結婚式はなぜあんなに高額になるの?お金をかけるのはもったいない?

結婚式と聞いたとき、教会やドレスに憧れていたという意見とは違い、「もったいない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

たった1日で何百万もの大金を使っておこなう結婚式に、それほどの価値があるものなのかと思っている人もいると思います。

そのうえ最近では、入籍をした人の半数は結婚式をあげないナシ婚を選択していると言われています。

「こちら」

結婚式にお金をかけることが本当にもったいないことなのか、一緒に検討してみましょう。

結婚式はなんでそんなにも費用がかかるの?

チャペルの画像

そもそも、結婚式はなぜそんなにも多額の費用がかかってしまうのでしょうか。

結婚式の費用が高くなってしまうことには、いくつかの理由があるのです。

  • 冠婚葬祭に関するものは高い
  • 中間手数料(マージン)がかかっている
  • 式場との交渉ができていない
  • 一生に一度だから余分なオプションをつけてしまう

冠婚葬祭に関するものは高い

日本は昔からの風習として、冠婚葬祭に関するものにお金をかける傾向があります。

そのため、結婚式にお金をかけることは当たり前だと思われてきました。

しかし昔からの風習だと言っても、バブル時代に比べて今では平均年収が年々減少しています。

平均年収は毎年減少しているのにもかかわらず、結婚式の平均費用は毎年増加しているなんて、普通に考えてみてもおかしいと感じてしまいますよね。

しかし、一度考えてみてください。

比較対象にするべきではないと思うかもしれませんが、どれだけお金がかかるといってもお葬式は必ずおこないますよね。

冠婚葬祭として一括りにするのであれば、結婚式は人生の中でもとても大事なイベントだということを理解しておきましょう。

中間手数料(マージン)がかかっている

結婚式の費用が高くなってしまう理由の1つには、式場と提携しているショップを利用することで発生する、目にはみえない中間手数料が上乗せされているということです。

たしかに結婚式で使用する装花などは、花屋さんで見ている値段よりも数倍高くなっていることがほとんどです。

そのため結婚式には持ち込みをするという考え方がありますが、持ち込み料がかかってきてしまうため、結局マージン分の料金は式場に支払わなければいけなくなってしまうのです。

しかし最近では自社の式場を持たない、結婚式をプロデュースする会社などもあります。

結婚式のプロデュースをしている会社では自社で式場を経営しておらず、特定のショップとも提携をしていないためマージンを取るという考え方がありません。

結婚式にかかる費用を抑える方法は、知らないだけで実はたくさんあるのです。

式場との交渉ができていない

ほとんどの人は値下げの交渉ができることを知らずに、提示された見積もりの金額をそのまま鵜呑みにしてしまいます。

結婚式という初めてのイベントに対して下調べを全くしないまま、式場と契約を交わしてしまう人がとても多いのです。

多くの人が契約をしてしまってから交渉できることを知り試みますが、ほとんどの式場が拒否をします。

なぜなら契約をした時点で、見積もり内容に同意をしたと判断されてしまうからです。

そのため式場との値下げ交渉ができず、多額の費用を支払わなくてはいけなくなってしまうのです。

一生に一度だから余分なオプションをつけてしまう

結婚式の費用が高くなってしまう一番の理由は、「結婚式は一生に一度だから」という決まり文句です。

結婚式は一生に一度だからこそ良いものを選択しましょう、少し豪華にしましょう、という式場からの言葉を真に受け、ほとんどの人はあれもこれもと追加をしてしまうのです。

しかし、無理をしてまで結婚式に力を入れる必要はありません。

自分に必要ないと感じるものは削ってしまっても問題ないのです。

自分のために人が集まってくれる機会は結婚式のみ

結婚式場の画像

これまで結婚式はいかに費用が高いのかという説明をしてきましたが、結婚式にお金をかけるのがもったいないと思ってしまうこと自体が、もったいないと感じてしまうこともあります。

結婚式は自分のために多くの人が集まってくれるイベントです。

よく、自分のために人が集まる機会は人生で3回しかないと言われています。

自分が誕生した時、結婚した時、死んだ時、の3回です。

しかしこの3回の中で自分の記憶に残るのは結婚式しかないことに、気がついていただけたでしょうか。

自分のためだけに遠くから多くの人が集まってもらう機会は、結婚式を逃してしまうと後にも先にもないのです。

お金は働けばまた1から貯めることができますよね。

しかし結婚式はタイミングを逃してしまうと、一生経験できないまま終わってしまいます。

「ポイント」

結婚式にかけるお金がもったいないという気持ちもわかりますが、大きな機会を逃してしまうことも、もったいないということを理解しておきましょう。

費用が高いものだけが結婚式とは言わない

結婚式にかかる費用がもったいないと感じている人の多くは、何百万もの結婚式を想像していると思います。

しかし、費用が高いものだけが結婚式とはいいません。

何十万でおこなう家族だけの結婚式や、2人だけでおこなう結婚式でも立派な結婚式になります。

何百万もかける結婚式だけだと考えてしまうのはやめましょう。

ナシ婚を選ぶ前にダケ婚を視野に入れてみて

多額の費用をかけるものだけが結婚式なわけではないと説明をしましたが、最近では自己資金数万円でも結婚式を挙げることは可能です。

そのため結婚式の費用がもったいないからという理由だけでナシ婚を選択してしまうのは、逆にもったいないのです。

挙式だけにすれば費用は大幅に抑えられる

結婚式の中でも「挙式だけ」などのダケ婚を選択すると、費用を大幅におさえることができます。

結婚式といえば挙式と披露宴の両方をおこなうものだなんて決まりはありません。

挙式だけであればたった数万円でもおこなうことができるのです。

そのうえ親族や家族、友人を招待することもできますし、夫婦になったケジメをつけることもできます。

意外にも安く結婚式を挙げることは可能なのに、結婚式について詳しく調べないままナシ婚を選択してしまうのは、あまりにももったいないのです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら