婚式場探しができたら、次は最終的な結婚式場選びがスタートします。

せっかく結婚式場探しで成功していても、最終的な結婚式場選びで間違えてしまっては元も子もありません。

次のステップである、最終決定する結婚式場の正しい選び方を紹介していくので、あらかじめマスターしておきましょう。

  • 自分たちの身の丈に合っている式場か
  • 両家の両親から同意を得られる式場か
  • 提示された見積りに納得できているか

自分たちの身の丈に合っている式場か

最終的な結婚式場選びにおいて、理想ばかりを追いかけていてはいけません。

挙式スタイルや予算、ゲストの人数などの現実的な部分に目を向けて、自分たちの身の丈に合った式場を選択することが前提になります。

「こちら」

式場の雰囲気やロケーションを第一にするのも大切ですが、最終決定する式場はその中でも無理のないレベルの式場を選択しましょう。

両家の両親から同意を得られる式場か

式場探しにおいて事前に両家の両親の意見を確認しておくことが大切だと言いましたが、最終的な契約を交わす前に、もう一度、両家の両親から同意を得ておきましょう。

結婚式に対する意向は確認しておいたとしても、最終的に選んだ結婚式場を必ず気に入ってもらえるとは限りません。

「こちら」

最終決定する前には、契約する旨を必ず伝えておきましょう。

提示された見積りに納得できているか

自分たちの身の丈に合っており、両家の両親からも同意を得られているのであれば、最終的に決定する式場の見積り内容をもう一度確認するようにしましょう。

結婚式は多額の費用が必要になってくるため、提示された見積書に少しでも不信感を抱くのであれば避けるべき式場になってきます。

同じ予算内の結婚式場だとしても、内容によっては費用がプラスになることもあるので見積りに納得できる式場を選ぶのがポイントです。

結婚式を挙げる式場の候補を絞る方法は、下記の記事でも詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

後悔しない結婚式場の選び方【失敗したくない人は必見!決め手ポイント】

結婚式場の選び方について徹底解説!式場選びで後悔や失敗をしない方法を紹介しています。式場選びを始める時期や場所、最終決定ができない優柔不断の人でも、この記事を読めばきっと運命の式場を決められます。海外や遠方、遠距離の人も要チェックです。

最高の結婚式場を探すのであればハナユメは見逃せない!

ハナユメの画像

結婚式場探しでは、誰もが最高の結婚式場を見つけ出したいと願っていると思います。

ハナユメ(式場検索サイト)であればブライダルフェアに参加してアンケートに答えるだけで40,000円分の商品券がゲットできるだけでなく、ハナユメ割で結婚式の費用を最大50%割引できます。

理想の結婚式場探しには、ハナユメの利用が一番なのではないでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる30,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「全員もらえる40,000円」+「抽選でもらえる60,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1