結婚式の見積り金額が上がるポイントは?【値上がりさせないコツ】

結婚式にかかる費用は、全国平均で約359.7万円だと言われています。

しかし最初に提示される見積書の金額と最終的に式場に支払う金額に、差異がなかったと感じる人はほとんどいません。

多くのカップルが最初の見積書の金額を鵜呑みにして契約を交わし、契約を交わした後にこんなはずではなかったのにと後悔してしまうのです。

このように最初に提示される見積書の見方を間違えてしまうと、最終的には予算をオーバーしてしまう落とし穴にハマってしまいます。

「こちら」

見積書の金額から費用を上げないためのコツを、確認しておきましょう。

結婚式の費用が上がるポイントは事前に確認しておく

資料記入の画像

結婚式を挙げることは日常的に何度も経験できるようなイベントではないので、全てのことが初めてになってきますよね。

結婚式場と契約を交わすことも、結婚式の準備をすることも、自分のやり方が果たして正解なのか悩みながら準備をしている人が多いと思います。

たしかに費用が上がってしまうからといって、全てのポイントで節約をすることが正しい訳ではありません。

結婚式はどの部分で費用が上がってしまうのか、事前に確認しておくことが重要なのです。

初期見積りから100万円アップはよくあるケース

ゼクシィ結婚トレンド調査2016によると、初期の見積りに比べて最終見積りの金額がアップした人は全体の約8割、金額は平均101.4万円アップしている結果になっていました。

金額がアップした人のデータ

結婚式を挙げた先輩カップルのほとんどが、100万円前後の金額アップを経験しているのです。

しかし、100万円の費用アップをすんなりと受け入れていいものではありません。

結婚式でトラブルになってしまわないためにも、初期見積りと最終支払い金額の差をなくす努力をする必要があるのです。

初期見積もりから金額が上がる大きな3つのポイント

初期見積もりから金額が上がる大きな3つのポイント

結婚式の費用が上がってしまうポイントは、大きく分けて3つあります。

逆に言うと3つのポイントを押さえておけば、大幅に金額が増えてしまうことは回避できるのです。

自分がもらった見積書で理想の結婚式を挙げることができるのか、自分の目で見極めれるようにしておきましょう。

節約することだけが、費用を上げないためのコツではありません。

あらかじめ必要な費用を全て含んだ見積りを提示してもらうことが大切なのです。

  • 衣装のランクアップ
  • 料理や飲みものなどのランクアップ
  • 装花のグレードアップ

衣装のランクアップ

結婚式で新郎新婦が着る衣装は、妥協したくないものですよね。

初期の見積りに記載されている衣装代は、最低限のドレスやタキシードの中から選択しなければいけないことがほとんどです。

そのため自分が気にいる衣装がなかなか見つからず、最終的にランクアップをして増額に繋がる、というケースが多いです。

最初に見積書を提示される段階で、選択できるドレスをカタログなどで見せてもらい、自分の気にいるものがなければ見積書をランクアップしてある金額で提示してもらいましょう。

他にも衣装が1着のみしか見積りに入っていなかったり、レンタル料が含まれていない場合もあります。

お色直しを考えている場合は、きちんと衣装2着分で見積書を提示してもらうようにしましょう。

料理や飲みものなどのランクアップ

結婚式場が始めに提示をする料理やドリンクのランクは、式場のコースの中でも最低のランクのものになっていることがほとんどです。

そのため初期の見積り金額から、ゲスト一人当たり2000〜5000円のランクアップをせざるをえないのです。

新郎新婦はゲストをおもてなしする立場になるため、料理やドリンクを満足できないものにしてしまってはいけません。

初期の見積りに含まれている料理のコースは何品程度なのか、ドリンクにアルコールは含まれているのかなどを確認し、必要であればランクアップをした金額で見積書を出してもらいましょう。

装花のグレードアップ

結婚式の費用で一番悩んでしまうのが、装花だと思います。

お金をかけるべきだとは理解していても、一番削ることができるのではないかと感じてしまうのも装花ですよね。

お色直しをした後のブーケやウェディングケーキの回りを飾る装花など、飾るポイントを上げだしたら切りがないほど出てきます。

そのため初期の見積りの段階では、少し多めに装花の金額を提示してもらいましょう。

見積書はあくまで見積書なので、最終的な金額が見積書より安くなることは問題ないので、必要ないと感じれば後でカットしてしまえばいいのです。

費用を上げないためにグレードダウンするのは正解ではない

結婚式に関するアイテムはランクアップをすればするほど、金額が上がっていってしまいます。

しかし費用を上げたくないからといって、ランクアップをせずにグレードを下げてしまうのは正解とはいえません。

料理やドリンク、引き出物などはゲストにとって結婚式の良さを判断する材料になります。

どれほど節約をした結婚式だとしても、料理や引き出物でゲストが満足できない結婚式になってしまっては、安上がりでケチな結婚式だったと思われてしまうのです。

結婚式は、ゲストに日頃の感謝を伝える場でもあります。

決して自己満足だけで終わるような結婚式にしてしまわないようにしましょう。

初期見積りから金額を上げないためのコツ

初期見積りから金額を上げないためのコツ

結婚式の初期見積りから金額を上げないためのコツは、他にもあります。

先ほど説明した3つのポイントほど大きな金額になることはありませんが、最終的な差異をなるべくなくすためにも把握しておきましょう。

  • ゲストの人数を正確に出しておく
  • 持ち込み料はアイテム別にいくらか聞いておく
  • 手作りできるものは手作りをして節約す

ゲストの人数を正確に出しておく

結婚式に招待するゲストの人数は、おおよその人数ではなく正確な人数を計算しておくのがコツです。

結婚式は料理や引き出物など、ゲスト一人に対して平均5.5万円程度の費用が必要になると言われています。

そのためゲストの計算を2人間違えてしまうだけで、見積りが約10万円も変わってきてしまうのです。

事前にゲストの人数を具体的に計算し、差異がでてしまわないようにしましょう。

きちんと一人ずつ名前を書き出しながら計算していくのが、ゲストの漏れをなくし見積りとの差がでないのでおすすめです。

持ち込み料はアイテム別にいくらか聞いておく

結婚式場は提携していないショップからドレスなどを持ち込むと、持ち込み料がかかるところがほとんどです。

しかし場合によっては持ち込み料をかけてでも持ち込みをしたほうが、最終的に安く結婚式を挙げられる可能性もあります。

そのため持ち込み料については、アイテム別に細かく金額を確認しておきましょう。

見積書とは別に、あらかじめ持ち込み料だけの資料をもらっておくのがベストです。

見積書と比較をして他のショップから持ち込むほうが安いと判断できるのであれば、持ち込みできるアイテムを積極的に取り入れていきましょう。

手作りできるものは手作りをして節約する

結婚式で使用するペーパーアイテムやプチギフトなどは、自分たちで手作りすることもできます。

ペーパーアイテムなどであれば持ち込み料がかからないですし、早めに準備を始めておけば余裕を持って手作りすることができます。

そのうえペーパーアイテムだけでなく、ウェルカムボードやリングピローなどを手作りすることで、より思い入れのある結婚式を作り上げることもできますよね。

他にも、安く招待状の印刷や演出のムービー作成を代行してくれる業者などもあります。

「こちら」

時間がなくて手作りできないというカップルは、思い切って安く業者にお願いしてしまうのも選択肢の一つですよ。

プランナーさんの言葉に惑わされないように気をつける

結婚式で一番気をつけなければいけないことが、プランナーさんの言葉に惑わされてしまわないことです。

プランナーさんは一生に一度の結婚式だから豪華にしないと後悔する、などの言葉で費用のアップを促してくることがあります。

しかし、プランナーさんの言葉に惑わされてはいけません。

アイテムや演出などはパートナーと話し合い、確実に必要なものなのか検討しながら内容を決めていきましょう。

初期の見積りから金額アップすることは当たり前だと言われていても、全てを受け入れて予算オーバーになってしまわないように気をつけましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら