結婚式場の画像

欧米に古くから伝わる結婚式の慣習であるサムシングフォーをご存じでしょうか。

このページでは、「サムシングフォーの意味と詳しい解説」「他の花嫁と差をつけるサムシングフォーをアレンジした演出例」などを紹介しています。

「こちら」

サムシングフォーの意味と取り入れ方と正しく理解しましょう。

サムシングフォーは花嫁が幸せになるための4つのアイテム

結婚式の画像

サムシングフォーは、結婚式で花嫁が身につけると幸せになれると言われる4つのアイテムのことです。

しかし聞きなれない人は、何をどう取り入れたらいいのか分からないですよね。

サムシングフォーには下記のような意味を持っています。

  • サムシング・オールド(なにか古いもの)
  • サムシング・ニュー(なにか新しいもの)
  • サムシング・ボロー(なにか借りたもの)
  • サムシング・ブルー(なにか青いもの)

サムシング・オールド(なにか古いもの)とは、先祖から代々受け継がれてきたものを指し、祖母や母から譲り受けたアイテムを身につけると、末長く幸せになれると言われています。

サムシング・ニュー(なにか新しいもの)は、これから始まる新郎新婦の生活が幸せであることを願い、結婚式当日に新調したものを身につけるのが一般的です。

サムシング・ボロー(なにか借りたもの)は、すでに幸せになっている人や幸せな結婚生活を送っている人から借りた小物などを身につけ、幸せをおすそ分けしてもらうという意味合いがあります。

サムシング・ブルー(なにか青いもの)は、聖母マリアのシンボルカラーが青であることから、青いものを身につけることで花嫁の純潔や貞節を表しています。

サムシングフォーの基本が理解できたら、次は具体的にどんなアイテムを身につければいいのか紹介します。

なにか古いもの:母や祖母から受け継がれてきたアクセサリーやドレス

アクセサリーの画像

なにか古いものを選ぶときは、家に代々受け継がれてきた指輪やネックレスなどのジュエリーを身につけましょう。

祖母や母が着たウェディングドレスやベールなどを取り入れるのもおすすめです。

そのほか亡くなった親族との思い出の品や、何らかの事情で結婚式に参列できない家族や親族のものを身につけることもあります。

代々受け継がれてきたものが特に無いという場合は、家族との絆を感じられるアイテムを取り入れるといいでしょう。

なにか新しいもの:新しさを象徴する白いアイテム

ハンカチの画像

なにか新しいものは、結婚式の日に新しく新調したものならどんなものでも構いませんが、新しさを象徴する白いアイテムのことを指すのが一般的です。

ハンカチやパールのアクセサリー、長手袋などは取り入れやすいのでおすすめです。

花嫁衣装は基本的に白なので、自分が気に入ったものに願いを込めるといいでしょう。

なにか借りたもの:ベールやアクセサリーを借りて幸せを分けてもらう

結婚式の画像

なにか借りたものは、現在幸せな結婚生活を送っている人から、結婚式で使ったときのベールやアクセサリー、手袋などを借りるのがおすすめです。

ティアラやイヤリング、指輪など、取り入れるものに決まりはないので、好きなものを借りて構いません。

憧れの結婚生活を送っている友人や親族から、何かひとつアイテムを借りて幸せを分けてもらいましょう。

なにか青いもの:聖母マリアのシンボルカラーで純潔と貞節の証

結婚式の演出の画像

なにか青いものは、目立たないところに身につけることで夫への忠誠を表すと言われ、この慣習が生まれたイギリスではガーターに青いリボンをつけるのが一般的です。

日本でガーターをつける習慣はありませんので、日本風にアレンジするならブーケに青いリボンを付けたり、ブーケの花に青を混ぜるといいでしょう。

目立たない場所に青を取り入れたいなら、ウェディングドレスの下に青いアンクレットを付けてみてはどうでしょうか。

サムシングフォーはマザーグースと呼ばれる英語の伝承童謡が起源

結婚式場の画像

サムシングフォーの慣習は18世紀頃から続いていると言われていますが、サムシングフォーの起源はご存じでしょうか。

サムシングフォーは、ビクトリア王朝時代のイギリスで生まれた「マザーグース」という伝承童謡集の一つが起源という説が有力です。

マザーグースが誕生した当時のイギリスは、政略結婚が当たり前だった時代だったので、サムシングフォーは娘を嫁がせる親の気持ちを表しているという説もあります。

いずれにせよ、花嫁の幸せを願うサムシングフォーの慣習は、イギリスからヨーロッパ各地やアメリカに伝わり、その後何百年も続いている伝統的な結婚式のジンクスなのです。

6ペンスコインには花嫁に幸運をもたらす言い伝えがある

コインの画像

サムシングフォーには続きがあり、最後に「花嫁の靴の中に6ペンスコイン」という一節があります。

これは花嫁の左足の靴に6ペンスコインを忍ばせると、末長く幸せになれるという言い伝えです。

イギリスの通貨である6ペンスコインは現在は製造されていませんが、結婚式のアイテムとして人気があるため、インターネットで購入することは可能です。

6ペンスコインの代わりに1ペニーコインを使うなど、アレンジして取り入れても構いません。

「こちら」

サムシングフォーだけでなく6ペンスコインのおまじないも取り入れて、より幸せな花嫁さんになってください。

新郎や家族からのプレゼントを取り入れるなど自由なアレンジをしてもいい

結婚式の画像

サムシングフォーは何百年も続く伝統ではありますが、あまり難しく考えず自分流にアレンジしても構いません。

実際、欧米では自分で買ったビンテージシューズを古いものとして取り入れたり、新郎や家族からのプレゼントを新しいものとして取り入れることもあります。

自分が選んだものにしっかり願いを込めることが重要なので、ぜひ愛着のあるアイテムを取り入れてください。

サムシングフォーを日本風にアレンジ!おすすめ演出例

結婚式の画像

サムシングフォーを結婚式で取り入れるなら、現代の日本の結婚式用に見合った形にアレンジしてみるのはいかがでしょうか。

日本の結婚式の流れや式場の雰囲気を踏まえて、おすすめの演出例を紹介します。

サムシング・オールド:ウェルカムスペースに家族の古い写真を飾る

ウェルカムスペースは通常、新郎新婦の写真を飾ることが多いですが、祖父母の代からの写真をたくさん飾ってみてはどうでしょうか。

新郎新婦の写真だけでなく、家族の古い写真を並べることでゲストに両家の歴史を知ってもらうことができ、親族にも懐かしんでもらえるはずです。

祖父母の時代のモノクロ写真を飾れば、よりサムシング・オールドの雰囲気が出ること間違いありません。

サムシング・ニュー:新郎のお母さんから家事グッズをプレゼントしてもらう

新郎のお母さんが、新婦のために家事グッズをプレゼントする演出です。

サムシング・ニューは白いものを取り入れるのが一般的なので、白いエプロンがおすすめです。

義母からの新婦への初めてのプレゼントですから、二つの家族がひとつになるという演出としても盛り上がりそうですね。

サムシング・ボロー:結婚まもない友人からその場で何か借りる

ゲストの中に新婚さんがいたら、その人が結婚式を挙げたときに使用したアイテムを直接借りると、サムシング・ボローの演出が盛り上がります。

まさに新婚で幸せ真っ只中のゲストに直接借りに行くか持ってきてもらい、幸せをおすそ分けしてもらいましょう。

サムシング・ブルー:披露宴のテーブルコーディネートを青でまとめる

結婚式のテーマカラーをサムシング・ブルーの青にして、披露宴のテーブルコーディネートを青でまとめてみてはいかがでしょうか。

テーブルクロスを淡い水色にしたり、テーブル装花にも青を取り入れると統一感があって良いでしょう。

「新婦」

柔軟な発想でサムシングフォーを取り入れてください。

サムシングフォーだけじゃない!海外発のロマンチックな演出3選

結婚式場の画像

サムシングフォーを結婚式に取り入れるときの基本と応用を紹介しましたが、海外発祥のロマンチックな演出はこれだけではありません。

平凡な結婚式ではつまらないと感じている人のために、選りすぐりの演出をおすすめしたいと思

他の花嫁と差をつけたいと人はぜひ参考にしてください。

12本(ダース)のバラで花嫁にプロポーズ!ダーズンローズ

ヨーロッパに昔から伝わる風習で、男性が意中の女性に振り向いてもらうために、村中から12本のバラを集めてプロポーズしたというエピソードが元になった演出です。

まず12本のバラを用意して、それぞれのバラに情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠・感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情と記したネームタグかリボンを付けます。

12名のゲストにバラを1本ずつ持ってもらい、新郎は式場に入場するときにバラを受け取りましょう。

新郎は新婦にプロポーズの言葉や誓いの言葉と共に12本のバラの花束を贈り、新婦は返事と共に1本好きな意味のバラを選んで新郎の胸元に飾る、という流れです。

ダーズンローズを演出でやるなら、人前式や披露宴のお色直しで再入場するときがおすすめです。教会式で取り入れたい場合は事前に許可を取ってからにしましょう。

結婚式版タイムカプセル!ウェディングボックス

ウェディングボックスとは日本でいうタイムカプセルのようなもので、ラブレター&ワインボックスとも呼ばれている欧米で人気の演出です。

お互いへの思いを書いたラブレターをワインと一緒に箱に詰めて、結婚10年目などの節目の年に開封します。

準備するものは、木製ワインボックス、二人の好きなワインボトル1本、釘&ハンマー、新郎新婦がお互いに書いたラブレターです。

演出の手順としては、司会者がウェディングボックスについて説明した後に、木製ワインボックスにワインとラブレターを入れ、釘とハンマーで箱を閉じます。

二人の結婚生活の節目の年に箱を開けて、結婚式の思い出を振り返りましょう。

家族の絆を確かめる新婦&父親のラストダンス

新婦が両親への感謝の思いを綴る「花嫁の手紙」は日本の結婚式では定番ですが、欧米では新婦と父親がダンスをおこなうのが一般的です。

娘と送り出す父親と、家を出る娘のラストダンスは見るものに感動を与えます。

新婦&父親に限らず、新郎&母親のダンスや祖父母とのラストダンスでも構いません。

日本には人前でダンスをする習慣がないので照れてしまうかもしれませんが、家族の絆を確かめられる感動的な演出になるでしょう。

どんな演出をするにしろ家族や親族の意向を確認しよう

結婚式場の画像

結婚式を挙げるなら、ありきたりな演出ではなくユニークなことがやりたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

実際、海外の結婚式が由来のおしゃれでロマンチックな演出は他にもたくさんあります。

しかし結婚式はこれまでお世話になった家族や親しい知人に感謝を伝える場でもあり、新郎新婦だけで全てを決めるべきではありません。

特に年配の家族や親族は、昔ながらの伝統的な結婚式しか知らないため、目新しい演出に戸惑ったり嫌悪感を抱く可能性もあります。

家族や親族、ゲストに配慮することを忘れずに、皆が笑顔になれるような結婚式を挙げてください。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら