結婚式場の画像

結婚式と聞くとあまり良い気分にならない、という人も多いのではないでしょうか。

様々な理由により、結婚式や披露宴をしたくないという人はいると思います。

このページでは、「結婚式をしたくない人によくある理由」から「パートナーが結婚式をしたくないと言ったときの解決法」を紹介しています。

「こちら」

結婚式を挙げないままでいては、後悔するかもしれません。

結婚式を挙げずに入籍だけをするナシ婚が増加している3つの原因って?

結婚式場の画像

最近は結婚式を挙げずに入籍だけで済ましてしまう、ナシ婚が主流になってきています。

ナシ婚を選択してしまう人の中でも、主な原因は以下の3つだと言われています。

  • 経済的事情
  • 授かり婚
  • セレモニー的行為が嫌い

経済的な事情により結婚式が挙げられないという人は、いつの時代でも大半を占めているものです。

一般的な結婚式に必要な費用は平均350万円だと言われているため、結婚をすることでスタートする新婚生活にお金を使いたいという人は多いですよね。

そのうえ授かり婚の場合は急に結婚が決まるケースが多く、結婚式を挙げる準備をする時間がないという人が多いのではないでしょうか。

そして結婚式を挙げたくない最後の理由は、新郎新婦として高砂に座り、人前で晒し者になるセレモニー的行為が嫌いだというものです。

「ポイント」

ナシ婚を選択してしまう大きな理由は上記の3つですが、実際にはどの理由も解決させてしまうことはできます。

経済的に結婚式が難しいのであればハナユメ割を利用してみる

ハナユメの画像

経済的に結婚式を挙げることが難しく、諦めてしまおうとしているのであれば、ハナユメのハナユメ割を活用して費用を安くさせましょう。

結婚式の費用を150万円以上割引できるハナユメ割は、ハナユメを経由して結婚式場を契約すると適応される、ハナユメにしかない割引サービスです。

ハナユメという大きな企業の力を活用して割引を適応させているため、個人的に式場と値引き交渉をするよりも確実に割引をすることができます。

そのうえハナユメ割であれば結婚式の質を落とすことなく、費用を抑えることが可能です。

経済的な問題で結婚式を挙げることができないと悩んでいるのであれば、一度ハナユメのハナユメ割を見てみてはいかがでしょうか。

ハナユメの定額ウエディングなら挙式+会食が自己負担額0円に!

定額ウエディングの画像

ハナユメでは披露宴をおこなわない挙式のみの場合や、挙式+家族や親族との会食を考えている人に向けて定額ウエディングというサービスも提供しています。

定額ウエディングを活用すると費用を後払いにすることができるため、ご祝儀払いをすることができます。

ゲストの人数によって必要な費用が決まっており、想定できるご祝儀内で支払うことのできる金額設定になっているため自己負担額を0円にすることが可能です。

「こちら」

披露宴をしたくないのであれば、挙式+会食の定額ウエディングのプランも検討してみてはいかがでしょうか。

ハナユメの定額ウエディングを見てみる

授かり婚であれば準備を数ヶ月で終わらせられるプランを選択する

結婚式場の画像

授かり婚の場合に結婚式を躊躇してしまう理由のほとんどが、結婚式の準備期間の大変さではないでしょうか。

一般的な結婚式の場合、必要な準備期間は半年〜1年程度だと言われていますが、妊娠中に何度も式場に足を運び、打ち合わせや準備を進めていくのは体力的にも厳しいものがありますよね。

しかし結婚式場の中には、マタニティプランというものを設定しているケースがあります。

マタニティプランであれば最短2〜3ヶ月で結婚式の準備を終えることができ、体調による急な打ち合わせ変更などにも配慮していただくことが可能です。

マタニティウェディングを何度も経験しているプランナーさんがいる結婚式場を選択すると、安心できるのではないでしょうか。

産後の結婚式よりもマタニティウェディングがおすすめ

結婚式場の画像

授かり婚のカップルの中には、産後の結婚式を検討している人も多いと思います。

しかし実際に産後の結婚式を実現させた人は、あまり多くありません。

実際に赤ちゃんが産まれるとミルクやオムツ替え、夜泣きなど結婚式に時間を割くことが難しくなってしまいます。

産後の結婚式を検討している人は下記の記事を参考にし、マタニティウェディングを検討することがおすすめです。

マタニティウェディングのついては、「マタニティウェディングの時期は妊娠何ヶ月がベスト?式場選びの仕方」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

費用はあるのに結婚式や披露宴をやりたくない理由は?解決法はあるの?

結婚式場の画像

結婚式を挙げたくないという人の中には、費用は十分にあるのに結婚式に共感ができずにやりたくないという人も多いと思います。

しかし、本当に結婚式を挙げないままでいていいのでしょうか。

よくある結婚式をやりたくない理由と、その解決法を紹介していきましょう。

  • 結婚式に招待する友達がいない
  • 容姿に自信がないため人前に出たくない
  • 年齢的にドレスを着たくない

結婚式や披露宴に招待する友達がいない

結婚式場の画像

一般的な結婚式では、家族や親族、会社の上司や同僚、仲のいい友人などを招待しますよね。

しかし結婚式を挙げたくないという人の原因の中で多いものが、友人がいないため挙げたくないというものです。

新郎新婦で招待する友人の人数に差があり、友人がいないことが恥ずかしいと感じてしまうケースは決して少なくありません。

しかし実際には新郎新婦の中で招待数ゲストの人数に差があることは、よくあることです。

新郎新婦のゲスト人数に差があっても問題ない

結婚式では新郎新婦のゲストの人数に差があることはよくあるケースですし、招待されたゲストはどのゲストが新郎側で、どの親族が新婦側などの区別をすることはできません。

そのため新郎新婦自身が考えているほど、ゲストの人数について思い悩む必要はありません。

ゲストが結婚式の良し悪しを判断する基準は、招待されているゲストの人数よりも結婚式の内容です。

容姿に自信がないため人前に出たくない

結婚式の画像

結婚式を挙げたくないという人の中には、自分の容姿に自信がないため人前に出たくないという人も多いのではないでしょうか。

高砂に座ることが晒し者にされているみたいだ、と感じている人もいると思います。

しかし、実際ゲストはモデルや女優がおこなうようなドレスのファッションショーを期待しているわけではありません。

純粋に結婚しておめでとうというお祝いの気持ちを伝えるために足を運んでくれています。

容姿に自信がないことを理由に、結婚式を挙げない選択をする必要はありません。

和装なら顔が見えにくく体型を隠しやすい

しかし、どんな理由であれ人前に出たくないという人はいると思います。

そんな人は顔が見えやすく体のラインが出やすい洋装での結婚式ではなく、角隠しや絹帽子で顔が隠れ、着物で体型がわかりにくい和装での結婚式がおすすめです。

ウェディングドレスは前撮りなどで済ませてしまい、人前にでる結婚式は神前式にしてしまうのも選択肢の一つではないでしょうか。

年齢的にドレスを着たくない

ウェディングドレスの画像

最近は晩婚化の影響もあり、年齢的にウェディングドレスを着るのを躊躇してしまうという人も少なくありません。

しかしウェディングドレスには様々な種類のものがあり、ドレスの形や色によっては落ち着いた大人の女性のほうが似合うドレスというものもあります。

たとえばネイビーやボルドーなのシックな色のものや、ストレートラインやマーメイドラインのスタイリッシュな形のものなど、お姫様のようなレースだらけのドレスばかりではありません。

そのうえ最近ではワンピースのような平服で披露宴をおこなったりする、カジュアルなスタイルも人気が高まってきています。

家族や親族のみの結婚式なら問題ない

もしも、どうしてもウェディングドレスを着ている姿を人に見られたくない、と考えているのであれば、家族や親族のみの結婚式を検討してみましょう。

家族や親族のみであれば、けじめのために結婚式を挙げたと捉えられることが多いですし、ドレス姿を見られても恥ずかしいと感じることはありません。

どうしてもドレスを着たくないと思うのであれば、和装での神前式も視野にいれてみるのがいいのではないでしょうか。

実は結婚式を挙げないと離婚する人の割合が多い!

結婚式場の画像

アニヴェルセルがおこなったアンケート調査では、離婚歴のある人の約80%が入籍時になにもイベントをしていないという結果になっています。

このように入籍時に親族との会食やフォトウェディングだけでもおこなっておくと、その後離婚に繋がる確率が低くなる傾向があります。

初婚 離婚歴あり
結婚式・披露宴共に開催した 65.5% 13.4%
何もしていない 16.0% 82.4%
結婚式だけ挙げた 10.7% 1.4%
婚礼衣装だけ着て記念撮影をした 7.0% 2.8%
その他 0.8%

たしかに様々なカップルがいるため、何もしなくても夫婦円満に生活をしている人はたくさんいると思います。

しかし、何かしらの形に残るようなことをしておくと後悔する可能性も減るのではないでしょうか。

やりたくない演出はブライダルフェアでプランナーさんに相談してみよう

ここまで結婚式をあげたくない理由の対処法を紹介してきましたが、実際にはどの問題も式場のプランナーさんに相談するだけで解決策を提示してもらうことができるものばかりです。

両親のためにも結婚式を挙げたほうがいいことは理解しているが、自分たちの意向としては挙げたくない、と考えている人は多いと思います。

「こちら」

そんな人は、一度ブライダルフェアなどで自分たちが挙げたくないと感じる原因を取り除くことができないか、相談してみるのがいいのではないでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら