ブライダルフェアで撮影しておくべきポイントは?

ブライダルフェアに参加するときは、絶対に忘れてはいけないことがあります。

それは、結婚式場のすみからすみまで写真に残しておくことです。

ブライダルフェアに参加する時に必要な持ち物の中には、必ずと言っていいほどカメラが入っていると思います。

今までブライダルフェアに参加した人たちが口を揃えて伝えておきたいほど、写真に残しておくことが重要になってくるのです。

しかし、写真を撮るといってもどこを残しておけばいいのか悩んでしまう人も少なくありません。

「ポイント」

そのため写真に残しておいたほうがいいポイントは、事前におさえておきましょう。

そもそもブライダルフェアで写真撮影はしてもいいの?

式場の画像

ブライダルフェアに参加する前に多くの人が疑問に感じてしまうのが、式場の中で写真撮影をしてもいいのかということだと思います。

最近は、結婚式当日だと挙式会場での写真撮影はNGになっている式場も多いですよね。

そのため、ブライダルフェアでの撮影も禁止なのではと思ってしまいがちですが、ブライダルフェアでの写真撮影を注意するような式場はほとんどありません。

ただし撮った式場の写真をSNSなどには載せないでほしい、と言われることはあるかもしれません。

ブライダルフェアで式場を写真に残しておく理由は、後日振り返ることができるようにするためだけなので、SNSなどには載せない旨を伝え式場の写真を撮らせてもらいましょう。

もしも写真を撮っていいのか不安に感じてしまう人は、式場のスタッフさんに写真を撮ってもいいか、一言聞いてから撮ると気兼ねなく写真を撮ることができますよ。

ブライダルフェアに参加した時に撮影しておくべき3つのポイント

ブライダルフェアに参加した時に撮影をしておくポイントは、大きく分けて3つあります。

おすすめは目につくところを全て写真に残しておくことですが、ブライダルフェア中はなかなか写真を撮ることに集中できませんよね。

そして写真を撮る上で大事なことは、惜しまず何枚も何枚も撮ることです。

後でいらなかったと感じるものは消してしまえばいいだけなので、写真に残すのか悩むほどでしたら撮っておきましょう。

写真に残していなかったことを後悔してしまうよりは、撮りすぎるくらい撮っておいたほうがいいのです。

  • 式場までの道のりや式場に入ってすぐのロビーも撮影しておこう
  • 試食会があれば料理を、試着会があればドレス姿を撮っておく
  • 挙式会場、披露宴会場は前方だけでなく後方も

式場までの道のりや式場に入ってすぐのロビーも撮影しておこう

ロビー

ブライダルフェア当日は、式場につくまでの道のりも写真に残しておくのがおすすめです。

ブライダルフェアに何件も参加をしていると、式場の記憶も曖昧になってきてしまいます。

実は式場までの道のりが、最寄り駅から近かったのか遠かったのかすらわからなくなってきてしまうのです。

写真が一枚あるだけでも記憶がよみがえりやすくなるので、式場に到着してから写真を撮り始めるのではなく、目印になるものや駐車場も気にして写真を撮っておきましょう。

ゲストに式場までの道のりを説明するときには、目印になる建物などがあると分かりやすいですよね。

式場までの道のりでも気を配っておくと、その後の結婚準備が少し楽になるのです。

ロビーやフロントも

式場に入ったら、まずはロビーの写真を撮っておきましょう。

式場に入ってすぐの印象は、自分たちだけでなく招待するゲストが感じる印象にも関わってきます。

もしロビーが汚れていたら、挙式会場や披露宴会場がどれほど綺麗で素晴らしいものでも満足できませんよね。

式場に入った瞬間、ロビーでの第一印象は思っているよりも大事なのです。

そして挙式当日は演出として、自分たちでロビーの飾りつけをさせてもらえる会場もあります。

演出を考えるときなどは、飾りつけをする場所の全体像を把握しておいたほうが失敗しませんよね。

たとえその式場で結婚式を挙げないことにしたとしても、ブライダルフェアで飾りつけされているものが参考になることもあります。

ロビーの写真は今後演出を考えていく上でも、欠かさずに撮っておいたほうがいいですよ。

試食会があれば料理を、試着会があればドレス姿を撮っておく

ブライダルフェアに参加する式場が試食会や試着会を開催していたら、ほとんどの人が参加しますよね。

試食会に参加するのであれば試食する料理を、試着会に参加するのであればドレス姿を写真に残しておきましょう。

料理の写真を撮っておくことで、提供された料理と式場の記憶が曖昧になってしまうのを防ぐことができますよね。

そのうえ、結婚式を挙げるときに婚礼料理の参考になることもあります。

写真を見せながらこの料理の雰囲気にしてください、この料理を再現してほしい、など気に入った料理の写真は有効活用しましょう。

ドレスは正面や背面だけでなくアップの写真も

そしてドレス試着をする時も、ドレス姿は確実に撮影しておきましょう。

ブライダルフェアのドレス試着では何着もドレスを着ることができないかもしれませんが、1着でも試着をすればそのドレスが今後ウエディングドレス選びをしてく上での基準になってきます。

ドレス姿の写真を撮るときは正面から撮るだけでなく背面も撮るようにし、刺繍などがあるドレスは刺繍がわかるくらいアップの写真も撮っておくのがおすすめです。

ドレス姿を写真に残しておくと式場選びだけでなく、その後のドレス選びや準備でも活用することができますよ。

しかし、試食会や試着会では気分が高まってしまうため、写真を撮ることを忘れてしまう人が少なくありません。

試食会や試着会に参加するときは、写真を撮ることを忘れてしまわないように気をつけましょう。

挙式会場、披露宴会場は前方だけでなく後方も

ブライダルフェアで一番撮り逃してはいけないのが、挙式会場と披露宴会場です。

きっと式場選びをするときに重視して比較するところは、挙式会場や披露宴会場ですよね。

ブライダルフェアでは、自分たちが結婚式を挙げている姿をイメージできるように説明をされるため、会場の前方ばかり見てしまいがちですが、招待するゲストから近い後方の写真も撮っておきましょう。

ゲストは意外にも前方だけでなく、会場の隅々まで見ているものなのです。

もしも模擬挙式や模擬披露宴に参加できるのであれば、挙式会場はステンドグラスやパイプオルガンなども残しておくといいですし、披露宴会場はテーブルコーディネートや装花も写真に残しておくのがおすすめです。

ドレス試着をしたときは式場側が撮影をしてくれるところもある

式場によってはブライダルフェアに参加するだけで、式場側のプロのカメラマンさんがドレス姿を何枚か撮影をしてくださるところもあります。

普段プロのカメラマンさんに撮影をしてもらう機会はないので、無料で撮影をしてもらえるなんてとても魅力的ですよね。

しかし、撮ってもらった写真は必ずしもいただくことができるとは限りません。

撮ってもらった写真はどうなるの?

式場のプロのカメラマンさんに撮ってもらった写真は必ずもらえるわけではありません。

式場によっては、ブライダルフェア終了時までに現像して渡してくれるところや、後日郵送で送ってもらうことができる式場もあります。

気をつけなければいけないのは、契約した時のみ写真がもらえるというパターンです。

式場側は事前に契約したときのみ写真をお渡しするという説明をしているとは思いますが、多くのカップルが勘違いをしたまま写真がもらえなかったという意見を口にしています。

式場側もあの時撮った写真はどうなっているのか、という問い合わせが後を絶たないようですが、式場から写真が送られてこないときは契約をしていないから仕方がないと考えるようにしましょう。

ブライダルフェアで撮影した写真を後日見てふり返ろう

ブライダルフェアで撮影した写真は後日、式場ごとにまとめて管理しておきましょう。

式場ごとに写真をまとめておかないと、どの式場のものだったのかすぐにわからなくなってしまいます。

そして、写真をもとにパートナーと話し合いましょう。

式場ごとの特徴や良かった部分、悪かった部分など、写真があるだけで何もない状態の時よりも振り返りやすいですよね。

そしてその写真を活用することで、友人や両親に相談をすることもできます。

友人や両親のような第三者からの目線で意見をもらえることは、式場選びにおいてとても重要になりますよね。写真を撮っておくと具体的な相談がしやすくなるのです。

ブライダルフェアで写真を撮っておかないと何が困るの?

式場選びをしようとすると、何件ものブライダルフェアに参加しますよね。

人間の記憶はあまり正確ではないので、何件もブライダルフェアに参加するうちに、記憶が曖昧になってきてしまいます。

記憶が曖昧になってきてしまうとパートナーと意見が食い違ってしまって揉めたり、再度ブライダルフェアに参加したときに勘違いをしていて、思っていた式場と違ったということになりかねません。

そうなってしまわないためにもブライダルフェアに参加したときは写真を撮っておく必要があるのです。

それでもイメージがわかない人はブライダルサイトの写真を参考にしよう

ブライダルフェアに参加したときに写真を撮ることが重要だと説明をしてきましたが、普段あまり写真を撮らないような人は、どのような写真を撮ればいいのか悩んでしまいますよね。

そんな人は、ブライダル情報サイトなどに載っている写真を参考にしてみましょう。

ブライダル情報サイトの写真は、プロが撮っている写真から一般の人が投稿しているものまであるので、写真の撮り方やポイントが参考になると思います。

式場ごとに写真の雰囲気も違ってくるので、写真を見ているだけでも楽しくなりますし勉強にもなるのでおすすめですよ。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら