チャペル

札幌市はとても広く式場の数も多いので、どこで結婚式を挙げようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

せっかく式場探しをするのですから、人気の式場で豪華体験をしつつどこで結婚式を挙げるか決めましょう。

  • フルコースが食べられるのはホテルモントレ札幌
  • 宮の森フランセス協会とローズガーデンクライスト教会、藻岩シャローム協会で本格的な挙式が大聖堂でおこなえる
  • 式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するとお得
「こちら」

北海道の結婚式の特徴についても紹介していますので、参考にしてください。

札幌で人気の結婚式場10選!オススメのブライダルフェアも紹介

結婚式場の飾り

北海道札幌市は県庁所在地であり、人口が多く交通の便がいい地方都市です。

結婚式場も多く存在しているため、どこで式を挙げるか迷ってしまうと思います。

式場迷子にならないように、特に人気のある結婚式場を厳選して紹介していきます。

ステキだなと思う式場があればブライダルフェアに参加してみましょう。

また式場探しをするのであれば、ブライダルフェアで人気のイベントに参加しないと損ですよ。

人気のイベントは以下のとおり。

ブライダルフェアで人気のイベントランキング

  • 1位 試食会
  • 2位 模擬挙式・模擬披露宴
  • 3位 ドレス試着

イベントに参加すれば、普段では味わうことのできない豪華体験がおこなえます。

では札幌で人気の結婚式場を紹介していきます。

注意事項

ブライダルフェアに参加するなら、式場検索サイトを利用しましょう。

結婚式場の公式サイトでは受けられない割引が、式場検索サイトを利用するだけで適用されます。

例えばハナユメなら、結婚式費用が100万円以上割引されると話題です。

詳しくは「ハナユメ割にデメリットなし!実際に利用してわかった割引額を最大化するコツ」をご覧ください。

宮の森フランセス教会では200年以上の歴史を持つ大聖堂で挙式ができる

宮の森フランセス教会は、 地下鉄東西線西28丁目駅から徒歩10分の場所にある結婚式場です。

1800年代に実際に南フランスで使用されていた大聖堂で挙式をおこなえると人気で、過去に15,000組ものカップルの結婚式が執り行われました。

すべての調度品が本物のアンティークである宮の森フランセス教会では、歴史の重みを感じる厳かな挙式をおこなうことができます。

ガラス張りの開放感あふれる披露宴会場もステキで、夜には輝く光に囲まれた幻想的なナイトウエディングも楽しめますよ。

毎週月曜日に3組限定でプレミアムブライダルフェアをおこなっており、豪華なフレンチ料理が試食できる他に、イタリアで買い付けたドレスをチェックできます。

宮の森フランセス教会の基本情報

定休日 火曜日・年末年始
住所 〒064-0953 北海道札幌市中央区宮の森3条10-3-25
公式HP http://www.j-mfc.com/

ローズガーデンクライスト教会で本物の教会式ウエディングがおこなえる

ローズガーデンクライスト教会は、 地下鉄東西線円山公園駅から車で10分の場所にある結婚式場です。

キリスト教の礼拝などをおこなっているローズガーデンクライスト教会は、正式なプロテスタント教会です。

そのため、本物の教会式ウエディングがおこなえます。

教会には高さ6mものステンドグラスがあり、降り注ぐ光が新郎新婦を暖かく照らしてくれます。

ゲストハウスも備わっているので、披露宴会場に困ることもありません。

ブライダルフェアでは、国産牛のメインディッシュが食べられる豪華な試食体験ができますよ。

ローズガーデンクライスト教会の基本情報

定休日 水曜日
住所 〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見3-22-50
公式HP https://www.rosegarden-ch.jp/

和装婚なら1,000坪の日本庭園が魅力のエルムガーデンがステキ

画像出典元:エルムガーデン

エルムガーデンは、地下鉄東西線円山公園駅から車で約7分の場所にあるゲストハウス型の結婚式場です。

1,000坪の広大な日本庭園が魅力的なエルムガーデンは、和装婚をおこないたい人にピッタリ。

和がテーマの会場となっており、白無垢や色打掛が似合います。

北海道神宮と提携しているため、本物の神社で挙式をおこなうことも可能です。

地産地消にこだわった会席料理を試食できるブライダルフェアも随時開催されているので、和婚をおこないたい人は要チェックです。

エルムガーデンの基本情報

定休日 火曜日・年末年始
住所 〒064-0913 北海道札幌市中央区南13条西23-5-10
公式HP http://www.elm.cc/index.php

ジャルダン・ドゥ・ボヌールで海外風ガーデンウェディングがおこなえる

ジャルダン・ドゥ・ボヌールは、地下鉄東西線円山公園駅から車で5分の場所にあるゲストハウス型の結婚式場です。

全天候型のセレモニーホールはガラス張りで、美しい自然を見ながら挙式を挙げることができます。

またジャルダン・ドゥ・ボヌールでは海外風のガーデンウェディングが人気で、リゾート地にいるようだとゲストから好評です。

ゲストに振舞われる婚礼料理は食通たちに愛され続けているレストランが担当しているので、料理にこだわりたいカップルに一度訪れてもらいたい結婚式場です。

ブライダルフェアでこだわりの絶品牛のメインディッシュを試食できるため、ぜひ参加してみましょう。

北海道でのリゾートウエディングに興味がある人は、以下の記事も要チェックです。

北海道のリゾート婚にかかる費用は?二人だけや家族のみの少人数なら安い?

北海道でリゾート婚をする時の費用を、少人数結婚式や家族挙式の場合など様々なシュチュエーションに合わせて紹介しています。お得に北海道で結婚式を挙げるコツやリゾート婚を失敗させないための注意点も合わせて解説していますので、要チェックですよ。

7,202view

ジャルダン・ドゥ・ボヌールの基本情報

定休日 水曜日
住所 〒064-0946 北海道札幌市中央区双子山4-1-18
公式HP https://jardin-de-bonheur.com/

チャペル・ド・コフレ札幌でアットホームなナチュラルウエディングを挙げよう!

チャペル・ド・コフレ札幌は、地下鉄南北線さっぽろ駅の10番出口から徒歩1分の場所にあるゲストハウス型の結婚式場です。

みんなのウェディングで2019年口コミランキング総合満足度No.1を受賞したチャペル・ド・コフレ札幌では、低価格でアットホームな結婚式がおこなえます。

チャペルは温かみのある雰囲気で、天井に飾られたバカラ製のシャンデリアがステキです。

またバージンロードが24mもあり、一歩一歩ゆっくりと幸せを噛み締めて歩けるのが魅力的です。

ブライダルフェアでは豪華牛フィレ肉が食べられる他に、憧れのウエディングドレスを無料で試着できますよ。

チャペル・ド・コフレ札幌の基本情報

定休日 火曜日
住所 〒 060-0003 北海道札幌市中央区北三条西4-1-1
日本生命札幌ビル3F
公式HP http://sapporo-cdc.com/

ホテルモントレ札幌は雰囲気の違う二種類のチャペルがステキ

画像出典元:ホテルモントレ札幌

ホテルモントレ札幌は、JR札幌駅から徒歩3分の場所にあるホテル型の結婚式場です。

チャペルが二種類あり、スタイリッシュなマッキントッシュと英国ガーデン風のウィンターガーデンから選べます。

披露宴会場はゲストの人数から選択できるので、会場が狭かったり広すぎたりすることがありません。

また駅から近いため、ゲストが移動方法に困ることがないのも魅力的ですね。

ホテルモントレ札幌では、北海道のブライダルフェアでは珍しくフルコース試食を食べることができます。

フルコース料理を無料で食べられるのですから、参加しないと損ですよ。

ホテルモントレ札幌の基本情報

定休日 なし
住所 〒060-0034 北海道札幌市中央区北4条東1-3
公式HP https://www.monterey-wedding.jp/sapporo/

ヒルサイドクラブ迎賓館(札幌)の屋内ガーデンでラグジュアリーな空間を楽しもう

ヒルサイドクラブ迎賓館札幌は、JR札幌駅から車で18分の場所にあるゲストハウス型の結婚式場です。

魅力はなんといっても、全天候型の屋内ガーデン

屋内ガーデンにはプールがついており、季節や天気に関係なくラグジュアリーな雰囲気を楽しめます。

三面ガラス張りのチャペルも、自然光がキレイだと花嫁から喜ばれています。

14,000円相当の道産牛フレンチが食べられるブライダルフェアが土日に開催されていますので、一度参加してみてはいかがでしょうか。

ヒルサイドクラブ迎賓館札幌の基本情報

定休日 月曜日・火曜日
住所 〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見4-1-13
公式HP https://www.tgn.co.jp/hall/sapporo/hcs/

センチュリーロイヤルホテルで幻想的なトワイライトウエディングが楽しめる

センチュリーロイヤルホテルは、JR札幌駅から徒歩2分の場所にあるホテル型の結婚式場です。

ラグジュアリーな純白のチャペルが特徴的で、ウエディングドレスの白がよく映えます。

披露宴会場は4種類から選ぶことができ、なかでもトワイライトウエディングにも最適なガラス張りのバンケットが魅力的です。

また型にはまらない軽快なトークで人気の箕輪直人さんが専属MCなので、ゲストから喜んでもらえます。

ブライダルフェアでは、プランナーとシェフがオススメする絶品の婚礼料理を試食できますよ。

センチュリーロイヤルホテルの基本情報

定休日 なし
住所 〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西5丁目
公式HP http://www.cr-hotel.com/wedding/

the Terrace(ザ テラス)で温かみのあるナチュラルウェディングがおこなえる

画像出典元:the Terrace

the Terraceは、地下鉄東西線円山公園駅の4番出口から車で6分の場所にあるレストラン型の結婚式場です。

一軒家をまるごと貸し切れるため、他の新郎新婦やゲストと鉢合わせることなくアットホームな結婚式をおこなえます。

まるで森の中にいるような雰囲気を味わえるので、ナチュラルウェディングをおこないたい人は要チェックです。

チャペルや披露宴会場は木の温もりを感じられる造りになっており、自然と一体になって挙式がおこなえますよ。

白老牛を使った贅沢なコース料理が食べられるブライダルフェアが開催されていますので、興味がある人は参加してみましょう。

the Terraceの基本情報

定休日 火曜日
住所 〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見1-1-27
公式HP https://www.the-terrace.jp/

