結婚式場の画像

プロポーズされて結婚が決まった人の中には、結婚式の準備で不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、「プロポーズから結婚式までの流れが分かるチェックシート」「結婚式当日の挙式・披露宴・二次会前後の段取りと流れ」について紹介しています。

「こちら」

いつ何を準備するのかを詳しく解説します。

結婚式の準備は段取りが重要!

結婚式場の画像

大好きな人と結婚することが決まったら、次は結婚式の準備が始まります。

結婚準備はやるべきことが非常に多いので、段取りを決めておかないとトラブルの原因になってしまいます。

何をいつまでに準備するのか全体的な流れを把握することで、スムーズに結婚準備を進めましょう。

プロポーズから結婚式までの流れが分かるチェックシート

これから結婚式の準備をおこなうという人は、大まかな結婚式までの流れを理解しておくと効率良く準備を進めることができます。

プロポーズから結婚式までの流れが分かるように、やるべきことをまとめました。

  • プロポーズ
  • 親への挨拶
  • 結納・両家顔合わせ
  • 友人や職場に報告
  • ブライダルフェア・式場見学
  • 結婚指輪を購入
  • 式場決定
  • 二次会の準備開始
  • 衣装決定
  • 招待客をリストアップ
  • ブライダルエステ
  • 演出で使用するアイテムの準備
  • 最終打ち合わせ
  • 結婚式当日

プロポーズから結婚式までの日数は人それぞれですので、二人の準備期間に合わせて無理のないスケジュール調整をおこないましょう。

結婚式場探しをはじめるタイミングは、下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

結婚式場探しを始める時期はいつ?予約は何ヶ月前からするもの?

結婚式場探しをはじめる時期は、いつが最適なのかと悩んでしまいますよね。結婚式場探しをはじめるタイミングについて紹介しています。式場探しをはやめにおこなうメリットや、挙式日が決まっていない時期でも式場探しをはじめるのかについてチェックしてみましょう。

親に挨拶しに行くときの心得

結婚することが決まったら、なるべく早めに両家の親に挨拶する必要があります。

初めて彼の両親に会うという人は緊張してしまうかもしれませんが、基本的なマナーや礼儀を心得ていれば怖がる必要はありません。

何を話せばいいのか不安に感じている場合は、あらかじめご両親の趣味や興味のあることについてパートナーから聞いておくと安心です。

相手の目を見てしっかり受け答えをすることを意識して、彼を大切に思っていることがしっかり伝わるようにしましょう。

結婚式までの準備期間はどれぐらい?期間別の段取りまとめ

結婚式場の画像

上記で結婚式までにやるべきことをチェックシートにまとめましたが、挙式当日までの準備期間の日数によって段取りが異なります。

結婚準備にかけられる期間を1年間、8ヶ月、6ヶ月に分けて、それぞれ準備の進め方について紹介していきましょう。

準備期間1年

プロポーズから結婚式までの期間についてのアンケート調査によると、10ヶ月〜1年が46%と最も多い結果が出ています。

1年かけてじっくり結婚準備を進めることで、二人にとって最高の結婚式を挙げることができるでしょう。

準備期間が1年間の段取りは以下の通りです。

時期 やること
1年〜8ヶ月前 親への挨拶・結納・両家顔合わせ・友人や職場に報告
8〜5ヶ月前 ブライダルフェア・式場見学・結婚指輪を購入・式場決定・二次会の準備開始
5〜3ヶ月前 衣装決定・招待客をリストアップ・ブライダルエステ・演出で使用するアイテムの準備
1ヶ月前〜前日 最終打ち合わせ

挙式まで十分余裕がある人は、ブライダルフェアを利用してホテルやゲストハウス、専門式場など様々な式場タイプを見学しましょう。

時間をかけて多くの式場を見学することで、二人のウェディングテーマに合った式場を見つけやすくなります。

「新婦」

長い準備期間を活用してウェディングアイテムを手作りすれば、結婚費用を節約することも可能です。

二次会会場については、新郎新婦自身で探すケースと友人などに任せてしまうケースがあるので、あらかじめ決めておきましょう。

二次会の会場選びは、下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

結婚式の二次会の会場選びは誰が決めるの?場所や時期の決め方を解説

結婚式の二次会の会場選びは誰が決めるべき?二次会は幹事を立てる?立てない?二次会の場所選びと時期に関するQ & Aまとめ。二次会の打ち合わせで決めなければいけない内容のポイントを紹介。二次会に参加するゲストの服装マナーを解説します。

準備期間8ヶ月

準備期間が8ヶ月というのは、中だるみせず準備を進めて行く上でバランスの良い期間と言えます。

準備期間が8ヶ月の段取りは下記を参考にしてください。

時期 やること
8〜6ヶ月前 親への挨拶・結納・両家顔合わせ・友人や職場に報告・ブライダルフェア・式場見学
6〜4ヶ月前 結婚指輪を購入・式場決定・二次会の準備開始
5〜3ヶ月前 衣装決定・招待客をリストアップ・ブライダルエステ・演出で使用するアイテムの準備
1ヶ月前〜前日 最終打ち合わせ

準備期間が8ヶ月あれば、理想の式場や衣装選びに十分な時間をかけることができます。

両家の顔合わせの機会を利用して、どんな結婚式にするか大まかな段取りを決めておくといいでしょう。

なお、挙式や披露宴の演出は3ヶ月前を目処に決めるようにしてください。

準備期間半年(6ヶ月)

結婚準備の期間が半年では短いと感じるかもしれませんが、段取りをしっかり決めてスケジュール通りおこなうことで、ムダなく準備を進めることが可能です。

準備期間が6ヶ月の段取りは下記を参考にしてください。

時期 やること
6〜4ヶ月前 親への挨拶・結納・両家顔合わせ・ブライダルフェア・式場見学・友人や職場に報告
4〜2ヶ月前 結婚指輪を購入・式場決定・二次会の準備開始・衣装決定・招待客をリストアップ
3〜1ヶ月前 ブライダルエステ・演出で使用するアイテムの準備
1ヶ月前〜前日 最終打ち合わせ

準備期間が半年程度の場合、二人の予定をうまく調整できないと式場探しが十分にできない可能性があります。

式場見学や相談は平日夜でも開催していますので、仕事終わりの時間を活用して見学会だけ参加し、好印象の式場が見つかったら後日ブライダルフェアに参加するといいでしょう。

式場や衣装選びと同時進行で決めなければいけない項目がたくさんありますが、スケジュールを管理して確実に準備を進めてください。

挙式までの時間が短い人は、式場決定後も準備に追われる可能性があります。

上司や友人にスピーチを依頼するときのことも考え、なるべき早めに行動する必要があります。

上司へのスピーチ依頼については、下記の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

上司にスピーチや主賓挨拶を依頼したいときは?時期や頼み方について

結婚式のスピーチを上司に依頼するとき、気軽にお願いしますと頼んでいませんか。上司スピーチや主賓挨拶は招待するゲストの中でも一番地位の高い人に依頼をするため、相手に負担のない方法で依頼をしなければいけません。スピーチを依頼するときのポイントを確認しておきましょう。

結婚式の準備期間は最短で何ヶ月必要?

結婚式場の画像

3ヶ月間の準備期間があれば、結婚式を挙げることができます。

仕事の都合や授かり婚などで準備期間が十分に確保できないカップルでも、段取りとスケジュール管理さえしっかりおこなえば、満足できる結婚式が挙げることは可能です。

むしろ結婚式場の直前割引を利用すれば、通常よりお得に結婚式をおこなえます。

「こちら」

3ヶ月間でできることは限られていますので、式場の提携業者やウェディングアイテムを取り扱う通販サイトをうまく活用して準備を進めましょう。

結婚式までの時間がないときは、時短テクニックを活用することをおすすめします。

下記の記事で、結婚式準備を早く済ませる方法を紹介しているので、合わせてご覧ください。

結婚式までの時間がない時は何からする?簡単にできる時短テクニック

結婚式当日まで時間がないというカップルは、まず何から手をつければいいのかわからないですよね。時間がないような忙しいカップルでも、簡単に取り入れることができる時短テクニックを数多く紹介しています。時間を節約しても満足できる結婚式を挙げられるようにチェックしてみましょう。

結婚準備とスケジュール管理は便利なアプリにお任せ!

結婚式場の画像

結婚することが決まった後も、忙しくて挙式準備の時間が取れない人は多いのではないでしょうか。

スマートフォンのアプリを利用すれば、スケジュール管理や情報収集をする際にとても便利です。

結婚情報誌でおなじみの「ゼクシィ」のアプリには、挙式予定日に合わせて段取りを教えてくれるダンドリチェックという便利なツールがあります。

また式場検索の口コミサイト「Wedding Park」や「みんなのウェディング」のアプリなら、一つの式場に対して数多くの口コミが掲載されているので、式場検索には欠かせません。

その他、結婚式準備で使えるおすすめアプリについては、下記の記事でも紹介していますので合わせてご覧ください。

結婚式の準備におすすめアプリ【招待状・ムービー作成・引き出物選び】

結婚式の準備ではスマートフォンのアプリで招待状を作成したり、ムービーを作成・編集したり、引き出物を選ぶことができるのをご存知でしょうか。結婚式準備を効率良く進めていくためにも、情報収集やパートナーとの情報共有ができるおすすめのアプリを紹介しています。

エクセルを使いこなして賢く結婚準備をしよう

仕事で使用する機会が多い表計算ソフトのエクセルは、使い方次第で結婚式準備でも役立ちます。

特に結婚費用の予算管理やご祝儀の換算表などお金に関する項目は、エクセルを使用するととても便利です。

今はスマートフォンでもファイルの編集や追加をおこなうことができるので、アプリと併用して賢く結婚準備を進めてください。

結婚式当日の新郎新婦は大忙し!挙式・披露宴・二次会前後の段取りと流れ

結婚式場の画像

結婚式の準備が終わったら、とうとう結婚式当日を待つだけです。

挙式や披露宴の段取りは整っていても、会場入りする前や挙式と披露宴の間に何をするのか分からないと不安ですよね。

結婚式当日の新郎新婦の一日の流れについて解説します。

家を出る前から挙式までの流れ

結婚式当日の朝は、不安と緊張で落ち着かない人がほとんどだと思います。

しかし時間をかけて念入りに準備をおこなってきたのですから、落ち着いて行動すれば大丈夫です。

結婚式当日、自宅を出発してから挙式前までの流れは以下の通りです。

  • 自宅を出発
  • 式場到着
  • 着付け・ヘアメイク
  • 最後の打ち合わせ
  • 親族に挨拶
  • 挙式リハーサル&写真撮影

当日は式場でヘアメイクをするので、メイクや整髪料はつけないでおきましょう。

着付けやヘアメイクの時間を考慮して、挙式の3時間前に式場に到着するようにしてください。

トイレは必ず着付けの前に済ませましょう。

ヘアメイクや着付けのスタッフに心づけを渡す場合は着替えの前後で渡します。

挙式後から披露宴前までの流れ

無事に挙式を終えたら、披露宴の準備に入る前に親族紹介をするのが基本的な流れです。

以下、挙式後から披露宴前までの流れになります。

  • 親族紹介
  • 記念撮影
  • 披露宴会場でお出迎え

親族紹介は控え室で両家が向き合う形でおこなわれます。

その後、新郎新婦と親族で記念撮影をするのが一般的です。

撮影が終わると新郎新婦は着替えやメイク直しをしたり、必要であれば式場スタッフと披露宴の最後の確認をおこないます。

披露宴の開始前になると、新郎新婦と両親は会場の入口でゲストをお出迎えしましょう。

披露宴終了後から二次会開始前の流れ

披露宴が終了すると、新郎新婦は会場の入口でゲストのお見送りをします。

お見送りの時はゲストと長く話し込んでしまいがちですが、着替えや片付けを考慮して時間オーバーしないように注意してください。

  • ゲストのお見送り
  • スタッフに挨拶
  • 着替え・片付け
  • 二次会会場へ移動

ゲストのお見送りが終わったら、お世話になった式場スタッフに挨拶しに行きます。

仲人や担当プランナーさんに心づけを渡すのはこのタイミングがいいでしょう。

着替えや持ち込みアイテムの片付けを済ませたら、二次会会場へ移動してください。

二次会終了後

二次会は終了すると、会場の入口付近でゲストのお見送りをします。

二次会がお開きになる頃には新郎新婦の疲労がピークに達していると思いますが、撤収が終わるまでは幹事と協力して片付けをおこないましょう。

別会場で三次会がある場合、忘れ物がないか確認してから移動するようにしましょう。

結婚式までの段取りが悪いとトラブルの原因になるので要注意!

結婚式場の画像

プロポーズから結婚式までは様々な準備が必要だと説明してきましたが、準備の段取りをしっかりおこなわないと思わぬトラブルを招くことがあります。

両家の信仰や考え方に違いがあったり、結婚費用の負担方法で揉めるケースは少なくありません。

パートナーの結婚式の準備について揉めるケースは多く、トラブルで破談になったカップルもいます。

結婚式は新郎新婦だけでなく両家の家族が関わる一大イベントです。

家族全員の要望をまとめるのは大変ですが、なるべく皆が満足できる結婚式になるように準備を進めるようにしましょう。

もしも彼が結婚式の準備を手伝ってくれないのであれば、下記の記事で紹介しているやる気の出させ方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

結婚式の準備を手伝わない彼はどうすればいいの?やる気の出させ方

結婚式の準備を彼が手伝ってくれない!なんてプレ花嫁は多いのではないでしょうか。彼が手伝ってくれないためにイライラしたり、スムーズにすすめられないケースは多いものです。このページでは、結婚式の準備を手伝ってもらえないときにどうすればいいのかを解説しています。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1