ブライズメイドの画像

映画や海外ドラマなど、結婚式の場面でお揃いのドレスを着たブライズメイドたちが登場しているのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

このページでは、「ブライズメイドと男性版ブライズメイドであるアッシャーの役割」から「ブライズメイド&アッシャーの服装の選び方ポイント」まで紹介しています。

「こちら」

最近の結婚式ではブライズメイド&アッシャーを演出に取り入れるカップルが増えています。

ブライズメイドとは

ブライズメイドとは英語でBridesmaidと書き、文字どおり花嫁(bride)のお世話役(maid)をする女性を指します。

ブライズメイドとアッシャーの役割

結婚式の画像

欧米では何百年も前からブライズメイドの習慣がありますが、日本でもブライズメイドを題材にしたドラマや映画のヒットにより、結婚式に取り入れることが流行ってきています。

しかしお揃いのカラードレスを着た女性ということ以外、具体的に何をするのかよく知らないという人がほとんどだと思います。

アッシャーに至っては、名前すら聞いたことがないという人もいるかもしれません。

ブライズメイドは花嫁に華を添える引き立て役

ブライズメイドの画像

ブライズメイドは、花嫁の親しい友人や姉妹、親族から2〜5名ほど選ばれることが一般的です。

花嫁から直々にお世話係を任されるのですから、ブライズメイドを依頼された人は花嫁からの信頼が厚いと自負していいでしょう。

またブライズメイドは会場全体を明るく盛り上げる役割も担っています。

カラードレスの女性たちが集まると花が咲いたように場の空気が明るくなり、お揃いのカラードレスなので花嫁より変に目立つ心配もありません。

ブライズメイドは花嫁に華を添える引き立て役なのです。

アッシャー(グルームズマン)は男性版ブライズメイド

ブライズメイドの画像

花嫁だけでなく、花婿をサポートするアッシャーをご存じでしょうか。

お揃いのスーツを身にまとったアッシャーは、いわば男性版ブライズメイドでグルームズマンと呼ばれることもあります。

アッシャーも花婿の親しい友人や兄弟、親族から2〜5名ほど選ばれ、ブライズメイドの人数とそろえるのが基本スタイルです。

ブライズメイドの由来は?日本と海外で何が違うの?

ブライズメイドの画像

ブライズメイド&アッシャーの起源は古く、中世ヨーロッパまでさかのぼります。

結婚の幸せを妬む悪魔から身を守るために、新郎新婦と同じ衣装を着た男女を結婚式に参列させて悪魔の目を惑わせたのが由来と言われています。

なお欧米の結婚式では、結婚式の準備全般を業者に頼らず自分たちでおこなうのが一般的です。

新郎新婦の代わりに式場手配や挙式準備をするのが、ブライズメイド&アッシャーの役割になります。

結婚式の準備だけでなく当日の進行もおこなう

日本では式場スタッフが式場準備をおこない、幹事が二次会などのパーティの手配をするのが主流ですが、欧米ではブライズメイドとアッシャーが準備し、当日の司会進行も担当しています。

さらにブライズメイドのリーダーに選ばれた女性は、花嫁のドレスの裾を直したり、指輪の交換時にグローブとブーケを預かる重要な役割を果たします。

これも日本の結婚式では介添人と呼ばれるプロの人がおこなう仕事ですので、海外のブライズメイドとアッシャーはたくさんの仕事をこなさなくてはなりません。

子供が務めるフラワーガール&リングボーイも欠かせない存在

海外の結婚式でブライズメイド&アッシャーと同じくらい重要なのが、子供が務めるフラワーガール&リングボーイの存在です。

フラワーガールは、バージンロードにお清めの花びらをまく女の子のことで、花束を持つ場合もあります。

リングボーイは、リングピローに乗せた結婚指輪を運ぶ男の子のことです。

どちらも欧米をはじめとするキリスト教式の結婚式では欠かせない存在で、4〜10歳のお子さんが務めることが一般的です。

「こちら」

小さな子供たちがバージンロードを歩く姿はとても愛らしく、最近では日本の結婚式でも取り入れることが増えています。

ブライズメイドの演出はアッシャーなしでやってもいいの?

ブライズメイドの画像

本来ブライズメイドとアッシャーは同じ人数の男女が必要ですが、日本の結婚式ではアッシャーの認知度が低いため、ブライズメイドのみの結婚式も少なくありません。

日本の結婚式では、ブライズメイドはおそろいのドレスを着る演出として捉えている人のほうが多いので、アッシャーなしでも特に問題はないでしょう。

重要なのは結婚式を成功させることですので、形式に捉われずにできる範囲でブライズメイドの演出を取り入れましょう。

ブライズメイドは既婚者がやってはいけないの?

ブライズメイドは未婚女性が選ばれることが多いですが、既婚女性でも問題ありません。

実際、ブライズメイド中でも一番花嫁と親しい女性はリーダー的存在として「メイド・オブ・オナー」と呼ばれます。

結婚式の経験がある既婚者がリーダーに指名されることは多く、既婚者がリーダーになる場合の名称は「マトロン・オブ・オナー」です。

「こちら」

未婚か既婚は気にせず、ブライズメイドとして花嫁さんをサポートしてあげてください。

ブライズメイド&アッシャーの衣装は新郎新婦が準備するのがベター

ブライズメイドの画像

ブライズメイドとアッシャーが着るおそろいの衣装やブーケ、ブートニアに関しては、依頼する側の新郎新婦が準備したほうが無難です。

結婚式のテーマカラーがあるなら、その色に合うカラードレスや小物を合わせたほうが会場全体とのバランスが取れるでしょう。

しかし人数分の衣装を全てそろえるとなると、かなりの出費を負担しなければなりません。

金額的に厳しい場合は、アクセサリーや靴、ネクタイなどの小物アイテムのみを統一して、衣装は色だけ合わせて持ち合わせのもので対応してもらう手もあります。

その際、小物アイテムの色は派手めにして「おそろい感」を出すことを意識しましょう。

本人が費用負担するならお祝儀を減らすなどの配慮が必要

もしブライズメイドやアッシャーを引き受けてくれた本人が衣装代を負担するなら、新郎新婦はお祝儀の金額を減らすなどの配慮が必要です。

新郎新婦が費用の負担を申し出ても、「自分たちでドレスのデザインを決めたい」「今後も着られるドレスを選びたい」という理由で辞退するケースは少なくありません。

どんな理由にせよ、新郎新婦のサポート役を引き受けてくれた友人に負担をかけないようにしましょう。

レンタル衣装で安くそろえることも可能

ブライズメイドとアッシャーの衣装は、インターネットなどでレンタルすることで安くそろえることが可能になります。

挙式費用に加えて、おそろいの衣装を何着も購入するのは金額的な負担が大きいですから、1日きりのブライズメイドやアッシャーの衣装はレンタルでそろえるのも一つの手段です。

衣装の選び方のポイントについては次の項目で詳しく説明します。

ブライズメイド&アッシャーの服装の選び方ポイント

ブライズメイドの画像

ブライズメイド&アッシャーの衣装は、悪魔の目を惑わすために同じ衣装を着たのが起源ですから、衣装に統一感を持たせることが重要です。

また日本の結婚式においては、結婚式場や結婚式のスタイルに合わせた衣装を選ぶことも忘れてはいけません。

ブライズメイドとアッシャーの服装の選び方をそれぞれ紹介します。

ブライズメイドのドレスや小物を選ぶときのポイント

ブライズメイドの画像

ブライズメイドの衣装は全員同じ色・デザインというイメージを持っている人が多いと思いますが、必ずしも同じとは限りません。

結婚式のテーマカラーがある場合や、結婚式のスタイルによっても衣装の選び方は変わってきます。

ブライズメイドのドレスや小物を選ぶときのポイントを紹介しますので、衣装選びの参考にしてください。

  • テーマカラーと調和のとれた色のドレスを選ぶ
  • 全く同じでなくてもOK!カラーか形を合わせる
  • 結婚式の格を意識することも重要

結婚式のテーマカラーと調和のとれた色のドレスを選ぶ

結婚式のテーマカラーが決まっている場合、ブライズメイドのドレスもテーマカラーと調和のとれた色を選んだほうがいいでしょう。

ブーケも花嫁が持つ色と合わせた一回り小ぶりなものを持つのが一般的です。

衣装は全部同じでなくてもOK!色か形を合わせて統一感を出す

ブライズメイドの衣装は上から下まで全で統一する必要はありません。

ドレスの色を合わせてデザインはバラバラにしたり、ドレスのデザインを合わせて色は同系色でまとめるなど、ある程度自由に選ぶことができます。

過度な露出はNG!結婚式の格に合わせた衣装を意識しよう

ブライズメイドの発祥である欧米では、ノースリーブドレスかベアドレスを着るのが主流ですが、日本の結婚式でゲストが肌を過度に露出するのはマナー違反とされています。

結婚式場の格にあった衣装を意識することも重要だということを理解しておきましょう。

アッシャーのスーツを選ぶときのポイント

アッシャーの画像

アッシャーの服装はフォーマルスーツが基本ですが、必ず花婿の衣装にリンクした同じ装いで参列します。

ブートニアも花婿と同じものを身につけるのが一般的です。

アッシャーの衣装を選ぶときに押さえておきたいポイントを紹介します。

  • 花婿の衣装とリンクした小物を取り入れる
  • チーフや靴下の色に変化をつけるとオシャレに
  • 親族や年配ゲストに配慮した衣装選びをする

花婿の衣装とリンクしていると一目で分かる小物を取り入れよう

花婿の蝶ネクタイの色に合わせて同じ色のネクタイを身につけることで、シンプルながら花婿の衣装とリンクしていることがはっきり分かります。

また新郎とまったく同じデザインのスーツでも、アッシャーはジャケットを羽織らずにベストのみ着用するコーディネートもおすすめです。

靴下の色に変化をつけるとオシャレ感がアップする

他の男性ゲストと差別化するためのちょっとした工夫として、靴下の色を派手な色で統一してみてはどうでしょうか。

蛍光色などを取り入れるとオシャレ感がアップする上、靴下であれば悪目立ちする心配もありません。

半ズボンやコスプレは厳禁!親族や年配ゲストに配慮した衣装選びを

欧米のアッシャーの衣装は半ズボンを履いていたりコスプレをしていたりする場合もありますが、日本の結婚式でそういった服装をするのは避けたほうがいいでしょう。

年配の親族やゲストはブライズメイドやアッシャーについてよく理解していないかも知れませんので、日本の結婚式の服装マナーから逸脱しない衣装を身につけるようにしてください。

ブライズメイド&アッシャーにおすすめの演出3選

ブライズメイドの画像

ブライズメイド&アッシャーの演出をどのように取り入れたらいいか分からないという人は多いのではないでしょうか。

日本の結婚式でブライズメイド&アッシャーを取り入れる際のおすすめの演出3選を紹介したいと思います。

  • 花嫁が入場する前にブライズメイドが先導する
  • 人前式で司祭となって結婚の承認をゲストに問う
  • ブライズメイド&アッシャーでダンスを披露

花嫁が入場する前にブライズメイドが先導する

挙式で新郎新婦の入場する前に、花嫁を先導するようにブライズメイドが一人ずつ入場します。

華やかなドレスを身にまとったブライズメイドの登場により、挙式前の緊張感で張りつめた会場の雰囲気を和ませることができるでしょう。

人前式で司祭となって結婚の承認をゲストに問う

挙式が人前式なら、ブライズメイドとアッシャーが二人の結婚の承認をゲストに問う司祭の役割を務めるのはどうでしょうか。

結婚の承認してもらえたときはベルやクラッカーを鳴らすなど、人前式の演出は自由に決められますので、ブライズメイドとアッシャーが率先して盛り上げてください。

ブライズメイド&アッシャーで息のあったダンスを披露

披露宴の余興でブライズメイド&アッシャーがペアを組んでダンスを披露するのもおすすめです。

衣装が統一されたブライズメイド&アッシャーが息のあったダンスを披露すれば、さながらプロのダンサーのように会場を盛り上げることができるでしょう。

女性だけの前祝い「ブライダルシャワー」も開催しよう

ブライズメイドの画像

ブライズメイドの演出を取り入れるなら、結婚式の前祝いパーティ「ブライダルシャワー」をおこなうことをおすすめします。

ブライダルシャワーは、ブライズメイドたちが中心となって結婚式の1〜2ヶ月前におこなう女性だけのパーティで、ブライズメイドの自宅で開催されることが一般的です。

招待するのはいずれも新婦と親交の深い友人のみで、結婚生活で役立つものをプレゼントする慣習があります。

なお、ブライダルシャワーの男性版は「バチェラーパーティ」と呼ばれ、結婚前夜に独身最後の夜を新郎と男友達が楽しむイベントです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら