結婚式場の画像

結婚式を控えているプレ花嫁の中には、どうしてもゴールデンウィークにしか結婚式を挙げられない、という人もいるのではないでしょうか。

このページでは、「ゴールデンウィークに結婚式を挙げるのは非常識なのか」「ゴールデンウィークに結婚式を挙げるメリット・デメリット」について紹介しています。

「こちら」

ゴールデンウィークの結婚式は、ゲストへの配慮を忘れなければ問題ありません。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げたいのであれば、式場検索サイトを利用してブライダルフェアに参加しましょう。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加すると、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

ブライダルフェアに行くだけで商品券がもらえるキャンペーンはこちら

 

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるのは迷惑なの?

結婚式場の画像

結婚式を検討している人の中には、仕事の関係でゴールデンウィークにしか結婚式を挙げられない、という人もいると思います。

ゴールデンウィークは、お盆や年末年始に次ぐ大型連休になるため、新郎新婦から注目されている日取りです。

しかし、公共交通機関が混雑しているだけでなく、旅行などの予定が立てられない点から、ゲストからは懸念されるともいわれています。

生理日管理アプリ「ラルーン」が実施した、ゲストにとって困る日取りについてのアンケートでは、下記のような結果になりました。

1位 年始  77.48%
2位 年末 75.50%
3位 クリスマス 42.57%
4位 ゴールデンウィーク 34.41%

アンケートによると、ゴールデンウィークは年末年始やクリスマスに次いで、迷惑だと思われる日取りになります。

どうしてもゴールデンウィークにしか結婚式を挙げられないのであれば仕方ありませんが、ゲストの迷惑になるかもしれない、と理解しておきましょう。

欠席連絡の覚悟はしておく

ゴールデンウィークの結婚式は、ゲストにとって迷惑になる可能性が高いため、欠席連絡がくることが考えられます。

自分は結婚式に参列したから必ず来てもらえる、という考えは捨て、来てもらえるだけで感謝する気持ちが大切です。

自分よがりな結婚式を挙げるのではなく、ゲストに最大限のおもてなしを提供しましょう。

ゴールデンウィークを選択した理由を添える

ゴールデンウィークは土日よりも平均費用が安く設定されているため、ほとんどの人は費用を抑えるために選んだと考えます。

費用のために選んだ日取りかもしれませんが、友人や会社の人に伝えるときは「仕事のために仕方なくゴールデンウィークを選択した」などの理由を添えるのがベストです。

新郎新婦がウェディングハイに陥り、ゲストのことを考えずに日取りを選んだと思われると、今後の人間関係にも影響がでます。

「新婦」

ゲストの迷惑になることは理解していると、さりげなく伝えておくと安心できます。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるメリット・デメリット

結婚式場の画像

結婚式は、どんな日取りを選択してもメリットやデメリットがあります。

ゴールデンウィークにはデメリットしかないと思われがちですが、メリットにも目を向けてみましょう。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるメリット

  • 平均費用が安く設定されている
  • 結婚式前後に慌てることがない

結婚式は、日取りや時間帯によって平均費用が異なりますが、ゴールデンウィークは土日よりも平均費用が安く設定されています。

少しでも費用を抑えたい、と考えている新郎新婦にとっては魅力的な日取りです。

連休なので結婚式の前日や翌日に余裕があり、慌てて準備をする必要がないのもメリットの一つです。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるデメリット

  • 宿泊施設や交通費が高い
  • 連休の中日は出席してもらえない可能性が高い

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるのであれば、宿泊施設や交通費が高いため、欠席者が多くなることを理解しておきましょう。

そのうえゴールデンウィークの中日を選択すると、出席してもらえない可能性は一層高くなります。

新郎新婦は得られるメリットが多いものの、ゲストにはあまり歓迎されないのがデメリットです。

日取り選びをするなら初日?中日?最終日?

結婚式場の画像

ゲストにとって迷惑になるかもしれないことを考慮したうえ、ゴールデンウィークを選択するのであれば、初日や最終日などの影響が少ない日取りを選択するのがベストです。

ゴールデンウィークは4月末から5月の1週目までを指しますが、連休の中日に結婚式を挙げるのは非常識だと思われます。

ゲストによっては既に予定を入れている可能性も高く、結婚式を優先することで予定が崩れるケースもあります。

今後の人間関係にも関わってくるので、ゲストに非常識だと思われる連休ど真ん中は避けるのがおすすめです。

2019年と2020年のゴールデンウィークでは、下記の日取りを選択するのがいいのではないでしょうか。

2019年ゴールデンウィーク

日程 曜日 六曜
4月27日 土曜日 先勝
5月4日 土曜日 友引
5月6日 月曜日(祝) 大安

2020年ゴールデンウィーク

日程 曜日 六曜
5月3日 日曜日 友引
5月6日 水曜日(祝) 大安

ゴールデンウィークの結婚式を成功させる3つのポイント

結婚式場の画像

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるのであれば、ゲストに迷惑だと思われないような工夫が必要になります。

一般的な結婚式では気にする必要がない、細かい部分にも気を配らなくてはいけないため、あらかじめポイントを確認しておきましょう。

  • 挙式日が決まったら早めに連絡する
  • 二次会は別日にし、当日欠席する人へ配慮する
  • お車代や宿泊費は平均よりも多めに準備する

挙式日が決まったら早めに連絡する

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるのであれば、挙式日が決まり次第、早めに連絡しましょう。

旅行やイベント事を計画している場合、半年前の告知でも遅いと思われるケースがあります。

万が一、欠席の連絡が続いたとしても、仕方がないと思えるような心構えも必要です。

二次会は別日にし、当日欠席する人へ配慮する

あまりゲストが出席できないのであれば、二次会を別日におこなうのも一つです。

思い切ってゴールデンウィークの結婚式は家族や親族だけを招待し、会社の同僚や友人は二次会で済ませてしまうのもいいでしょう。

式場のプランナーさんと話し合い、ゲストの人数を踏まえて検討し直すのもおすすめです。

お車代や宿泊費は平均よりも多めに準備する

ゴールデンウィークのような大型連休中に、遠方のゲストを招待するのであれば、お車代や宿泊費は多めに準備しておきましょう。

人の移動が盛んな時期なので、新幹線や飛行機の料金は高く、予約するのも一苦労です。

あらかじめ新郎新婦がチケットや宿泊施設を用意しておくか、早くから声かけしておくとゲストも安心して参列できます。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるならハナユメがおすすめ

ハナユメの画像

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。

あらかじめ費用が低めに設定されているゴールデンウィークは、それ以上の値引き交渉ができないと思われがちです。

しかし、ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、自分で交渉する以上に高い割引率が適応されます。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、キャンペーンで40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引できます。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる30,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「全員もらえる40,000円」+「抽選でもらえる60,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1