ブライダルフェアでチェックするべき6つのポイント

初めてブライダルフェアに参加するのであれば、確認しておくべき項目を事前に頭に入れておきましょう。

知識のないままブライダルフェアに参加してしまうと、どこを確認しておけばいいのかわからず、気がついたらブライダルフェアが終わっていた、ということになりかねません。

ブライダルフェアは気軽に参加できますが、時間に余裕がなく数多くの式場にはいけないようなカップルも多いと思います。

「ポイント」

1回1回を充実したブライダルフェアにするためにも、事前にチェックしておくべき項目を理解しておきましょう。

ブライダルフェアに参加する前にしておくべきこと

ブライダルフェアの話し合い

ブライダルフェアに参加するときは、前日までにパートナーと話し合っておくことがとても重要です。

事前の話し合いをサボってしまうと、ブライダルフェアが全く意味のないものになってしまうこともあります。

結婚式場選びでは、事前の話し合いの内容で式場の選択肢が変わってくるといっても過言ではありません。

  • 招待するゲストの人数
  • 結婚式にかける予算
  • 結婚式を挙げる時期や日程
  • 両家の意向の確認

少なくとも上記の項目は、お互いの意見をまとめておきましょう。

パートナーと結婚式について話し合いをはじめることは、式場選びという迷路の入り口に立つようなイメージです。

入り口に立たないまま、中に入ることはできませんよね。

お互いの意見をまとめることは、ブライダルフェアに参加する時に避けては通れない道なのです。

おすすめは、まとめた意見をノートなどに書き出しておくことです。

プランナーさんとの相談会で活用できますし、自分たちの頭の中を整理することもできます。」

ブライダルフェアに参加するときは、まとめたノートも持っていくようにしましょう。

チェックポイント1 会場までのアクセス

会場までのアクセス

ブライダルフェアでチェックする項目は、式場に到着した時点からスタートするものではありません。

会場までのアクセスの仕方も必ずチェックするようにしましょう。

ゲストによっては、年配の人や遠方から来てくださる人もいますよね。

式場までがわかりにくい道のりであったり、坂道の多い道のりだとゲストも困ってしまいます。

  • 最寄駅から歩いて何分くらいか
  • 最寄駅から式場までヒールのゲストでも辛くない距離か
  • 送迎サービスは手配できるのか
  • 最寄駅から式場までタクシーだといくらかかるのか
  • 車でくるゲスト用に駐車場が確保されているか
  • 主要駅から最寄駅までのアクセスは簡単か

上記の項目は、式場に着くまでに確認しておくようにしましょう。

地図で確認するだけでは、平坦な道のりなのかデコボコ道なのかもわからないですよね。

ブライダルフェアに参加するのであれば、実際に足を運んでみないとわからない項目を確認することが重要です。

チェックポイント2 ウェルカムスペース

ウェルカムスペース

式場の中に入ったら、まずウェルカムスペースの確認をしましょう。

パーティーの開始前にくつろげるウェルカムスペースがあるとゲストは安心できます。

早めに到着したゲストのために、ラウンジやロビーに座れるソファーがあるのかも確認しておくといいのではないでしょうか。

  • ウェルカムスペースは待ち時間をくつろいで過ごせるほどの広さがあるのか
  • ウェルカムドリンクや軽食の用意ができるのか
  • 親族がゆっくり過ごすための控え室が両家にあるのか
  • ロビーやラウンジがあるのか
  • ソファーの数は多めに用意されているか
  • ゲストが着替える更衣室はあるのか

ブライダルフェアに参加するときは、式場にはじめて来るゲストの気持ちになって参加することが理想です。

会社の上司など目上の人がゲストに多いのであれば、失礼なことをしてしまわないためにもゲスト目線でブライダルフェアに参加しましょう。

チェックポイント3 挙式会場

挙式会場

挙式会場は、自分たちの理想としている挙式スタイルが叶うかどうかを前提に確認してください。

雰囲気や式場ごとの特徴も確認し、挙式中の演出や生演奏などが可能かも聞いておきましょう。

今はやらないと考えていても、いざ結婚式をおこなうとなると、やっぱりやりたいと思う演出などがあるかもしれません。

あらかじめ式場で出来ること出来ないこと、の確認はしておきましょう。

  • バージンロードの長さ、天井の高さは満足か
  • 会場の雰囲気が好みか
  • フラワーシャワーの場所や雨天の場合の確認
  • 装花のイメージは理想通りか
  • ゲストが全員入ることのできる広さと座席は確保できるのか
  • アフターセレモニーの種類は
  • 挙式中の写真撮影はできるのか
  • 挙式中の演奏には満足できるのか
  • 神前式の場合は花嫁行列や巫女の舞が可能か

挙式会場は実際に目にしてみると、結婚情報誌などの写真とイメージが違うことがあります。

写真では明るいと思っていた式場が、実際に行ってみると思っていたよりも暗かったりすることがあるので、会場に入ったときの第一印象も記憶しておくといいのではないでしょうか。

チェックポイント4 披露宴会場

披露宴会場

披露宴会場は会場ごとに雰囲気やコンセプトが違うので、自分たちの理想に合う式場を探しだしましょう。

自分たちのやりたい演出ができるかどうかだけでなく、ゲストの居心地の良さや新郎新婦の見え方も確認しておきましょう。

あまりにも死角が多い会場では、披露宴の醍醐味である新郎新婦を見ることができないですよね。

  • 会場の雰囲気やテーブルコーディネートは好みにあっているのか
  • 会場の広さは招待するゲストの人数に合っているのか
  • 会場内でオリジナル装飾ができる場所はあるのか
  • 新郎新婦の席が全てのゲスト席から見えるのか
  • ガーデンやテラスはあるのか
  • 席次のアレンジはできるのか
  • 音響や照明の設備は問題ないか
  • スクリーンはどの席からでも見やすいのか

披露宴会場では、新郎新婦ならではの演出を考えることが多いと思います。

ある程度自分たちのやりたいことが実現できるのか聞いておきましょう。

あまりにも制限のある式場を選んでしまうと、理想とする結婚式を挙げることは難しいかもしれません。

チェックポイント5 料理・衣装・アイテム

料理

挙式や披露宴の会場をチェックした後は、使用する小物などにも目を配りましょう。

ゲストが期待しているのは美味しい料理ですし、余裕があるならば衣装や細かいアイテムもこだわりたいですよね。

満足できる結婚式を挙げるためにも、事前に確認しておきましょう。

  • 試食をしてみて料理に満足できたか
  • プラン内で着たい衣装やアイテムを選ぶことができるのか
  • 料理の内容はゲストの顔触れに合っているのか
  • 手作りアイテムは持ち込めるのか
  • どんな演出が可能なのか
  • 衣装やアイテムなども持ち込みできるのか
  • 会場の衣装堂に着たいと思う衣装はあるのか
  • 持ち込める場合、持ち込み料はどのくらいかかるのか

衣装やアイテムなどが持ち込み不可であれば、式場で準備されているもので納得できるのか確認しておきましょう。

契約後に着たい衣装が見つからなかったり、持ち込み料が高すぎてしまうとキャンセルなどのトラブルになってしまうので要注意です。

チェックポイント6 見積書・料金・予約について

見積書・料金・予約

結婚式場とトラブルになってしまう、ほとんどの原因が見積書や契約内容などの確認不足です。

内金や仮予約、キャンセルできるのかなどの確認をしておきましょう。

  • 見積もりの項目で不明点はないか
  • 内金・申込金の額と支払うタイミングの確認
  • 会場を比較検討しやすいように同じ条件で見積りを出してもらったか
  • 結婚式費用の総額はいつ支払うのか
  • ブライダルフェアでみた内容と見積りの内容は同じか
  • カード支払いはできるのか
  • 見積りにふたりの希望するプランは全て入っているのか
  • キャンセル料はいつからどのくらいかかるのか

このように見積りでわからないことがあれば、躊躇せずに質問するようにしましょう。

見積書は自分たちのやりたいことを全て含めたうえで、招待するゲストの人数を少し多めに計算しておくことが、契約後に見積りの金額が大幅にアップしてしまわないためのコツになります。

はじめに提示される見積書で料金が安い・高いの判断はしないようにしましょう。

ブライダルフェアに参加した後にしておくべきこと

ブライダルフェアに参加したあとは、必ずパートナーと話し合いましょう。

ブライダルフェアに参加したあとに意見をまとめることで、はじめにお互いが話し合っていた内容から考え方が少しずつ変わってくるかもしれません。

  • 結婚式で大切にしたいこと
  • 取り入れたいと思った演出
  • 改めて感じる疑問や不明点
  • お互いの親に確認と報告

ブライダルフェアは参加するごとに上記の項目について話し合い、まとめておきましょう。

式場選びでは振り返って記憶を整理することで、結婚に対する意識の違いをなくしていくことができます。

円満な新婚夫婦でいるためにも式場選びて揉めていてはいけないのです。

そのためにも確認すべきところを確認し、式場選びで失敗してしまわないようにしましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら