ウェディングドレスの画像

最近の結婚式では当日の写真撮影だけでなく、成人式のような前撮りというものがあるのをご存知でしょうか。

このページでは、「結婚式の前撮りは必要なのか」から「前撮りをしないと後悔するのか」まで紹介しています。

「ポイント」

結婚式における前撮りの必要性について、詳しく説明していきたいと思います。

結婚式の前撮りは本当に必要なの?

前撮りの画像

前撮りは絶対にやるべきことのような感じがしますが、実際は結婚式を挙げるカップルの半数しかおこなっていません。

しかし前撮りをするかの選択次第では、結婚式での満足度が大きく変わってきます。

ただでさえ結婚式自体に高額な費用がかかるのに前撮りなんて、と感じるかもしれませんが、実際は前撮りにかけるお金が惜しいなんてことはありません。

プラスでお金をかけてもいいと思えるほど、前撮りにはメリットがあります。

前撮りをしておくメリット

前撮りをおこなっておくメリットは、ドレスや和装姿の素敵な写真を残せるだけではありません。

  • メイクやヘアセットのリハーサルになり、結婚式当日のイメージがしやすい。
  • 結婚式当日のウェルカムスペースや演出に写真を使うことができる。
  • 結婚式で着ることのできない衣装を着ることができる。
  • 家族やペットとも一緒に写真撮影ができる。
  • 思い出の場所や思い出のアイテムを使うことができる。
  • 理想的なポーズやシチュエーションで写真が残せる。
  • 結婚式当日、ドレスを着た時の立ち振る舞いがキレイになる。
  • ゆっくり時間をかけることで写真撮影に専念することができる。
  • 衣装やカメラに慣れることで本番でも自然に笑えるようになる。

前撮りをしておくメリットは、自分が考えていたよりも多いと感じませんか。

前撮りだけではなく、結婚式本番にもつながるメリットがたくさんあります。

実際に前撮りをおこなった人の口コミでは、前撮りをしておかないと結婚式は満足できないと言い切っている人もいるほどです。

前撮りの相場はどのくらい?

前撮りの画像

前撮りをしておくメリットをどれだけ知っても、前撮りにお金をかけるのがバカらしいと感じる人もいますよね。

結婚式における前撮りの相場はカメラマンや業者によっても価格が変わってくるため、何ポーズや何カットといった具体的な相場はだせません。

ただし、スタジオ撮影とロケーション撮影では費用が大きく変わってきます。

ゼクシィ結婚トレンド調査ではスタジオ撮影の場合は平均13.8万円、ロケーション撮影は平均16.8万円です。

やはりスタジオ内で撮影をするよりも、機材を持ち運んだりするロケーション撮影のほうが相場は高くなる傾向があります。

しかし前撮りの中にアルバム代や衣装代も含まれていると考えると、決して高くはない値段なのではないでしょうか。

前撮りにはどんな種類があるの?

結婚式の前撮りには、スタジオ撮影・ロケーション撮影・スタジオとロケーションの両方で撮影、の3つのパターンがあります。

それぞれのメリットやデメリットと共に紹介していきましょう。

ロケーション撮影

メリット 自然光のなかでの写真撮影
デメリット 天候に左右される・人の目が気になる・費用がかかる

スタジオ撮影

メリット 予定通りに撮影ができる
デメリット 背景のバリエーションが少ない

ロケーション撮影+スタジオ撮影

メリット 両方のメリットを最大限に活かせる
デメリット 時間と費用がかかる

室内でおこなう撮影のほうが天候などに左右されることがないため、ロケーション撮影よりも人気があります。

しかしロケーション撮影では自分たちの思い出の場所や、緑の多い庭園などで撮影ができるのがメリットです。

自分たちの撮りたいシチュエーションを考え、室内のスタジオなのか屋外のロケーションなのか、どちらが合っているのか見極めましょう。

和装であれば京都、洋装であれば沖縄など、リゾート地に足を運ぶのもおすすめです。

前撮りしないと後悔する?

前撮りの画像

結婚式は前撮りしておくべきだと説明しましたが、前撮りしておかないと絶対に後悔するのでしょうか。

ゼクシィのアンケート調査では、挙式・披露宴以外について「実施しなかったために後悔しているものは?」の回答の第一位が前撮りで39人。

挙式・披露宴以外について「実施はしたが、後悔しているもの(もっと良いものにできたはずのもの、もっと検討すればよかったものなど)は?」の回答も第一位が前撮りで19人になっています。

挙式・披露宴以外について「実施しなかったために後悔しているもの」
挙式・披露宴以外について「実施しなかったために後悔しているもの」データ

前撮りをしなくて後悔した口コミ

口コミサイトなどでも、前撮りをしておけばよかったと後悔している人を数多く見かけました。

35歳女性

前撮りはするべきだった。当日はバタバタして、緊張や照れもあってカメラの前でうまく表情が作れなかった。

前撮りをしておけば、もっと気に入った写真があったのでは、当日にも生かせたのでは、と後悔。

このように前撮りは、女性だけでなく男性でも重要なポイントになります。

一生に一度の結婚式だからこそ後悔しないためにも、前撮りはしておくべきなのではないでしょうか。

前撮りするときの衣装はどうするの?

結婚式の画像

結婚式の前撮りをするときの衣装は、結婚式当日に着るウェディングドレスを持ち込むこともできますし、撮影するスタジオでレンタルもできます。

ほとんどのスタジオではプランの中に衣装代も含んでいるため、せっかくなら結婚式では着ない衣装で前撮りしたいと考えている人が多いのではないでしょうか。

人気があるのはダントツで和装

結婚式の前撮りで一番人気のある衣装は、和装になります。

マイナビウエディングのアンケート調査でも、色打掛や白無垢などの披露宴で着ることを断念してしまった衣装が、約70%以上の人に選ばれている結果になっています。

やはり前撮りで着る衣装は、結婚式で着られないものを選ぶのがいいのではないでしょうか。

前撮りを充実させるための3つのポイント

前撮りの画像

前撮りをおこなわなかったことで後悔してしまう人が多いと説明をしましたが、事前にきちんと準備をしておかないと思わぬことで後悔してしまうこともあります。

せっかく前撮りをおこなうのに、後悔なんてしたくはないですよね。

結婚式の前撮りを充実させるためにも、3つのポイントを頭にいれておきましょう。

  • 家族や友人に同行してもらう
  • 自分たちの思い出の物を持っていく
  • 撮影したいポーズをまとめておく

家族や友人に同行してもらう

結婚式の前撮りではカメラマンだけでなく写真撮影の上手な家族や友人に同行してもらい、別の角度からも撮影してもらうのがおすすめです。

事前にカメラマンには許可を得ておく必要がありますが、カメラマンが撮影していない場所でも撮影ができたり、身内だからこそ引き出せる表情というものもあります。

プロのカメラマンほどキレイな仕上がりにはなりませんが、家族や友人に撮影してもらった写真の中にも素敵な写真はたくさん見つけることができるのでおすすめです。

自分たちの思い出の物を持っていく

結婚式の前撮りでは自分たちの思い出の物を持参していくと、そのアイテムを活用して撮影をしてくれるスタジオがほとんどです。

王道である結婚指輪だけでなくペアのマグカップやぬいぐるみなど、新郎新婦にとって思い出深いアイテムを持参するのがおすすめです。

他にも、スタジオによってはペットとの撮影がOKなところもあります。

新郎新婦だけでなく思い出のアイテムやペットとの写真を残しておくのも、前撮りでの良い思い出になりますよ。

撮影したいポーズをまとめておく

結婚式の前撮りでは、カメラマンさんに撮影するポーズを指定されることがほとんどです。

しかし新郎新婦によっては、雑誌で見たあのポーズで撮りたいなど、思い描いているものがあると思います。

新郎新婦の理想通りの前撮りをおこなうためにも、事前にノートなどに撮影したいポーズをまとめ、指示書として前撮り当日にカメラマンさんに渡しましょう。

カメラマンさんもポーズの指示がしやすくなりますし、新郎新婦からリクエストする時間も短縮されるため、効率良く撮影を進めることができるのです。

前撮りでおすすめのポーズや撮り方については、下記の記事でも紹介しているので合わせてご覧ください。

前撮りや結婚式当日に使える!おすすめポーズや撮り方アイデアのまとめ

結婚式や前撮りなどで、どんなポーズで写真を撮ってもらえばいいのかわからず困ってしまった、という人もいると思います。そのため前撮りや結婚式当日に活用することができるポーズや撮り方について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1