フラッシュモブを成功させるには【フラッシュモブ離婚ってなに?】

最近のプロポーズや結婚式でよく耳にする言葉の中に、フラッシュモブというものがあることをご存知でしょうか。

フラッシュモブと聞くとテレビで取り上げられているような大々的なもの、というイメージがあるかもしれませんが、最近では結婚式などでも気軽に取り入れられているのです。

しかし、フラッシュモブを取り入れることには賛否両論の意見があります。

実は誰でも気軽におこなっていい演出だとは言い切れないのです。

「こちら」

フラッシュモブをおこなうときのポイントを確認していきましょう。

フラッシュモブを取り入れると結婚式は盛り上がる?

披露宴会場の画像

そもそもフラッシュモブとは、不特定多数の人間が一斉に集団行動をおこない、目的を果たしたら解散するというサプライズになります。

結婚式にフラッシュモブを取り入れると盛り上がるといわれていますが、実際には予定にないサプライズをされることが嫌だという意見もあるのです。

そのうえネット上では盛り上がっているものしかアップされていないため、フラッシュモブは誰でも盛り上がる演出だと勘違いされていることもあります。

フラッシュモブの演出を楽しむことができる人が一定数いるように、苦手とする人が一定数いるのも事実なのです。

老若男女が集まる結婚式という場で、誰もが楽しむことができるフラッシュモブをするためには、手順などをきちんと踏んでいかなければいけません。

「ポイント」

フラッシュモブが楽しそうだからやりたいという気持ちだけでは、実現しても失敗してしまう可能性があるのです。

そもそもフラッシュモブは日本人には向いていないという意見も

フラッシュモブを苦手としている人の中では、そもそもフラッシュモブは外国発祥のものだから日本人には向いていないという意見もあります。

普段から他人と気軽に挨拶を交わすような外国の文化と、他人と交流をすることに消極的な日本の文化では受け入れ方にも差がでてしまうのです。

フラッシュモブをすることで人前で目立ちたくなかった、こんなサプライズよりもゆっくりとして結婚式を望んでいたなど、嬉しい以外の感情が出てしまうのも日本人の特徴です。

もちろん人によって価値観は違うので一概には言えませんが、全ての人に受け入れてもらえるわけではないことを頭に入れておきましょう。

結婚式でフラッシュモブを失敗しないためのポイント

フラッシュモブを成功させるポイント

結婚式でフラッシュモブを失敗しないためには、注意しておくべきポイントがあります。

全員に楽しんでもらうフラッシュモブをするためには、手順を間違えていてはいけないのです。

そのうえゲストのみでフラッシュモブをおこなうことを考え、新郎新婦の結婚式を台無しにしてしまうようなこともやめましょう。

必ず新郎新婦のどちらかと相談し、結婚式のスケジュールの中にきちんと組み込める体制を整えておくことが重要です。

  • 式場には延長料金がかからないか確認をしておく
  • フラッシュモブをおこなうタイミングを確認しておく
  • 新郎新婦が本当に喜ぶ演出なのか考える
  • 親族は受け入れてくれる雰囲気なのか考える

式場には延長料金がかからないか確認をしておく

結婚式のスケジュールにフラッシュモブを取り入れるのであれば、予定をしていた時間内におこなうことができるのか、式場を使用する時間を延ばすのか、確認をしましょう。

もしも延長をする場合は、延長料金が発生するのか確認をする必要があります。

新郎新婦の企画するどちらかが式場に直接確認をし、サプライズをする相手には当然知らせてしまわないように気をつけましょう。

フラッシュモブをおこなうタイミングを確認しておく

結婚式でフラッシュモブをおこなうときは、どのタイミングでスタートさせるのかも決めておきましょう。

タイミングや合図をきちんと決めておかないと、本番はグダグダになってしまい成功しても腑に落ちないなんてこともあります。

フラッシュモブはメリハリある行動をすることが重要なので、式場との打ち合わせの際には細かく決めておくようにすることが大事なのです。

新郎新婦が本当に喜ぶ演出なのか考える

結婚式にフラッシュモブを取り入れるのであれば、サプライズをする相手が本当に嬉しいと感じる演出なのかを考える必要があります。

友人を巻き込んでまでやってほしくなかった、サプライズに魅力を感じない、なんて人を相手にフラッシュモブをおこなっても、感動してもらえるとは思いません。

そのため新郎新婦は、お互いが喜んでくれる相手なのか見極める必要があります。

自分がやってみたいから、なんて気持ちだけでフラッシュモブを取り入れてしまわないように要注意です。

親族は受け入れてくれる雰囲気なのか考える

結婚式でフラッシュモブをおこなう時に重要なことは、新郎新婦だけでなく両家の親族も受け入れてくれる雰囲気なのかどうかです。

昔からの伝統や風習を大事にしている親族が多数いる場合、フラッシュモブのような演出をすることを受け入れられない人も多いと思います。

親族の顔ぶれも考え、本当に取り入れてもいいものなのか検討することが重要です。

フラッシュモブ離婚の核心はどこにあるの?

フラッシュモブ離婚の核心はどこにあるの?

結婚式でフラッシュモブと聞くと、ネットニュースにもなっていたフラッシュモブ離婚が頭をよぎる人も多いのではないでしょうか。

フラッシュモブ離婚
サプライズが大嫌いだという新婦に対して披露宴で義実家が企画したフラッシュモブが新郎も知らないまま始まってしまい、新婦は自分たちの結婚式を台無しにされたと大号泣。

そのまま退席をして二次会も出席せず、新郎でさえこの計画は知らなかったものの離婚することになった。

本当に合ったエピソードなのかは疑わしい部分もありますが、このネットニュースからフラッシュモブのイメージが悪くなってしまったのは事実です。

しかしフラッシュモブ離婚は、フラッシュモブをおこなったことで離婚をしたのではなく、新婦の気持ちを考えなかったことにあるのではないでしょうか。

やはり他人を巻き込んでおこなう演出だからこそ、相手が本当に喜んでくれるのかを考えることが大事なのです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら