結婚式場の画像

人気がある10月の結婚式を検討していると、費用が高くなるのではないかと不安に感じるのではないでしょうか。

このページでは、「10月の結婚式が人気の理由」から「人気月でも費用を押さえられるコツ」まで紹介しています。

「こちら」

10月は人気のある月だからといって、諦める必要はありません。

だんだん暖かくなる10月は、ブライダルフェアに参加する時期にぴったりです。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

キャンペーン情報まとめ【商品券を最大限にゲットする裏技】

10月の結婚式が人気なのは本当なの?

結婚式場の画像

結婚式は春と秋に人気が集中していますが、どの月が一番人気なのか知っている人は少ないですよね。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では、10月に結婚式を挙げた人の割合が13.9%になっており、一番人気のある月でした。

10月は11月に比べて平均気温が暖かいだけでなく、雨が降る確率も高くありません。

5月や9月のように長期連休を避ける必要もないので、日取り選びに余裕があるのも10月が人気な理由ではないでしょうか。

人気月に結婚式を挙げるなら式場検索サイトを利用する

10月のような人気月に結婚式を挙げるのであれば、あらかじめ費用を抑える努力が必要になります。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、自分で値引き交渉をする以上に高い値引率が適応されます。

中でもハナユメを経由してブライダルフェアに参加すると、キャンペーンで40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引できます。

10月に結婚式を挙げるメリットやデメリット

結婚式場の画像

人気のある10月はメリットばかりだと考えている人が多いと思いますが、デメリットも少なくありません。

メリットとデメリットを把握したうえ、結婚式の日取りを選択しましょう。

結婚式を10月に挙げるメリット

10月に結婚式を挙げるメリットは、主に下記のようなものになります。

  • 気候が良くゲストが参列しやすい
  • 夏や冬ではできない外での演出ができる

10月は何といっても気候がよく、ゲストが参列しやすいのがメリットです。

夏では難しいガーデンや外での演出もできるようになるため、やりたい演出ができるのも魅力ではないでしょうか。

気候がいいため外での演出であってもゲストが不満に感じることがないですし、長期連休が少なく落ち着いている月なので人気が集まっています。

「新婦」

10月はゲストへのメリットが多い月、と考えるのがいいのではないでしょうか。

結婚式を10月に挙げるデメリット

10月に結婚式を挙げるデメリットは、新郎新婦に関わるケースがほとんどです。

あらかじめデメリットを理解して、10月の結婚式に挑みましょう。

  • 人気月のため平均費用が高い
  • 予約が早く埋まるため日取りの確保が難しい
  • 友人や親族の結婚式と被る可能性がある

結婚式は人気のある日取りほど費用が高く、人気がない月ほど費用が安い傾向があります。

10月は一番人気のある月のため平均費用が高く設定されており、いい日取りの予約が早く埋まってしまう点もデメリットのひとつです。

結婚式は誰もがいい日取りを選択したいと考えるため、友人や親族の挙式と日程が被る可能性が高いのも否めません。

2018年10月と2019年10月で人気のある日取りは?

結婚式場の画像

10月は人気のある月のため、いい日取りはすぐに予約が埋まってしまいます。

あらかじめ良い日取りには目星をつけておき、早めに式場探しを始めるのがおすすめです。

2018年10月

日程 曜日 六曜
10月7日 日曜日 大安
10月14日 日曜日 友引
10月20日 土曜日 友引

2019年10月

日程 曜日 六曜
10月13日 日曜日 大安
10月19日 土曜日 大安
2019年は2018年に比べて良い日取りが少ないと言われているため、2019年10月を検討している人は早くから予約を済ませておくのが得策です。

人気月なら絶対にするべき!結婚式の費用を抑える3つのポイント

結婚式場の画像

人気のある10月に結婚式を挙げるのであれば、費用を抑えるポイントを把握しておく必要があります。

追加オプションなどで費用が上がりやすい月なので、節約できる部分は徹底していきましょう。

  • 土曜日の昼間や大安にこだわらない
  • 持ち込みアイテムを増やして節約する
  • 式場検索サイトの「特別割引」を利用する

土曜日の昼間や大安にこだわらない

人気のある10月の中でも、土曜日の昼間や大安のような日は費用が一番高く設定されています。

自分で値引き交渉をしてもほとんど値引きが適応されず、最終見積もりで予算を越えるケースが少なくありません。

少しでも費用を抑えたいのであれば土曜日の昼間や大安にこだわらず、他の日取りも視野に入れてみましょう。

持ち込みアイテムを増やして節約する

結婚式の費用を節約したいのであれば、手作りアイテムなどの持ち込みが欠かせません。

全てのアイテムを式場で準備するのではなく、持ち込み料をかけて持ち込むほうが安くなるケースがあります。

結婚式場との打ち合わせは約4ヶ月前からスタートしますが、手作りアイテムは半年前から準備する心構えでいましょう。

式場検索サイトの「特別割引」を利用する

結婚式の費用は持ち込みアイテムや日取りで節約できますが、自分だけの力では限界があります。

式場検索サイトを経由すると、自分で値引き交渉をする以上の「特別割引」が適応できます。

たとえばハナユメを経由してブライダルフェアに参加すると、結婚式の費用を最大50%割引できます。

10月の結婚式に多いテーマや演出3選

結婚式場の画像

10月の結婚式は人気があるため、多くの新郎新婦が取り入れるテーマや演出があります。

秋を感じられるテーマから10月にしかできない演出まで、紹介していきましょう。

  • ハロウィンを意識したカボチャアイテムで装飾
  • 栗やさつまいもを使った料理で秋の味覚を演出
  • オータムカラーで統一させて大人な雰囲気を

ハロウィンを意識したカボチャアイテムで装飾

10月にあるイベントといえば、ハロウィンをイメージする人が多いのではないでしょうか。

受付やロビー、ゲストテーブルにさりげなくカボチャアイテムを加えるだけで、ハロウィンを意識した飾り付けにできます。

披露宴会場に仮装アイテムを準備しておくのも、ゲストが楽しめるためおすすめです。

栗やさつまいもを使った料理で秋の味覚を演出

秋は食材が豊富なので、栗やさつまいもを使った料理で秋の味覚を演出してみましょう。

装飾や装花で秋らしさを表現したくないという人は、秋の食材を使用するだけでも季節感を味わえます。

料理の美味しさは結婚式の良し悪しに関わってくるため、担当のシェフと細かく話し合うのがおすすめです。

オータムカラーで統一させて大人な雰囲気を

秋はオータムカラーと呼ばれる、深みのある色が似合う季節です。

オータムカラーを使用すると落ち着いた雰囲気になるため、大人ウェディングを希望している花嫁に注目されています。

カラードレスやブーケの色を少し意識して選択してみると、さりげなく秋らしさを表現できるのではないでしょうか。

10月の結婚式に似合う装花|ブーケに使うならどれがおすすめ?

結婚式場の画像

10月に結婚式を挙げるのであれば、季節感のある装花を利用するのがおすすめです。

秋に似合う装花の種類は、主に下記のようなものではないでしょうか。

  • コスモス
  • パンジー
  • アジサイ
  • ダリア
  • カトレア

秋が旬の花といえばコスモスやパンジーを思い浮かべる人が多いと思いますが、秋色アジサイと呼ばれるブラウン系の装花も人気です。

「こちら」

ブーケなどに使用するのであれば、ダリアやカトレアなどの大ぶりな花を選択するのもいいのではないでしょうか。

10月の結婚式をお得に挙げるなら式場検索サイトのハナユメ

ハナユメの画像

10月の結婚式をお得に挙げるのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。

人気がある10月は平均費用が高いうえ、自分で値引き交渉ができません。

式場検索サイトの「特別割引」を利用すると、自分で値引き交渉をする以上に高い値引率が適応されます。

たとえばハナユメを経由してブライダルフェアに参加すると、40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用を最大50%割引できます。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1