和婚の画像

日本の伝統的な衣装を身につけておこなう和婚という挙式スタイルが、徐々に注目を集めています。

このページでは、「和装婚の花嫁衣装の種類と特徴」から「和婚にかかる費用の相場」まで紹介しています。

「こちら」

ウェディングドレスの花嫁も素敵だけど、白無垢姿の花嫁にも憧れますよね。

そもそも和婚ってなに?

和婚の画像

和婚とは、和のテイストを取り入れたウェディングスタイルの総称です。

神社やお寺でおこなう伝統的な結婚式のことはもちろん、衣装を和装にすることや料亭などで懐石料理をふるまうレストランウェディングも和婚に当てはまります。

結婚式に昔ながらの要素を取り入れると年配の親族やゲストに喜んでもらえることもあり、近ごろ和婚を選ぶカップルが増えています。

和婚には特に決まったルールがあるわけではないので、結婚式のスタイルで迷ったら和風と洋風の良い部分をバランス良く取り入れたらいいのではないでしょうか。

和婚でおこなう3つの挙式スタイル

和婚の画像

和婚での結婚式には、神前式、仏前式、人前式の3つのスタイルがあります。

神前式は神社、仏前式はお寺でおこなう宗教式であるのに対し、人前式は参列者に結婚を誓う自由な挙式スタイルという特徴の違いがあります。

それぞれの挙式について解説しますので、和婚を検討している人は参考にしてください。

神前式

神前式とは、その名の通り神様の前で二人の結婚を報告するスタイルです。

和装挙式でもっとも人気がある神前式は、100年ほど前の皇室の結婚式が元になって、現在の挙式スタイルが定着しました。

通常は神社などの神前でおこなわれますが、ホテルや専門式場などでも神前式を挙げられる会場が増えています。

神前式に必要な費用や披露宴の流れについては、下記の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

神社で結婚式をする神前式!費用の相場や挙式披露宴の流れを徹底解説

神社でおこなう神前式の特徴は?神社で結婚式をするメリットとデメリットを知っておこう。神前式の費用の相場を解説!神社結婚式の服装(婚礼衣装)について。神前式後の披露宴の流れはどうする?伊勢神宮に厳島神社などランキングトップ3の神社で結婚式はできる?

仏前式

仏前式とは、仏教の教えに基づいて仏様や祖先に結婚を報告する挙式スタイルのことです。

仏教には一度結ばれた二人は来世でも縁が結ばれるという教えがあり、新郎新婦は現世と来世での契りを誓います。

宗派によって儀式のおこない方は様々ですが、どの宗派も数珠を使用するという特徴があります。

仏前式はあまり一般的な挙式スタイルではないため、式場によっては対応してもらえない場合があるので、事前に確認したほうがいいでしょう。

人前式 

人前式とは、神様や仏様のかわりに参列者に結婚の証人になってもらう挙式スタイルです。

宗教や格式を気にする必要がなく、挙式をおこなう場所や進行、演出なども自由に決めることができます。

「和装で挙式したいけど神前式ほど本格的にはやりたくない」というカップルが増えていることから、最近では和装の人前式が人気を集めています。

和装人前式がブーム?チャペルで人前式をしてもいいの?

和婚の画像

前述のとおり、若い世代を中心に和装人前式がブームになっています。

特に最近注目を集めているのが、和装の新郎新婦がチャペルで人前式をおこなうスタイルです。

人前式なら和装で洋髪(ドレスに合う洋風の髪型)にしたり、ブーケを持つことも可能です。

式場によってはチャペルの装飾を日本風にアレンジしてくれるので、和婚と洋婚の両方を取り入れたいなら和装人前式がおすすめです。

「新婦」

和装人前式ができる式場については、ブライダルフェアや式場見学に参加して確認してみましょう。

和装婚の挙式の流れは?マナーや所作で気をつけるポイントと解説

和婚の画像

日本の伝統的な雰囲気の中でおこなう和装婚に憧れているものの、挙式中の立ち振る舞いやマナーが分からなくて不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

和装でおこなう結婚式の中でもっとも一般的な神前式の挙式の流れと、注意すべきポイントを紹介します。

神前式でおこなわれる儀式は専門用語が多いので、カッコ内の解説を参考にしてください。

  • 1.参進の儀(神殿へ向かう花嫁行列)
  • 2.入場
  • 3.修祓の儀(挙式前のお祓い)
  • 4.祝詞奏上(斎主が神に報告する祝詞を読む)
  • 5.三献の儀(新郎新婦が三三九度の盃を飲み交わす)
  • 6.神楽奉納(巫女が神楽に合わせて舞を奉納)
  • 7.誓詞奏上(新郎新婦の誓いの言葉)
  • 8.玉串奉奠(玉串を神前に捧げて二礼二拍手一礼)
  • 9.指輪の交換
  • 10.親族杯の儀(新郎新婦と参列者がお神酒を3口で飲む)
  • 11.斎主挨拶
  • 12.退場

神前式での所作やマナーについては、巫女や介添えスタッフが手厚くフォローしてくれるので指示通りおこなえば失敗することはないでしょう。

畳の縁を踏むのは禁物ですので、挙式中も意識して踏まないように気をつけてください。

ただし神前式では、神様がいる神殿で挙式中に写真撮影をするのは禁止されています。

和装婚での花嫁衣装はどんな種類があるの?

和装ドレスの画像

和装婚での花嫁衣装というと、真っ白の着物に身を包んだ花嫁さんをイメージする人が多いのではないでしょうか。

日本における伝統的な花嫁衣装には、大きく分けて3つの種類があります。

いずれも日本古来から続く伝統的な花嫁衣装で、これから嫁ぐ花嫁に向けた大切な意味が込められています。

和装での花嫁衣装ついて詳しく紹介しますので、花嫁衣装の持つ意味を知った上で衣装選びをするようにしましょう。

白無垢(しろむく)

白無垢とは、和装の婚礼衣装の中でもっとも格が高いと言われています。

白い衣装は「花嫁の無垢な純真さ」を表し、帯や小物類も全て白で統一して綿帽子か角隠しをつけるのが一般的です。

日本では室町時代末期から白は神聖な色とされ、儀式などで用いられてきました。

白い花嫁衣装には「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味も込められています。

花嫁が着る白無垢は、もともと神前式でのみ着用する衣装でしたが、現在では神社だけでなくお寺での仏前式やチャペルでも着ることが可能です。

色打掛(いろうちかけ)

色打掛とは、着物の上にもう一枚羽織るスタイルの花嫁衣装のことで、和装では白無垢と同様に最高位とされています。

打掛は小袖の上にもう一枚着る羽織りもので、白無垢が真っ白の打掛を羽織るのに対して、色打掛は色鮮やかな衣を羽織ります。

挙式は白無垢、披露宴は色打掛を身につけるのが一般的ですが、どちらも和装の最高位なので挙式で色打掛を着ることも可能です。

白無垢から赤い色打掛に着替える風習については、死者の色でもある白無垢を着て一度死んだことを表し、生まれ変わりの意味を持つ赤い色打掛を着て「嫁ぎ先で新たに生きる」ことを表現しています。

引き振袖(ひきふりそで)

引き振袖は丈を調整するおはしょりを作らず裾を引きずるように着用する衣装で、お引きずりとも呼ばれています。

振袖は未婚女性の正礼装とされていて、もともと引き振袖は江戸時代に武家の婚礼で用いられていた衣装です。

引き振袖は一番上に羽織りものを着ないため、白無垢や色打掛と比べると身軽に着こなすことができます。

挙式では「黒引き」と呼ばれる黒地の引き振袖を着用するのが一般的です。

黒引きには「嫁いだら他の色には染まらない」という意味が込められています。

お色直しはカラードレス派?和装派?

和婚の画像

結婚式では、ウェディングドレスと着物を両方着たいと考えている人も多いのではないでしょうか。

和洋の衣装を両方取り入れるなら、和装で挙式をおこなって披露宴でドレスを着るというパターンが最も一般的です。

しかし近頃では、ドレスから着物にお色直しをする花嫁さんが増えています。

純白のウェディングドレスから艶やかな和装にお色直しすることで、会場の空気も大きく変わってゲストにも喜んでもらえるでしょう。

着物のお色直しは時間がかかる!必要な時間の目安

披露宴で和装を取り入れたいけど、お色直しに時間がかかってしまうことを心配している人もいるのではないでしょうか。

もしドレスから和装にお色直しをする場合、所要時間は最低でも30分~40分になります。

ゲストを長時間待たせてしまうのは失礼ですから、お色直しの時間は二人のプロフィールムービーを流すなど観客に楽しんでもらえる演出を取り入れる工夫をしましょう。

和装婚で着物に合わせる小物はどんなものがあるの?

和婚の画像

和装の花嫁衣装には、必需品と呼ばれる5つの小物があるのをご存じでしょうか。

ウェディングドレスに合わせる小物やアクセサリーと違って、着物に合わせる小物のイメージは浮かばないですよね。

和装の結婚式に欠かせない5つのアイテムである懐剣、末広、筥迫、抱帯、帯締め・帯揚げについて解説します。

懐剣(かいけん)

懐剣とは、名前のとおり着物の懐に入れておく短剣のことです。

元々は武家の子女が護身用に携帯していたもので、邪悪なものを遠ざける魔除けの効果と、自分の身は自分で守るという妻の覚悟を表しています。

末広(すえひろ)

末広とは、花嫁が持つ扇子のことで「末広がりの幸せ」という意味が込められています。

扇子を広げると一面が銀色、もう逆の面は金色になっているのが特徴です。

なお末広は儀式用の扇子のため、開いて扇ぐのはマナー違反とされるので注意してください。

筥迫(はこせこ)

筥迫は、江戸時代の女性が化粧道具や懐紙などを持ち運ぶときに使っていた入れ物で、今で言う化粧ポーチです。

着物の胸元に差し込む筥迫は、花嫁が「いつまでも美しくあるように」という意味が込められています。

また一説では、「夫以外の男性に染まらない」という女性の強い意志を表しているとも言われています。

抱帯(かかえおび)

抱帯とは、打掛を着たときに帯の下の位置に結ぶ細い帯のことを指します。

掛下帯の上もしくは丸帯の上に、蝶々結びにするのが一般的です。

もともと抱帯は長い裾をたくし上げて押さえるために巻かれた帯ですが、現在では花嫁衣裳のみに用いられています。

帯締め・帯揚げ(おびじめ・おびあげ)

帯締めは帯を固定するための紐を指し、結婚式では「丸ぐけ」という綿が詰められたものが用いられます。

帯揚げと呼ばれる帯の上辺を飾る布のことで、帯締めと色味を合わせるとバランス良くまとまるでしょう。

なお白無垢には必ず白い帯揚げを合わせます。

和婚にかかる費用の相場は?節約するコツはあるの?

和婚の画像

神社で神前式を挙げるときの費用の相場は、招待人数や演出次第なので一概には言えませんが、平均招待人数である70人規模で挙式・披露宴をする場合は約220万円です。

神前式で執りおこなわれる儀式によって金額が変わりますが、花嫁行列や巫女の舞の際に演奏される雅楽などはオプション料金となります。

和婚の費用を節約したいと考えているなら、必要最低限の儀式だけを取り入れることが重要です。

オプション料金がかかる儀式をできるだけ省略することで費用節約になりますので、儀式にかかる費用の詳細については式場に問い合わせてみましょう。

着物をレンタルするときの費用は?どこで借りればいいの?

和装婚で着用する花嫁衣装の相場は、白無垢をレンタルする場合17万円になります。

なお、結婚式で着用する衣装を手配する方法はレンタルが主流です。

ウェディングドレスやカラードレスを購入する人が多いのに対し、白無垢などの花嫁衣装はかなり高額になるためレンタルが大半を占めています。

「こちら」

和装の花嫁衣装をレンタルする挙式・披露宴会場か、式場と提携しているレンタルショップで借りることができます。

和装花嫁のヘアスタイルは?基本の5スタイルを解説!

和婚の画像

艶やかな和装の花嫁衣装に身を包んだら、衣装に合ったヘアスタイルを取り入れたいですよね。

和装の結婚式で取り入れたい基本のヘアスタイル5種類について解説します。

  • 文金高島田(ぶんきんたかしまだ)
  • 綿帽子
  • 角隠し
  • 洋髪
  • 新日本髪

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)

文金高島田は、和装結婚式において最も格が高いとされる花嫁の髪型です。

未婚女性の髪形と言われる島田髷(しまだまげ)の根元を高く結った髪型で、白無垢や色打掛、引き振袖のどの衣装に合わせることができます。

綿帽子

綿帽子は白無垢に合わせる白い袋状の被りものです。

元々は武家の女性の埃除けや防寒具でしたが、現代の結婚式においては「挙式が済むまで新郎以外に顔を見せない」という意味で用いられています。

角隠し

角隠しは、文金高島田に結った髪型の上から、頭を覆う形で被る布のことです。

角隠しの由来は諸説ありますが、怒りを象徴する角を隠すことで良妻になることを表しています。

白無垢や色打掛、引き振袖のいずれの衣装にも合わせることができます。

洋髪

洋髪とは、ドレスにも似合う髪型を指します。

人前式など自由な挙式スタイルの人気にともない、和装に日本髪以外の髪型を合わせるのが最近の流行です。

新日本髪

新日本髪は、昔ながらの日本髪を現代風に結いやすくアレンジした髪型のことです。

文金高島田などの伝統的な髪型はカツラを着用するのに対し、新日本髪は地毛で簡単に結うことができます。

和婚の披露宴で取り入れたい演出のアイデア

和婚の画像

せっかく和装で結婚式をおこなうのですから、衣装に合わせて日本らしさが感じられる演出を取り入れたいですよね。

和婚でおすすめの演出アイデアをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • ウェルカムスペースを和風に装飾する
  • BGMに日本の伝統音楽を取り入れる
  • フラワーシャワーの代わりに「織り鶴シャワー」

ウェルカムスペースを和風に装飾する

ウェルカムスペースを和風に装飾すると、和風の結婚式の雰囲気にぴったり合います。

パーティ装飾として人気のハニカムボールを和紙で作ったり、和装のウェルカムベアをペアで飾れば和婚の雰囲気と相性抜群です。

BGMに日本の伝統音楽を取り入れる

披露宴で使用されるBGMは、明るい曲調のJ-POP1や洋楽が一般的ですが、あえて雅楽や三味線などの伝統音楽をBGMに取り入れることで伝統的で厳かな雰囲気を演出することができます。

雅楽演奏家の東儀秀樹によるカバー曲「There Must Be An Angel 」は、和と洋がうまく融合された結婚式の定番曲です。

フラワーシャワーの代わりに「織り鶴シャワー」

和柄の千代紙で小さな折り鶴をたくさん準備して、フラワーシャワーの代わりに織り鶴シャワーのセレモニーをおこなうのはどうでしょうか。

折り鶴は花びらと違って傷まないので、ゲストに記念として持ち帰ってもらうこともできます。

妊娠中に和婚がしたい!白無垢や色打掛を着ても平気?

結婚式場の画像

授かり婚で妊娠中でも、結婚式で白無垢や色打掛が着たいと思っている人は多いのではないでしょうか。

妊婦中でも和装の花嫁衣装を着ることは可能です。

むしろ帯の締め具合などを調整しやすく、ウエストを締め付けるウェディングドレスより負担をかけずに着用できます。

着物を着るときは胸とお腹の間に布を挟んで平らにするため、お腹の膨らみが目立たなくすることも可能です。

妊娠後期でも体調に問題がなければ着物を着用することができるので、妊婦さんも安心して和婚をおこなってくださいね。

妊娠中の結婚式であるマタニティウェディングについては、下記の記事で詳しく紹介しているので、一度チェックしてみましょう。

妊娠中でも結婚式を挙げられる!挙式時期や成功させるポイントまとめ

妊娠中に結婚式を挙げるなら妊娠何ヶ月の時期がいいのか、挙式時期や成功させるポイントについて紹介しています。妊娠中の結婚式におけるメリットやデメリットをふまえ、リスクを抱えることなく成功させる方法をチェックしておきましょう。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1