藻岩シャローム教会ではフクロウが指輪を運んでくれる珍しい演出ができる

画像出典元:藻岩シャローム協会

藻岩シャローム協会は、地下鉄南北線澄川駅から車で8分の場所にある専門式場です。

長さ20mの大理石のバージンロードが魅力の大聖堂で、厳かな挙式をおこなうことができます。

また藻岩シャローム協会では、幸せを運んでくれると言われているフクロウが指輪を運んでくれるバードセレモニーという珍しい演出がおこなえます

披露宴会場はクラシカルな雰囲気で、窓越しに藻岩山の豊かな自然が楽しめますよ。

ブライダルフェアではドレスや和装が無料で試着できる他に、フルコースの試食チケットがもらえますので一度参加してみはいかがでしょうか。

藻岩シャローム協会の基本情報

定休日 なし
住所 〒005-0040 北海道札幌市南区藻岩下2-1-1
公式HP https://www.moiwashalom.com/

式場検索サイトを利用すると結婚式費用が割引される

ハナユメ

ここまで札幌市で人気の結婚式場を10会場、紹介してきましたがいかがでしょうか。

気になる式場があるのであれば、気軽にブライダルフェアに参加してみてください。

上述したとおりブライダルフェアに参加するなら、式場検索サイトを利用しないと損ですよ。

ゼクシィやハナユメなどの式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加すると、特別割引が適用されます。

例えばハナユメなら、結婚式費用を100万円以上割引してもらえると先輩花嫁から人気です。

  • 費用を抑えてお得に結婚式を挙げたい人はハナユメ
  • 結婚式場をたくさん比較したい人はゼクシィ

結婚式は7割が会費制!北海道ウエディングの特徴を知っておこう

披露宴会場

地元は本州だけど、北海道で結婚式を挙げるという人も少なくないと思います。

北海道の結婚式は少し特殊ですので、式場探しをする前に特徴を知っておきましょう。

一つ目の特徴として挙げられるのが、北海道の結婚式は会費制という点です。

本州の結婚式はご祝儀制がほとんどなので、会費制と言われると1.5次会を思い浮かべると思います。

しかし形式は本州の披露宴と同じで、食事も立食ビュッフェではなく着席した状態でフルコースが提供されます。

会費の相場は一人17,000円と安いため、遠慮せずにゲストを呼べるのが嬉しいですね。

また参列してくれるゲストにお車代などは出さないのが一般的でしたが、最近ではおもてなし重視で渡すことが増えてきています。

最近はおもてなし重視で道内から来るゲストにもお車代を渡すことが多い

北海道は土地がとても広いので、道内でも結婚式場まで車で何時間もかかるゲストが多数います

電車で来る場合でも、何千円もかかってしまう可能性が高いです。

そのため自分たちの結婚式のためにわざわざ足を運んできてくれるゲストに、おもてなしをしたいと思う人が増えてお車代を渡すことが多くなりました。

「こちら」

会費制は新郎新婦の自己負担額がどうしても高くなってしまうので、渡すかどうかは財布と相談して決めましょう。

引き出物の費用は本州に比べて安価なことがほとんど

引き出物

お車代を負担するカップルは多いですが、引き出物は会費でまかなえる額に設定している人がほとんどです。

北海道の引き出物の相場は2,000円未満です。

それに比べて本州の引き出物の相場は5,000円前後なので、北海道は引き出物の費用が安価であることがわかります。

北海道の引き出物が安価な理由は、引き出物に関する認識の違いにあります。

本州は引き出物と引き菓子、縁起物の3点を渡すのが一般的ですが、北海道ではその内のどれか一つを引き出物としていることが多いです。

品数が少ないと自然と費用も抑えられるので、相場が安くなりました。

また、北海道の結婚式では引き出物袋の中に二次会の招待カードを入れるのが一般的です。

二次会の招待カードを引き出物袋に入れる人が多い

結婚式の招待状

北海道では二次会の招待カードは、結婚式に参列した人全員に渡します

そもそも北海道の結婚式は、ゲストを厳選することなく参列して欲しい人全員に招待状を送るのが一般的です。

招待できなかった人を二次会に誘うという考えはないため、ゲスト全員の引き出物袋に招待カードを入れるということですね。

「新婦」

以上が北海道の結婚式の特徴です。

本州の結婚式とは異なる点が多く、驚いた人も多いのではないでしょうか。

北海道の結婚式はアットホームで温かみのある雰囲気であることが多いため、心からやってよかったと思えるような式がおこなえますよ。

理想の結婚式場を見つけて、温かい挙式をおこないましょう。