結婚式場の画像

11月の結婚式を検討している人の中には、人気が高いため日取りの確保が難しいと考えてる人が多いのではないでしょうか。

このページでは、「11月の結婚式が人気の理由」から「11月の結婚式におすすめのテーマや日取り」まで紹介しています。

「こちら」

11月は、一年の中でも人気のある月になります。

一年の中でも気候が落ち着いている11月は、ブライダルフェアに参加する時期にぴったりです。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

キャンペーン情報まとめ【商品券を最大限にゲットする裏技】

11月の結婚式はやっぱり人気なの?

結婚式場の画像

結婚式を検討している花嫁のほとんどは、ゲストの迷惑にならない人気な月に挙げたいと考えているのではないでしょうか。

結婚式は、大きく分けて春と秋に人気が分かれます。

どちらも気候が良く、ゲストの負担になりにくい点が人気の理由です。

一年の中で一番人気のある月

結婚式は春と秋が人気ですが、その中でも11月は一番人気のある月です。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では12.8%の人が11月を選択しており、一番人気だとわかりました。

グラフ

11月に結婚式を挙げたいのであれば人気な月であることを理解し、早くから結婚式に向けて行動するのが重要です。

2018年11月と2019年11月でおすすめの日取りは?

結婚式場の画像

11月は結婚式を挙げる月として人気ですが、良い日取りはすぐに予約が埋まってしまいます。

早くから式場見学をスタートさせるためにも、あらかじめ人気な日取りは把握しておきましょう。

2018年11月

日程 曜日 六曜
11月4日 日曜日 大安
11月18日 日曜日 友引
11月24日 土曜日 友引

2019年11月

日程 曜日 六曜
11月4日  月曜日(祝) 大安
11月10日 日曜日 大安
11月16日 土曜日 大安
11月30日 土曜日 友引

11月は長期連休やイベントが少ない月のため、土日の中から良い日取りを選択するのがおすすめです。

11月22日の「いい夫婦の日」は六曜に関係なく人気

11月の中でも縁起がいいと言われている日取りは、11月22日の「いい夫婦の日」ではないでしょうか。

2018年は木曜日の赤口ですが、2019年は金曜日の大安なのでナイトウェディングなどにおすすめです。

11月22日は平日であっても早くから予約が埋まりやすい日なので、式場探しをする際には目星をつけておきましょう。

結婚式で人気の日取りを早く確保するコツ

結婚式場の画像

11月は結婚式を挙げる月として人気が高いですが、日取りを確保する術は数多くあります。

人気があるからといって良い日取りを諦めるのではなく、早くから行動して良い日取りを確保しましょう。

  • 1年以上前から式場探しをはじめておく
  • パートナーだけでなく両家の両親とも話し合う
  • 式場検索サイトからブライダルフェアに参加する

良い日取りを確保するためには、1年以上前から式場探しをスタートするのがおすすめです。

多くの人は結婚式の1年前から式場探しを始めるため、良い日取りは1年前には埋まってしまいます。

しかし、良い日取りを確保しても後日変更やキャンセルがあっては意味がありません。

あらかじめパートナーや両家の両親と話し合っておくだけでなく、ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用して多くの式場に足を運んでおきましょう。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、40,000円分の商品券がもらえます。

