マタニティウェディングの画像

「ムダ毛を処理して、ウエディングドレスを綺麗に着たい」

花嫁なら、誰しも思うことですよね。

徹底的にキレイにするために、結婚式前に脱毛をおこなう人も少なくありません。

しかし妊娠中となると、ムダ毛の処理一つとっても、注意することがたくさんあります。

このページでは、「胎児に負担をかけずに脱毛できるのか」から「妊婦のムダ毛を処理するベストな方法」について紹介していきます。

「こちら」

お腹の赤ちゃんを優先しつつ、キレイな花嫁姿で結婚式を迎えましょう。

妊娠中に脱毛をしても大丈夫?脱毛器によって胎児に影響はある?

脱毛の画像

妊娠中はホルモンバランスの変化から、体毛が濃くなるのが一般的です。

「妊娠したら、ムダ毛がたくさん生えてきてしまった」と、結婚式前に焦っている人も多いのではないでしょうか。

マタニティウェディングを控えている花嫁の一番の大敵は、ムダ毛と言ってもいいかもしれませんね。

しかし、妊娠中の脱毛はNGです。

今までに脱毛を受けたことがある人も、妊娠したら一旦お休みしましょう。

なぜ妊娠中に脱毛をしてはいけないのか、具体的に理由を解説していきますので参考にしてください。

妊娠中の脱毛がダメな理由は十分な効果を得られないため

妊娠中の脱毛がNGと聞いて、「やっぱりお腹の赤ちゃんに悪影響があるんだ」と思った人も多いと思います。

妊娠中は放射線やX線を浴びてはいけない、と言われているのと同じように、脱毛器による光(フラッシュ)は胎児に影響がありそうですよね。

しかし、光脱毛のフラッシュが子宮内部まで届くことはありません。

日本医学脱毛協会のホームページにも、以下のように記載されています。

Q、妊娠に気づくまでに、レーザーをあててしまっても大丈夫ですか?
A、体の中まで影響を与えることはないので大丈夫です。 ただ、妊娠中は精神的にも不安定な状態であり、痛みに対するストレスで体に負担がかかるとも限りませんので、あまりおすすめしていません。出産後落ち着いたら、また始められます。

妊婦が脱毛をしてはいけないのは、胎児に影響があるからではなく、不安定な状態のために肌荒れなどのトラブルが起きやすくなったり、痛みを強く感じたりするからです。

また妊娠中は、脱毛によって体毛が太くなる多毛症になりやすいため、期待している効果を得られないというリスクもあります。

妊娠初期から中期に移り、つわりがおさまって「体調的にいけそう」と思っても、脱毛はするべきではないでしょう。

「新婦」

せっかくお金をかけて脱毛しても、肌荒れしたり、逆に毛が濃くなったりする可能性があるなんて怖いですよね。

そもそも妊娠中に対応してくれる脱毛サロンや医療クリニックはない

脱毛サロンの画像

妊娠中は脱毛を控えたほうが良いと説明しましたが、そもそも対応してくれるお店がないため、施術を受けることはできません。

脱毛サロンで最も有名なミュゼのホームページにも、以下のように記載されています。

Q、妊娠・授乳中はお手入れはできますか?
A、お手入れをお休みしていただいています。出産・授乳を終え、生理が2~3回以上きてからお手入れが可能となります。休会制度もありますので、お客さま相談ダイヤル0570-007-830または、お問い合わせフォームよりご連絡ください。※妊娠・授乳中のご契約はお断りさせていただいています。

妊娠中の脱毛はミュゼ以外のサロンはもちろん、皮膚科である医療クリニックでも対応してもらうことはできません。

妊娠中の脱毛
キレイモ ×
リンリン ×
TBC ×
シースリー ×
エピレ ×
銀座カラー ×
脱毛ラボ ×
湘南美容外科(SBC) ×
アリシアクリニック ×

それだけ妊娠中の脱毛にはリスクがあるということです。

では、マタニティウェディングではムダ毛を諦めなければならないのかというと、そうではありません。

脱毛以外の、肌に負担をかけない方法でムダ毛を処理できますので安心してください。

マタニティウェディング前にムダ毛を処理したい!どんな方法ならOK?

新婦の画像

妊婦とはいえ、ウエディングドレスから露出する背中や脇、腕、うなじ、顔などはキレイにしておきたいですよね。

胎児に影響を与えることなく、自分自身の体にもやさしいムダ毛の処理方法について紹介していきます。

  • ブライダルエステでシェービングしてもらう
  • プロにブラジリアンワックスで処理してもらう
  • 自宅で電気シェーバーを使って自己処理する

ブライダルエステでシェービングしてもらう

ブライダルエステがおこなっているシェービングサービスなら、妊娠中でも対応してもらうことができます。

サロンによってはマタニティ専用コースがあらかじめ用意されていることも多く、安心して施術を受けられます。

費用については2〜3万円と少し高いですが、妊婦のお肌をいたわりながらも、キレイに仕上げてくれるのでおすすめです。

ソフトシェービングコースを選ぶとさらに安心

ブライダルシェービングには、カミソリを直接肌に当てる本格シェービングと、産毛トリマーなどを使って肌への負担を減らすソフトシェービングの2種類あります。

肌が強いという人も、肌荒れを起こしやすい妊娠中は、ソフトシェービングにしておいたほうが良いでしょう。

普段は問題なくても、敏感になっている妊娠中は思わぬ肌トラブルを引き起こします。

どちらにせよ、しっかりとカウンセリングしてもらったうえで施術を受けてください。

ブライダルシェービングについては、下記の記事でも詳しく紹介しています。

ブライダルシェービングはいつ受ける?前日でも肌荒れしないサロンはあるの?

結婚式前のブライダルシェービングはいつ受けるのがベストなのか、について紹介しています。ブライダルシェービングは自分でもできるのか、肌荒れしてしまったときはどうすればいいのかなど。メリットやデメリットと合わせて紹介しています。結婚式を綺麗な姿で迎えるためには、シェービングを選択するべきなのでしょうか。

3,457view

プロにブラジリアンワックスで処理してもらう

ブラジリアンワックスは、妊娠中でもできるムダ毛処理法です。

【ブラジリアンワックスとは】

はちみつなどを原料にした脱毛ワックスを処理したい部分に塗布し、上からシールを貼ってムダ毛を引き抜く方法

ムダ毛を引き抜くなんて、肌荒れを起こしやすそうで心配ですよね。

しかし安定期に入っていれば、妊婦でもブラジリアンワックスによるムダ毛処理は可能です。

むしろサロンによっては、ムレやかゆみを抑えるために、妊娠中の施術を勧めているブラジリアンワックス専門店もあります。

ツルツルの状態を長く維持できるので、挙式日より多少早めに施術を受けられるのも、忙しい花嫁にとって嬉しいポイント。

注意点

ブラジリアンワックスなら痛みや赤みなどの肌トラブルが起きない、というわけではありません。

体調をみながら施術をおこなう必要があります。

ブラジリアンワックスについては、下記の記事でも紹介しているので合わせてご覧ください。

結婚式前にブラジリアンワックスでセルフ脱毛!痛みや肌荒れで後悔しない?

結婚式前にブラジリアンワックスでムダ毛を自己処理する方法とは。セルフ脱毛は痛みや肌荒れで後悔しないのか、メリットやデメリットなども合わせて紹介しています。ブラジリアンワックスの使い方や効果を得られやすいコツなどもチェックしておきましょう。

3,562view

自宅で電気シェーバーを使って自己処理する

ムダ毛を自己処理するなら、電気シェーバーを使いましょう。

普段カミソリを使っている人も多いと思いますが、肌へのダメージが大きいため、おすすめしません。

肌が敏感になっている妊娠中は、カミソリ負けや赤くポツポツとしたできもの(毛嚢炎)ができやすくなるからです。

もちろん、毛抜きを使ってムダ毛を抜くのもNG。

誤って肌を傷つけてしまう可能性もありますので、使い慣れていたとしても、電気シェーバーを使うのがベターです。

背中やうなじは旦那さんや母親に手伝ってもらい、さらに挙式当日もシェーバーを持参しておくと、万が一剃り残しがあっても対応できます。

結婚式前のムダ毛は電気シェーバーで自己処理する?失敗しないために…

結婚式前にムダ毛を自己処理するときは電気シェーバーがベスト?結婚式前に買い換えるならおすすめの電気シェーバーはどれ?電気シェーバーのメリットやデメリットも合わせて紹介しています。ブライダルシェービングや脱毛サロンに通うよりも自己処理のがお得なのか、徹底解説!

6,116view

除毛クリームやケノンでの自己処理はやめておくのがベター

普段のムダ毛処理で、除毛クリームやケノンを使っている人もいると思います。

今までに肌荒れしたことがないからと安易に使ってしまうと、トラブルの原因になりますので注意してください。

除毛クリームの「使用上の注意」でも、妊娠中は使用してはいけないことが記載してあります。

皮膚疾患の治療中、アレルギー体質、生理中やその前後、妊娠中や産前産後、病中病後の方は使用しないでください。

ケノンは脱毛サロンで当てる光照射と同じですので、上述したように、多毛症などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

結婚式前に妊娠中の人がムダ毛処理をするときの注意ポイント

マタニティウェディングのためにムダ毛処理をするといっても、お腹の赤ちゃんはもちろん、母体に負担をかけないことが大前提ですよね。

体に負担をかけて体調を崩してしまえば、結婚式どころではなくなってしまいます。

妊娠中であることを強く意識し、必ず以下の点に気をつけてムダ毛処理をおこなってください。

  • お腹に負担がかかる体勢をしない
  • 体を冷やさない
  • アフターケアを徹底する

お腹に負担がかかる体勢をしない

胎児や母体に負担がかかる、無理な体勢でムダ毛処理をおこなうのはやめましょう。

これはエステサロンで施術を受ける場合も、自宅で処理する場合も同じです。

  • エステサロンであれば、エステティシャンに相談する。我慢しない。
  • セルフ処理であれば、休憩を挟みながらラクな体勢で処理する。

無理な体勢でのムダ毛処理は、お腹が張る要因になります。

体を冷やさない

妊娠中の体を冷やす行為は、絶対にNGです。

体を冷やしてしまうと、お腹の張りや足のむくみ、腰痛、便秘になりやすくなるなどの支障があります。

エステサロンで施術を受けるときは、室内温度を高めに設定してもらい、少しでも寒いと感じたら相談するようにしてください。

セルフ処理の場合は、お風呂場などは避け、暖かい部屋でムダ毛処理をおこないましょう。

また処理したい部位だけを露出するようにし、できるだけ体を冷やさないように配慮することも大切です。

アフターケアを徹底する

シェーバーやブラジリアンワックスを利用すると、肌は少なからずダメージを受けます。

とくに肌が敏感になる妊娠中は、普段以上にアフターケアを徹底する必要があります。

化粧水や乳液、ボディクリームを使って、こまめに保湿するように心がけましょう。

妊娠中はネイルやマツエクも病院で許可を取るのがベスト

妊娠中はブライダルネイルやマツエクについても、注意しながらおこなう必要があります。

緊急事態に陥った場合に、ネイルがしてあると爪の色が見れない、マツエクが影になって顔色が判断できないなどの理由から、ネイルやマツエクを禁止している病院もあるからです。

かかりつけの産婦人科に確認し、許可をとってからサロンを予約しましょう。

許可がもらえなければ、ネイルはすぐに剥がせるチップやマニキュアに変更する、マツエクはつけまつげにするなどの対応をとることになります。

お腹の赤ちゃんのことを考えて無理をしないのが一番

結婚式が控えていると、ついつい美容ケアに執着してしまいがちです。

しかしマタニティウェディングでは、お腹の赤ちゃんと上手に付き合いつつ、花嫁の仕上げをおこなっていくことが大切です。

無理のない範囲で美容ケアをおこない、時には諦めることも必要になると理解しておきましょう。

どうしても花嫁姿に妥協したくない人は、出産後に延期することを視野にいれても良いかもしれませんね。

産後に結婚式を挙げるならいつがベスト?おすすめの時期は?

産後に結婚式を挙げるパパママ婚について紹介しています。子供と一緒に結婚式を挙げるファミリーウェディングは、本当にゲストに迷惑だと思われるのでしょうか。メリットやデメリットから気をつけるべきポイントまで徹底的に解説しています。

5,653view