結婚式場の画像

最近では日常的に和服を着る若者が増えていることから、和装を着用して神社で結婚式をおこなう神前式の人気も高まっています。

このページでは、「神社で結婚式をするときのメリットとデメリット」から「神社で結婚式をするときの費用の相場」まで紹介しています。

「こちら」

神社結婚式でおこなう挙式や披露宴について学びましょう。

神社でおこなう結婚式(神前式)の特徴は?

結婚式場の画像

結婚式というと、ウェディングドレスやバージンロードを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、日本には神社で結婚式を執りおこなう神前式という挙式スタイルがあります。

神前式は神道(しんとう)をベースに、神社に祀られている神様の前で新郎新婦が結婚を報告する形式です。

現在おこなわれている神前式は、明治33年の大正天皇のご成婚をきっかけに一般の人々に広く普及してきました。

神前式は両家の結びつきを実感できる儀式

神前式は家同士が結びつくという考え方があり、両家の親族が盃を交わす「親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ)」などで親族同士も絆を深めます。

また儀式や所作には新郎新婦が協力しておこなうものが多く、儀式を通じて夫婦の絆を実感することができます。

儀式の詳細については、次の項目で詳しく説明しましょう。

神前式の基本的な挙式の流れ

結婚式場の画像

神前式は親族として参加しない限り、目にする機会はありません。

過去に参加した経験がないと、内容について不安に感じる人も多いと思います。

神前式の儀式は名称こそ難しい印象がありますが、各儀式の細かい所作は斎主や巫女さんが分かりやすく説明してくれるので心配ありません。

  • 1.参進の儀(斎主と巫女の先導で神殿へ向かう花嫁行列)
  • 2.入場
  • 3.修祓の儀(挙式前にお祓いをする)
  • 4.祝詞奏上(神に報告する祝詞を読む)
  • 5.三献の儀(新郎新婦が三三九度の盃を飲み交わす)
  • 6.神楽奉納(巫女による舞の奉納)
  • 7.誓詞奏上(新郎新婦による誓いの言葉)
  • 8.玉串奉奠(玉串を神前に捧げて二礼二拍手一礼)
  • 9.指輪の交換
  • 10.親族杯の儀(新郎新婦と親族がお神酒を三口で飲む)
  • 11.斎主挨拶
  • 12.退場

神前式にかかる所要時間は30分程度が目安です。

各神社によって儀式の内容に多少違いがあるので、気になる人は式場見学のときに質問して事前に不安を解消しましょう。

神社で結婚式をする前に知っておきたいメリットとデメリット

結婚式場の画像

挙式スタイルで悩んでいる人は、神前式にどんなメリットとデメリットがあるのか気になりますよね。

神前式のメリットとデメリットは以下の通りです。

神前式をするメリット

結婚式場の画像

神前式を検討している人は、和装で挙式したいと思っている人が大半ですよね。

和装できること以外にも神前式にはメリットがたくさんあります。

  • 結婚後も思い出の場所として何度も訪れることができる
  • 日本の伝統に沿った厳かな挙式がおこなえる
  • 新郎新婦の両方に見せ場がある

結婚後も思い出の場所として何度も訪れることができる

一般的な結婚式場は潰れてしまう可能性がありますが、神社はよほどのことがない限り無くなることはありません。

結婚後も初詣で訪れたり、子供が生まれたらお宮参りや七五三などの行事で何度もお詣りすることができます。

日本の伝統に沿った厳かな挙式がおこなえる

普段、神社の神殿に足を踏み入れる機会はないので、厳かな雰囲気が一生の思い出に残ります。

新郎新婦だけでなく親族やゲストにとっても忘れられない一日になるでしょう。

新郎新婦の両方に見せ場がある

神前式には新郎が誓いの言葉を読み上げる「誓詞奏上(せいしそうじょう)」があり、新郎に大きな見せ場があるのが特徴です。

また白無垢に綿帽子の花嫁姿は、ただ美しいだけではなく日本人の奥ゆかしさを感じることができます。

さらに前述した通り、神前式には新郎新婦が協力しておこなう儀式が多いので、儀式の中で夫婦の絆を再確認することができるでしょう。

神前式をするデメリット

結婚式場の画像

神前式は歴史ある古い神社で執りおこなうことが多いため、設備面で不便を感じてしまうことがあります。

挙式当日になって慌てないように、どんなデメリットがあるのか理解しておきましょう。

  • 親族しか参列できない神社がある
  • 挙式内容が天候に左右される
  • 古い神社はバリアフリーに対応していない

親族しか参列できない神社がある

もともと神前式は二つの家族が神様に結婚の報告をする儀式であるため、基本的には両家の親族以外は参列できません。

近年では親族以外の参列を認める神社や、境内から挙式を見学できる神社も増えてきていますが、親族以外の参列を希望しているなら事前の確認が必要です。

挙式内容が天候に左右される

神前式の儀式の中に、新郎新婦と両家の親族が本殿まで歩いて移動する花嫁行列がありますが、雨天時は移動がしづらく、神社によっては中止せざるを得ません。

神殿内は撮影できないため挙式後に屋外で写真撮影をおこなうことが一般的ですが、悪天候のときは撮影できない可能性があります。

花嫁行列で通る場所に屋根がついている神社を選ぶなど、雨天時に備えておくことが重要です。

古い神社はバリアフリーに対応していない

歴史ある古い神社で挙式する場合、バリアフリーの設備が整っていないことがあります。

急な坂道や長い階段、段差など車椅子に対応していない神社もあるので、年配の親族やゲストがいる場合は配慮が必要です。

神社で結婚式をするときの費用の相場

結婚式場の画像

神社で結婚式をするときの費用は、ホテルや専門式場の挙式料より安いと言われていますが、挙式内容によって相場が異なります。

挙式のみ、挙式+披露宴、フォトウェディングをおこなう場合の費用は下記を目安にしてください。

挙式のみを神社でおこなう相場は約20万円

挙式のみを神社でおこなうときの費用は約20万円になります。

挙式料金以外に衣装、着付け、ヘアメイク、雅楽演奏、写真撮影の費用が別途必要です。

上記項目を全てセットにしたプランもありますので、事前に確認するようにしましょう。

神社で挙式+披露宴をおこなう相場は約220万円

神社で挙式+披露宴をする場合、平均規模の披露宴会場でおこなうときの相場は約220万円です。

最近は挙式で和装、披露宴で洋装を着用するケースが多く、お色直しの衣装や回数で費用は大きく変わります。

神社でフォトウェディングをおこなう相場は15万円

神社でフォトウエディングをおこなう場合、撮影費や衣装代、ヘアメイク代を含んだ相場は15万円程度です。

フォトウェディングは衣裳の種類で料金は異なり、かつらや小物を含めた和装の総額はウェディングドレスよりも割高になっています。

神社結婚式をするときの服装(婚礼衣装)

結婚式場の画像

神前式でおこなう花嫁の婚礼衣装は基本的に白無垢、色打掛、引き振袖の3種類です。

定番と言われているのは白無垢ですが、色打掛や引き振袖にもそれぞれ違った魅力があります。

「新婦」

まずは和装の婚礼衣装の特徴を学んで、自分に一番合った衣装を身につけましょう。

白無垢

白無垢は最も格の高い女性の婚礼衣装で、衣装と小物の全てを白で統一するのが特徴です。

全身真っ白の衣装には、「清浄潔白」や「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味が込められています。

挙式では白無垢と合わせて綿帽子と呼ばれる頭巾を被るのが一般的です。

花嫁の頭部を覆う綿帽子には、「挙式が終わるまで新郎以外に顔を見せない」という意味があります。

色打掛

色打掛は、着物の上にもう一枚羽織るスタイルの花嫁衣装です。

白無垢は真っ白な打掛を羽織るのに対して、色打掛は華やかな色合いの打掛を羽織るのが特徴です。
色打掛は白無垢同様に最も格が高い花嫁衣装で、挙式では白無垢を着用して披露宴で色打掛にお色直しをするのが定番です。

色打掛には、角隠しと呼ばれる髷を結った髪に布を巻くヘアスタイルが一般的ですが、色打掛用の綿帽子を被ることも可能です。

引き振袖

引き振袖とは、着物の丈を調整する「おはしょり」を作らず裾を引きずるように着用する衣装です。

神前式では、「黒引き」と呼ばれる黒の引き振袖を着るのが原則で、黒引きには「嫁いだら他の色には染まらない」という花嫁の決意を表しています。

羽織りものを着ない引き振袖は、白無垢や色打掛より動きやすいというメリットがあります。

和装が映える和婚での流れやおすすめの演出などについては、下記の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

和婚のお色直し衣装はどうする?披露宴の流れやおすすめ演出を解説!

和婚に憧れているひと必見!和婚とは和のテイストを取り入れた結婚式の総称。神前式、仏前式、人前式を和婚でおこなうことが可能です。和婚のお色直し衣装はどうする?費用の相場は?和婚の披露宴で取り入れたい演出3選を紹介!和装花嫁のヘアスタイルを解説!妊娠中に和装で結婚式がしたい。

神前式でドレスを着てもいいの?

神前式では、男性が紋付袴・女性が白無垢や色打掛を着るのが基本です。

しかし、神社によってはタキシードとウェディングドレスを着用することもできます。

最近は婚礼衣装について柔軟に対応してくれる神社が増えつつあるので、どうしてもドレスが着たいという人は事前にプランナーさんに相談してみましょう。

神前式後の披露宴の流れはどうする?

結婚式場の画像

和装で神前式をする予定の人の中には、挙式後に披露宴をおこなう人が多いと思います。

せっかく日本の伝統的な挙式をするのですから、披露宴でも日本らしさを取り入れてはどうでしょうか。

和装→洋装でおこなう披露宴の流れ

神前式後の披露宴をおこなう場合、前半は和装でお色直しでウェディングドレスを着るのが一般的です。

和装のときは日本の伝統を感じられる演出を、またドレスにお色直し後は洋風の演出も取り入れたいですよね。

和装→洋装のお色直しをおこなう披露宴の流れの一例を紹介します。

  • 白無垢&紋付袴で入場
  • 挨拶
  • 鏡開き
  • 乾杯
  • 来賓スピーチ
  • 中座(プロフィールムービー)
  • ウェディングドレスで再入場
  • ケーキカット
  • 花嫁の手紙・花束贈呈
  • 挨拶

白無垢以外の和装も着たいという場合は、挙式後に色打掛に掛け替えることも可能です。

上記の流れはあくまでも一例ですので、二人で話し合って最高の披露宴にしてください。

有名な神社で結婚式をしよう!人気神社ランキングトップ3

結婚式場の画像

神社での結婚式を検討しているカップルの中には、近場ではなく名高い有名な神社で挙式したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

日本で最も人気が高い神社のトップ3と、各神社の結婚式にまつわる特徴を紹介します。

  • 1 伊勢神宮(三重県)
  • 2 厳島神社(広島県)
  • 3 出雲大社(島根県)

伊勢神宮(三重県)

お伊勢参りで有名な伊勢神宮ですが、残念ながら結婚式を挙げることはできません。

しかし、伊勢神宮の総氏神様である天照大御神に結婚の報告と感謝を捧げることは可能です。

具体的に説明すると、他の神社で挙式後に伊勢神宮の内宮に参拝して神楽殿で神楽奉納と結婚の報告をおこないます。

どうしても伊勢神宮にまつわる場所で挙式したいという場合は、伊勢神宮から最も近い猿田彦神社で結婚式を挙げてみてはどうでしょうか。

厳島神社(広島県)

広島県宮島にある厳島神社は、水面に浮かぶ大鳥居が特徴でユネスコ世界文化遺産にも登録されている歴史ある神社です。

厳島神社では挙式のみ執りおこなうことが可能です。

なお挙式料は10万円で、費用には神社におさめる初穂料と玉串料も含まれていますが、衣装、着付け、メイク、写真撮影の料金は含まれないため自分で手配する必要があります。

厳島神社で挙式するには、まず神社の社務所で仮予約後、神社から送られてくる書類に記入して返送します。

その後、厳島神社に訪れて挙式についての説明を受けると挙式を申し込むことが可能です。

出雲大社(島根県)

縁結びの神様として知られる出雲大社では、毎年多くのカップルが結婚式を挙げています。

挙式費用は参列人数によって異なりますが、両家で20名の場合は45万円〜50万円程度になります。

なお、費用の内訳には挙式初穂料、衣裳、メイク、着付け、写真撮影、挙式後の会食の料金が含まれています。

全国各地から数多くのカップルが出雲大社で結婚式を挙げていますので、予約は早めにすることをおすすめします。

神前式ができる結婚式場を探すならハナユメがおすすめ

ハナユメの画像

神前式ができる結婚式場を検索したいのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、自分で交渉する以上に高い割引率が適応されるだけでなく挙式スタイルで簡単に検索ができます。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、キャンペーンで50,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引できます。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる40,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで50,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「全員もらえる50,000円」はキャンペーンサイトでダントツNo.1