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら

11月は意外と寒い?なるべく上旬を選択しよう

結婚式場の画像

気候がいい11月は結婚式に向いている月になりますが、地域によっては寒いと感じるケースも少なくありません。

国土交通省である気象庁のホームページには過去のデータが全て記載されているので、自分の地域は平均気温が何度なのか調べておくのがおすすめです。

東京の11月|平均気温は11〜13℃

たとえば、東京都の11月の平均気温は11〜13℃です。

10月は平均18℃程度なので、11月に入ると大幅に気温が低くなることがわかります。

東京都 2015年 2016年 2017年
10月 18.4℃ 18.7℃ 16.8℃
11月 13.9℃ 11.4℃ 11.9℃

気候がいいと言われているものの、地域によっては寒さ対策が必要になると理解しておきましょう。

誰でも簡単に取り入れられる寒さ対策とゲストへの配慮方法

結婚式場の画像

11月は地域によって寒いと感じるケースがあるため、寒さ対策とゲストへの配慮が必要になります。

誰でも簡単に取り入れられる寒さ対策とゲストへの配慮方法を紹介するので、参考にしてみましょう。

  • ウェルカムドリンクにホットドリンクを準備する
  • 最寄り駅から送迎バスを準備する
  • ブランケットやカイロを配布する

ウェルカムドリンクにホットドリンクを準備する

結婚式は挙式がスタートするまでの間、ゲストに待合室やロビーで待機してもらいます。

待合室やロビーに準備するウェルカムドリンクやウェルカムフードは、なるべく暖かいものを選択しましょう。

最寄り駅から送迎バスを準備する

結婚式場の場所が最寄り駅から遠い場合は、駅から式場までの送迎バスを準備しておくのもおすすめです。

時間によって数回往復できるように手配すると、ゲストに喜ばれるでしょう。

ブランケットやカイロを配布する

挙式披露宴がスタートするまでのサポートだけでなく、披露宴の最中にはブランケットを提供したり、ゲストを見送る際にカイロを配布するのもおすすめです。

ただし地域や天候によっては必要ない場合もあるので、式場のプランナーさんとよく話し合って決めていきましょう。

11月に結婚式を挙げるメリットとデメリット

結婚式場の画像

11月に結婚式を挙げるのであれば、あらかじめメリットとデメリットを把握しておく必要があります。

人気のある月なのでメリットばかりだと思われがちですが、きちんとデメリットも理解し、自分たちに合った日取りを選択しましょう。

結婚式を11月に挙げるメリット

11月に結婚式を挙げるメリットは、主に下記のようなものになります。

  • 比較的気候が安定している
  • ゲストが参列しやすい
  • ガーデンや外を使った演出ができる

気候が安定している11月は、ゲストが参列しやすいのが一番のメリットです。

ガーデンや外を利用した演出もゲストは不満に感じず、理想の結婚式を実現できます。

結婚式を11月に挙げるデメリット

11月に結婚式を挙げるデメリットは、主に新郎新婦に関わるものになります。

  • 人気の日取りは予約が埋まるのが早い
  • 平均費用が高く設定されている
  • 地域によっては11月では寒く感じる

11月は人気のある月のため、良い日取りはすぐに予約が埋まってしまいます。

そのうえ結婚式は人気の日取りほど平均費用が高く設定されており、値引きがほとんどできません。

「新婦」

地域によっては11月でも寒いと感じるため、自分たちの予算や地域性と合わせて考える必要があります。

高くなりがちな結婚式の費用を抑える3つのコツ

結婚式場の画像

11月は人気のある月のため、平均費用が高く設定されています。

そのうえ追加のオプションなどで追加料金がかかり、100万円近く費用がアップする人も少なくありません。

人気のある月でも利用できる、費用を抑えるコツを紹介していきましょう。

  • 人気の日取りにこだわらない
  • 持ち込みアイテムを増やす
  • 式場検索サイトの「特別割引」を利用する

人気の日取りにこだわらない

結婚式は大安の土曜日かつ昼間の時間帯、と考えている人は多いのではないでしょうか。

人気の日取りは早くから予約が埋まるだけでなく、費用が高くなるケースが多いです。

費用を抑えたいのであれば人気の日取りにはこだわらず、友引や先勝の土曜日などを選択するのがおすすめです。

持ち込みアイテムを増やす

結婚式の費用を抑えるために持ち込みアイテムを増やすのは、もはや常識になりつつあります。

式場に依頼をするよりも手作りアイテムを増やしたり、自分で購入するほうが安くなるケースは多いです。

結婚式で準備するアイテムは一つ一つ確認し、一番安く準備できる方法を選択しましょう。

式場検索サイトの「特別割引」を利用する

11月のような人気のある月は、式場検索サイトの「特別割引」を利用するのがおすすめです。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、自分で値引き交渉する以上に高い値引率が適応されます。

たとえばハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、結婚式の費用が最大50%割引できます。

11月の結婚式におすすめのテーマは演出まとめ

結婚式場の画像

11月はイベントが少ない月ですが、おすすめのテーマや演出は数多くあります。

他の月ではできない、11月だけの演出を取り入れてみましょう。

  • ポッキーとプリッツの日を意識した菓子まき
  • ボジョレーヌーボーの解禁に合わせた大人ウェディング
  • 家族の日に両親への感謝を伝えるサプライズ

ポッキーとプリッツの日を意識した菓子まき

11月11日といえば「ポッキーとプリッツの日」ではないでしょうか。

11月に結婚式を挙げるのであればポッキーやプリッツを使ったウェディングケーキを準備したり、プチギフトでプレゼントするのがおすすめです。

学生時代を思い出すような、多くの人が楽しめる演出になります。

ボジョレーヌーボーの解禁に合わせた大人ウェディング

11月の第3木曜日といえば、ボジョレーヌーボーの解禁日になります。

解禁日に合わせて結婚式でボジョレーヌーボーを準備し、ゲストと楽しむのも面白いでしょう。

大人な新郎新婦にぴったりの、さりげない演出です。

家族の日に両親への感謝を伝えるサプライズ

11月の第3日曜日は、平成19年度から「家族の日」と定められています。

家族の日にあやかり、両親への感謝を伝えるサプライズを準備してみてはいかがでしょうか。

花束の贈呈や花嫁の手紙だけでなく、旅行券などをプレゼントするのもおすすめです。

11月の結婚式におすすめの装花は?旬の花を紹介

結婚式場の画像

11月は結婚式に人気のある月ですが、装花の種類で悩んでしまう季節でもあります。

秋が旬な花の中でも、おすすめのものを紹介していきましょう。

  • コスモス
  • パンジー
  • ラナンキュラス
  • ライスフラワー
  • ピンポンマム

秋といえば、コスモスやパンジーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ラナンキュラスやライスフラワーなどは、ナチュラルウェディングやガーデンウェディングを希望している花嫁にぴったりです。

ピンポンマムは和装によく似合うため、和婚の人はブーケに取り入れるといいでしょう。

11月の結婚式をお得に挙げるなら式場検索サイトのハナユメ!

ハナユメの画像

11月の結婚式をお得に挙げたいのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。

人気のある11月は平均費用が高く、自分で値引き交渉ができる見込みがありません。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、自分で値引き交渉をする以上に高い値引率が適応されます。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用を最大50%割引できます。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら