ブライダルローンって後悔するの?利用するメリットやデメリットは?

結婚式の費用について考えていると、ブライダルローンの存在を知る人も多いのではないでしょうか。

結婚式にかける費用が最終的に予算を大幅に上回ってしまった、結婚式に費用をかけすぎてしまい新居への引っ越し資金が足りなくなってしまったなど、新生活に向けて様々なトラブルが起きてしまうことは考えられます。

そのうえ貯金が減ってしまうことに不安を感じている人や、両親の支援を受けたくない人などもいるのではないでしょうか。

しかし、本当にブライダルローンを借りる手段しかないのでしょうか。

「ポイント」

結婚資金について悩んでいる人のために、ブライダルローンについて詳しく説明していきたいと思います。

ブライダルローンってなに?

結婚式場の画像

ブライダルローンとは挙式や披露宴にかかる費用だけでなく、結婚指輪の購入やハネムーンにかかる費用、新居への引っ越しなどを目的とした結婚に関する費用を貸し付けするローンサービスのことです。

いわゆる、借金になってしまいます。

たしかに結婚前後は、人生の中で最もお金を使う時期だと言われています。

人生で一度きりの結婚式で妥協をしたくない人にとっては、ローンを組んででも結婚式を挙げる価値はあると思います。

しかし、よく考えてみてください。

ブライダルローンは住宅ローンやマイカーローンと同じように結婚に関わる費用を分割して支払っていくことになるため、ハードルは低いと考えてしまいがちです。

とはいえ住宅ローンやマイカーローンであれば最悪の場合、家を売ったり車を売ったりしてある程度返済することはできますよね。

しかしブライダルローンは結婚式が終わった後、最悪の場合お金に変えることができるものが残りません。

そのうえ結婚をすれば、新生活が始まります。

出産やマイホームの購入、自動車の乗り換えなどでお金がかかる要素は増えていくのです。

「ポイント」

そのためブライダルローンを選択してしまう前に、もう一度考え直してみるのがいいのではないでしょうか。

ブライダルローンを利用するメリットとデメリット

ブライダルローンを利用するメリットとデメリット

ブライダルローンはリスクが高いと説明してきましたが、利用したほうがメリットがあるケースもあります。

そのためブライダルローンのメリットやデメリットを把握した上で、自分たちは利用しても問題ないのか判断する必要があります。

ブライダルローンを利用するメリット

ブライダルローンのメリットは、結婚に対する自由度が高まる点です。

費用に縛られることなく、理想としている結婚式や新婚生活を送ることができます。

  • 前払いしか受け付けていない式場でも問題ない
  • 急な出費にも対応できる
  • フリーローンよりも低金利

結婚式場は費用を全額前払いにしているところも多いですが、ブライダルローンではご祝儀での支払いができない点もカバーすることができます。

そのうえ新居への引っ越しなどで急な出費が重なった時でも、心配することなく対応することができます。

ブライダルローンはフリーローンよりも低金利なため、比較的、返済しやすい点もメリットです。

なによりも費用の問題で、一生に一度の結婚に関するイベントを妥協する必要がないのです。

ブライダルローンを利用するデメリット

ブライダルローンを組んで結婚式などをおこなうときは、少なからずデメリットもあります。

  • 借金をしているという精神的なプレッシャー
  • 審査が通らない可能性がある
  • すぐに利用することができない可能性がある

ブライダルローンに頼って結婚式場の契約を交わしたりしていても、審査が通らなかったりすぐに利用できないことも考えられます。

いざという時に手元にお金がなくて困ってしまう、なんて事態に陥ってしまっては新生活のスタートも不安になってしまいますよね。

そのうえブライダルローンの支払いが残っていてはマイホームの住宅ローンなどの審査が通らないケースもあります。

一時の判断ミスで、結婚生活が苦しいものになってしまう可能性も少なくないのです。

ブライダルローンを借りる前にもう一度結婚式の内容を確認する

ブライダルローンを借りる前にもう一度結婚式の内容を確認する

結婚式を挙げたいからブライダルローンを組むという選択が間違っているとは思いませんが、結婚式に対する知識がないままでは正しいとは思いません。

結婚式について詳しく調べた上でどうすることもできないと感じたとき、最後の手段としてブライダルローンを選択するようにしましょう。

  • 少人数結婚式や会費制結婚式にすることはできないのか
  • 結婚式の見積りで節約できるところはないのか
  • パートナーや両親ともう一度話し合う

少人数結婚式や会費制結婚式にすることはできないのか

まずは、結婚式自体の内容を見直すようにしましょう。

本当に自分たちの身の丈に合っている結婚式なのか、自分たちにとって無理な内容になっていないか、きちんと考え直すことが重要です。

最近の結婚式では家族や親族のみでおこなう少人数結婚式や、会費でおこなう会費制の結婚式も主流になってきています。

そのためゲストをたくさん招待して挙げるものだけが、正式な結婚式というわけではないのです。

豪華な結婚式を挙げることで、その後の結婚生活が苦しいものになってしまっては本末転倒ですし、結婚式はすぐに挙げなければいけないというものでもありません。

豪華な結婚式にばかり執着するのではなく、きちんと自分たちに合った結婚式を選択するようにしましょう。

結婚式の見積りで節約できるところはないのか

結婚式を挙げるときは、自分たちが思っているよりも節約することができます。

もちろん結婚式に対する知識がないと節約するポイントや限度というものがわからないため、あらかじめ結婚式に関して学んでおかなければいけません。

しかし結婚式に対する知識をつけることは大切なことであり、無駄なことにはなりません。

賢く結婚式を挙げるためにも節約できるポイントは節約し、最小限の自己負担になるようにしましょう。

結婚式での節約については、「結婚式の費用を節約するポイント【ケチって後悔しない節約術】」の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

パートナーや両親ともう一度話し合う

ブライダルローンを選択してしまう前に、もう一度パートナーや両親と話し合うようにしましょう。

パートナーと話し合うことで結婚式の内容を見直すようになるかもしれないですし、妥協できるポイントが見つかるかもしれません。

そのうえ両親に相談をすれば、支援を申し出てくれる可能性もあります。

両親の支援を受けたくないと考えていても、現実的に利息などかかからない両親にお願いすることは最善の策でもあるのです。

簡単にブライダルローンを選択してしまうのではなく、自分たちなりに検討してから判断するようにしましょう。

ブライダルローンを利用するならハナユメの後払いサービスがおすすめ

ハナユメ後払いサービスの画像

自分たちで何度も考え、最終的にどうしてもブライダルローンを利用しなくてはいけなくなってしまうのであれば、ハナユメの後払いサービスを利用するようにしましょう。

ハナユメのウェディングデスクに来店しハナユメの後払いサービスを適応させると、クレジット払いのできる結婚式場において後払い清算ができるようになります。

そのうえ結婚式後に全額繰り上げ返済をする時は、手数料が無料になるのです。

このようにご祝儀で返済する分をハナユメの後払いサービスでカバーすると、新郎新婦の負担を減らすことができます。

ウェディングデスクの予約はハナユメのホームページからすることができるので、一度ハナユメのウェディングデスクに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら