結婚式場の画像

ブライダルフェアに初めて参加する時は、どのようなことに気をつけておけばいいものなのかわからず、不安になってしまいますよね。

式場側はブライダルフェアに気軽に参加してくださいと提示しているものの、結婚式場に足を運ぶことは敷居の高いことだ、と感じている人は多いと思います。

このページでは、「先輩花嫁が実際に経験した失敗例と対処法」から「初めてにふさわしいブライダルフェア」について紹介しています。

「ポイント」

初めてのブライダルフェア参加で失敗してしまわないように、対処法を事前に頭に入れておきましょう。

初めてのブライダルフェアで先輩花嫁がやってしまった失敗例と対処法

披露宴会場の画像

まずは初めてのブライダルフェア参加で先輩花嫁がやってしまった失敗例と、その対処法を紹介していきましょう。

今から紹介する先輩花嫁がしてしまった失敗は、どんな人であってもありうるものばかりになります。

先輩花嫁と同じ失敗をしてブライダルフェア参加を意味のないものにしてしまわないように、気をつけましょう。

ケース1:服装に気を使わないまま参加してしまった

服装の画像

ブライダルフェアは結婚式場で開催されているイベントのため、普段通りの服装でも問題ないという言葉を真に受けてしまうと失敗してしまうことがあります。

たとえばブライダルフェアに参加している最中であっても、実際に結婚式がおこなわれているということもあります。

普段着でもOKだからといって、ダメージジーンズにタンクトップのような格好で参加してしまうと結婚式場で浮いてしまい後悔してしまうのです。

対処法:結婚式場にふさわしい服装を知っておく

ブライダルフェアに参加するときは、あくまで結婚式場に足を運ぶということを忘れないようにしましょう。

たとえば、レストランにディナーに行くような服装を意識するといいかもしれません。

結婚式場だからといってスーツなどを着ていく必要はないため、ブライダルフェアに参加するときの服装は「ブライダルフェアに参加するときの服装は?季節別おすすめスタイル」の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ケース2:スケジュール管理ができず結婚式場のハシゴができなかった

スケジュールの画像

ブライダルフェアに参加するときは、多くのカップルが1日に2〜3件程度の式場を巡るのではないでしょうか。

しかしブライダルフェアは考えているよりも拘束時間が長く、1件の式場だけで2〜3時間必要になってしまいます。

そのため計画していたスケジュール通りに進めることができず、結婚式場のハシゴに失敗してしまうのです。

対処法:ブライダルフェアの所要時間と移動時間を把握する

ブライダルフェアに参加する時は、まず参加するブライダルフェアの所要時間と式場の場所を把握しておかなければいけません。

ブライダルフェアの所要時間はハナユメなどの式場探しサイトに記載されていますし、式場の場所も確認することができます。

ブライダルフェアに必要な時間と式場までの移動時間さえ把握しておけば、ハシゴに失敗してしまうようなことはありません。

「ポイント」

結婚式場のハシゴを成功させたいのであれば、あらかじめ何時までにここの式場を出なくてはいけない、と伝えておくのも大切ですよ。

ケース3:他の式場を見学しないまま契約しそうになってしまった

契約の画像

ブライダルフェアに初めて参加するカップルがよくしてしまう失敗が、式場の雰囲気に呑まれて軽率に契約を交わしてしまうことです。

初めて参加するブライダルフェアは、たとえどんな式場であってもキレイで夢のような空間になりますよね。

そのため、プランナーさんに勧められるがまま契約をしてしまう人は少なくないのです。

たしかに契約を交わしてそのままその式場で結婚式を挙げるカップルもいますが、多くのカップルは他の式場が気になり契約したことを後悔する結果になってしまいます。

対処法:勧誘を上手に断る方法を知っておく

初めてブライダルフェアに参加する時は、どうしてもきらびやかな雰囲気に呑まれてしまいがちです。

しかし、あらかじめ勧誘の断り方を知っておくだけで、初めてのブライダルフェアでも冷静に参加することができるのです。

まずはブライダルフェアで勧誘されるかもしれないということを知り、浮かれて契約をしてしまわないように心がけましょう。

ブライダルフェアの勧誘を上手に断るコツは、「ブライダルフェアで勧誘されないためのコツ〜上手な断り方〜」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ケース4:ブライダルフェアに参加する目的が曖昧なまま参加してしまった

結婚式場の画像

初めてブライダルフェアに参加する時は、結婚式場をとりあえず見に行くというスタンスのカップルが多いため目的が曖昧なままという人が多いと思います。

しかしブライダルフェアを終えてみると、何も頭に入っておらず無駄な時間を過ごしてしまったと感じて後悔してしまうのです。

結婚式を検討しているカップルにとっては、ブライダルフェアの参加は1件1件が貴重なものになると思います。

目的が明確になっていないままブライダルフェアに参加してしまうと、その後の式場探しですら億劫だと感じてしまうこともあるのです。

対処法:事前に理想としている結婚式についてまとめておく

ブライダルフェアに初めて参加する時には、目的を明確にしておくためにも理想とする結婚式のイメージをまとめておくようにしましょう。

事前に結婚式のイメージがまとまっているだけで、ブライダルフェアの際に式場で目を向けるポイントも変わってくるものです。

「こちら」

漠然と全体像を眺めるのではなく、自分の理想としている結婚式を実現させることができるのか細かいポイントごとにチェックできるようになるのです。

ケース5:結婚式場の選択を適当におこなってしまった

結婚式場の画像

初めてブライダルフェアに参加する時は、誰もがまずは近所の式場からスタートさせてしまうのではないでしょうか。

たしかに結婚式について何も知識がないままブライダルフェアに参加してしまうと、近所の式場から足を運んでみることになると思います。

しかし結婚式場は思っているよりも種類が多く、自分たちの好みとずれていると結婚式への憧れが薄くなってしまうこともあるのです。

初めてブライダルフェアに参加する結婚式場は、今後の式場探しの基準になると言っても過言ではありません。

適当に選んでしまうと失敗したと感じてしまうこともあるため、注意しておきましょう。

対処法:ブライダルフェアに参加する前にパートナーと話し合っておく

ブライダルフェアに参加する結婚式場を適当に選んでしまわないためには、あらかじめパートナーとよく話し合っておくようにしましょう。

ブライダルフェアに参加する結婚式場の雰囲気やコンセプトは、好みのものでないと意味がありません。

せっかく結婚式場に足を運ぶのにあまりにも好みのものとかけ離れていたら、結婚式に対するイメージも変わってしまいますよね。

初めてのブライダルフェアだからどこでもいいという訳ではなく、1件目からきちんとパートナーと話し合って選ぶようにしましょう。

初めて参加するブライダルフェアに迷ったら試食会があるものを選択!

試食会の画像

ここまでブライダルフェアに初めて参加するときによくある失敗を紹介してきましたが、その前にブライダルフェアの選び方がわからないという人もいますよね。

どのようなブライダルフェアに参加すればいいのかわからないと悩んでいるのであれば、まずは試食会があるブライダルフェアを選択するようにしましょう。

ほとんどの結婚式場は無料で試食会を開催していますし、式場選びにおいて料理の味は大きな判断材料になります。

「こちら」

ブライダルフェアの参加で悩んでしまっているのであれば、試食会のあるものを選択すると楽しめること間違いありません。

ハナユメなら試食会のある式場を探しやすい

ハナユメの画像

試食会を開催しているブライダルフェアを検索するのであれば、ハナユメを活用しましょう。

ハナユメは試食会を開催している結婚式場を簡単に探しだせるだけでなく、ハナユメ割の適応で結婚式を最大150万円節約することができます。

雰囲気検索で好みの式場を探しやすいですし、口コミなども充実しているため式場探しにおいて利用しない訳にはいきません。

そのうえブライダルフェアの申し込みで最大33,000円分の商品券もゲットできるので、ハナユメより良い条件のところは難しいでしょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら