ウェディングドレスの画像

結婚式を控えている花嫁の中には、ムダ毛の処理について悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

結婚式はゲストと近づく機会が多いだけでなく、さまざまな角度から写真を撮られるため、ムダ毛の処理を忘れたままでいると結婚式そのものが悪い思い出になることも考えられます。

結婚式前のムダ毛処理は、花嫁にとって絶対に忘れてはいけない準備の一つです。

このページでは、「結婚式前におこなうムダ毛の自己処理方法」から「シェービングやブライダル脱毛のメリット・デメリット」まで紹介しています。

「こちら」

結婚式はムダ毛のない、ツルツルの体で迎えるのがベストです。

花嫁がウェディングドレス姿で気になるのは「ムダ毛」

ウェディングドレスの画像

ゼクシィが先輩花嫁を対象に、「やっておけばよかった」と後悔したポイントをアンケート調査した結果、第1位に「もっと花嫁姿にこだわればよかった」ことが挙げられていました。

露出の多いドレスで目立ってしまう二の腕や背中のゼイ肉や肌荒れ。ダイエットしたり、エステで磨き上げるべきだった、と多くの花嫁が悔やんでいる。

ダイエットやエステ、ムダ毛の処理など、もっと気合を入れて手入れするべきだったと感じる花嫁は、決して少なくありません。

自分は体毛が薄いから大丈夫だと思っていても、日常生活では気にならない産毛が照明で目立ってしまうことが考えられます。

結婚式は、ゲスト全員の視線が自分に向いているといっても過言ではありません。

「新婦」

一生に一度しかない結婚式で後悔しないためにも、自信の持てる花嫁姿を手に入れましょう。

結婚式前に処理しておくべき部位ベスト5

花嫁の画像

結婚式は誰もがキレイな姿で迎えたいと考えるものですが、どの範囲をキレイにすればいいのかわからない、という人も多いと思います。

ウェディングドレスを着たときに露出する部分と考えるのが一般的ですが、主に下記の部位を重点的に手入れすれば問題なく結婚式を迎えられるでしょう。

  • 背中
  • 腕+手
  • うなじ

背中

ウェディングドレスを着る際、ゲストが最も目につく部位が「背中」になります。

ウェディングドレスによっては背中が大きく露出するうえ、自分で見えない部分だからこそ日常的にケアが行き届いていないケースがほとんどです。

腕や脇に比べて露出する面積も広いので、背中のケアができているかどうかで、キレイな花嫁になれるのかが左右されるでしょう。

脇は普段から処理している人が多いため、結婚式でも普段通りの方法で手入れするという人が多いのではないでしょうか。

脇を見る人なんていないと考えがちですが、ブーケトスやキャンドルサービスなど、ふとした瞬間に目につくことがあります。

自分ではキレイに処理できていると思っていても、毛穴がプツプツと浮き出ていたり、色素沈着で黒ずんでいるケースも少なくありません。

ゲストをがっかりさせないためにも、脇の手入れは徹底的におこなうようにしましょう。

腕+手

ウェディングドレスを着るうえで忘れてはいけないのが、腕や手の甲、指の手入れです。

結婚式では指輪交換やケーキカットなど、手元が注目される場面が数多くあります。

グローブをすれば問題ないと考える人も多いですが、指輪交換の際はグローブを外すうえ、アップで手元を撮影される可能性が高いです。

テーブルラウンドなどでゲストの近くにいくことも多いので、手や指毛の処理も入念にしておいたほうがいいでしょう。

うなじ

結婚式といえば、髪の毛をアップにするという花嫁が多いのではないでしょうか。

髪の毛をアップにした時、ゲストの目につくのは「うなじ」です。

うなじまでケアが行き届いているとキレイな花嫁として見られ、逆にボサボサのままだとあと一歩物足りない花嫁だと思われます。

うなじまでキレイに処理することで、後ろ姿にも自信が持てる花嫁を目指しましょう。

顔+鼻下

結婚式の写真をキレイな姿で残したいのであれば、顔のムダ毛処理も入念におこなうのがベストです。

顔はムダ毛の処理をすることで化粧のノリが良くなったり、トーンが上がるというメリットがあります。

顔のケアは自分でもできるから、と後回しにしてしまいがちですが、結婚式前は準備が忙しくニキビなどのトラブルも起きやすくなります。

顔は写真やビデオとして形に残るので、早くからお手入れに時間をかけて顔の調子を整えておきましょう。

結婚式前に自己処理するならどんな方法がベストなの?

自己処理道具の画像

結婚式前に処理するべき部位を紹介しましたが、普段自分がおこなっている自己処理の方法で問題ないのか、不安に感じている人も多いと思います。

一般的に自己処理と聞くと、カミソリを思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。

しかし自己処理で挙げられる道具や方法には、カミソリ以外にも下記のようなものが挙げられます。

費用 痛み 赤み 処理後の状態
カミソリ 500〜1,000円 一時的に処理できるが、すぐに生える
ハサミ 500〜1,000円 長い毛は整えられるが、根本まで処理できない
毛抜き 500〜1,000円 × × 一時的に毛はなくなるが、毛穴がポツポツ目立つ
電気シェーバー 2,000〜4,000円 肌には優しいが、根本まで処理できない
ヒートカッター 2,000〜3,000円 数本ずつしか処理できないため時間がかかる
除毛クリーム 1,000〜3,000円 剃り残しのようにチクチクはしないが、肌への刺激が強い
脱毛テープ 1,000〜1,500円 × × 毛を一気に引き抜くため、肌へのダメージが大きい
ブラジリアンワックス 3,000〜4,000円 × × 痛みが強いが、根本から毛を抜ける
脱毛石鹸 3,000〜5,000円 徐々に毛を減らすため、ツルツルになるまで時間がかかる
家庭用脱毛器 約10万円 手が届かない場所は脱毛できないうえ、ムラができる

上記の表を確認してみると、自己処理にはさまざまな方法があることがわかります。

ブラジリアンワックスや家庭用脱毛器は馴染みのない人も多いと思いますが、シェアが広まってきている自己処理方法の一つです。

自己処理なら電気シェーバー!でも結婚式前はおすすめできない

電気シェーバーの画像

自己処理をするのであれば電気シェーバーがおすすめですが、結婚式前のムダ毛処理には向いていません。

たしかに、電気シェーバーは肌に負担をかけることなくムダ毛の処理をおこなえます。

しかし、結婚式前のムダ毛処理は根元からキレイに処理することも重要です。

せっかく数日前に自己処理をしても、結婚式当日にプツプツと毛が生え始めていては意味がありません。

電気シェーバーは他の道具よりも肌にダメージを与えませんが、根元からキレイに処理できる道具ではないため、先輩花嫁の口コミにもこんなものがありました。

結婚式前に電気シェーバーで自己処理をしたら、当日毛穴が黒く点々となっていてとても恥ずかしかった。

日常的な自己処理を電気シェーバーでおこなう分には問題ありませんが、結婚式で後悔したくないのであれば、ブライダルシェービングや脱毛サロンにいくのがいいのではないでしょうか。

要注意!ムダ毛の自己処理はトラブルになる可能性が高い

ドレス試着の画像

日常的に自己処理を続けると、多くのトラブルを引き起こすケースがあります。

結婚式は、人生の中で一度しかない大切な日なので、肌トラブルで恥ずかしい思いをしたくないですよね。

自己処理でおこるトラブルの多くは、主に下記のようなものが挙げられます。

  • ニキビ
  • 赤み
  • 埋没毛
  • 毛包炎
  • 黒ずみ

カミソリなどで自己処理をし続けると、埋没毛と呼ばれる皮膚の下に毛が埋まっている状態になったり、毛包炎という赤いポツポツしたニキビのようなものができることがあります。

そのうえ、たとえ電気シェーバーであっても肌に負荷はかかるので、回数を重ねるたびに色素沈着し、黒ずみがひどくなるでしょう。

多少赤みが出る程度であれば許容範囲かもしれませんが、自己処理を続けることで黒ずみができてしまっては、ファンデーションなどで完璧に隠すのも難しくなります。

先輩花嫁の自己処理で後悔したエピソード

実際に、結婚式前の自己処理で後悔した先輩花嫁のエピソードがあるので、紹介していきましょう。

20代:女性

脇の黒ずみがファンデーションなどで隠せず、写真でもわかるくらいひどくて恥ずかしかった。

30代:女性

結婚式の2日前にカミソリで処理をしたら、少し切れて傷になった。

20代:女性

自分では完璧に処理できていると思っていたのに、ドレスから露出する部分を勘違いしていて、当日の朝に剃り残しが見つかりました。

メイクさんに急遽剃ってもらいましたが、赤くなって後悔しました。

このように、結婚式のためと思っていても、自己処理方法を間違えるだけでトラブルになるケースがあると理解しておきましょう。

自己処理にはリスクあるうえ、結婚式当日に後悔するケースは決して少なくありません。

結婚式当日をキレイな体で迎えたいならシェービングor脱毛

脱毛サロンの画像

結婚式前の自己処理はトラブルになることが多いといいましたが、どうすればキレイでツルツルな体を手に入れられるのでしょうか。

自己処理以外では、エステサロンのシェービングや脱毛サロンでムダ毛を処理することが可能です。

しかし、それぞれにメリットやデメリットがあるため、一概にどこかをおすすめするわけにはいきません。

結婚式までの期間によってムダ毛処理の方法が違うため、自分があと何ヶ月余裕があるのか考え、決めていきましょう。

結婚式まで1ヶ月未満ならシェービング

結婚式まで1ヶ月未満しかないのであれば、エステサロンでおこなっているブライダルシェービングを利用しましょう。

ブライダルシェービングは、ドレスから出る部分を重点的に処理できるだけでなく、肌のトーンアップも期待できます。

結婚式の1週間前におこなうのがベストですが、肌荒れなどがしないように1ヶ月前に試しに体験してみるのがおすすめです。

ただし、本格的なレザーシェービングは金属の剃刀を使用するため、金属アレルギーの花嫁はNGです。

肌荒れの原因になる恐れがあるため、金属アレルギーの人はあらかじめ脱毛サロンなどで処理しましょう。

ブライダルシェービングには脇が含まれていないケースが多いので要注意

ブライダルシェービングは、サロンによって脇のムダ毛処理に対応できないケースがあります。

脇はデリケートゾーンと同様の扱いになるうえ、皮膚の薄さからカミソリ負けをすることもあるので慎重に判断しましょう。

結婚式まで1ヶ月以上あるなら脱毛サロン

結婚式まで1ヶ月以上の余裕があるのであれば、脱毛サロンでムダ毛処理をするのがベストです。

もちろん1年〜半年の間で徐々に処理していくのも一つですが、実は結婚式の一ヶ月前であっても脱毛サロンに足を運ぶ価値はあります。

脱毛サロンが使用している光脱毛は、施術をしてから2〜3週間経つと一度毛がキレイに抜け落ちます。

抜け落ちてからの数週間はツルツルの状態になるため、挙式当日だけキレイな体を手に入れたいと考える花嫁は、脱毛サロンで処理をするのがおすすめです。

ただし脱毛サロンの中には、1ヶ月以内に挙式を控えている人に施術ができないケースもあるので、あらかじめ確認をしておくようにしましょう。

ブライダルシェービングをするなら美4サロンがおすすめ

美4サロンの画像

ブライダルシェービングをするのであれば、ブライダルエステ専門である美4サロンの利用がおすすめです。

美4サロンは、多くのエステサロンが使用しているソフトシェービング(電気シェーバー)ではなく、本格的なレザーシェービング(カミソリ)をおこなっています。

レザーシェービングは、理容師免許を所有しているプロにしか施術できないメニューであるうえ、産毛や古い角質を取り除くことができます。

シェービングをした後は、一人一人の肌の状態に合わせたケアをおこなっているため、ツルツルで滑らかな肌を手に入れられます。

ブライダルエステの「60分お試しプラン」を5,000円で受けられるキャンペーンも開催しているので、エステ初心者さんでも試しに一度体験してみるのがおすすめです。

まるでブライダルコース?部分脱毛をするならミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの画像

ブライダル脱毛をするのであれば、ミュゼプラチナムの利用がおすすめです。

ミュゼは現在、90円で全身脱毛を体験できるキャンペーンをおこなっています。

ヒザ下・ヒジ下・Iラインなどを含む全身5〜6部位の脱毛と、両ワキ+Vラインの通い放題がセットになったお得なキャンペーンです。

脱毛部位の組み合わせには「うで集中」や「あし集中」のようなプランがありますが、その中でも、「うでプラスB」というプランを選択すると、結婚式で気になるヒジ上・ヒジ下・両手の甲指・背中上・襟足・両ワキ(+Vライン)が脱毛できます。

ミュゼの画像

ブライダルコースとして集中的に処理したい部位が網羅されているうえ、たった90円で挙式当日にツルツルな体を手に入れられるなんて、ブライダルシェービングよりもお得ですよね。

ミュゼであれば、これ以上結婚式の準備にお金をかけたくない、という花嫁の強い味方になってくれるでしょう。

ブライダルシェービングのメリット・デメリット

シェービングの画像

ブライダルシェービングのメリット

  • 結婚式の数日前でもムダ毛を処理できる
  • 自分の手が届かない範囲までケアできる
  • 肌のトーンが上がる

ブライダルシェービングをおこなう最大のメリットは、結婚式の数日前であってもムダ毛を処理できるという点ではないでしょうか。

そのうえ背中やうなじなど、自分の力で処理できない部位をムラなくキレイにしてもらえます。

シェービングは古い角質も同時に処理してもらえるため、肌のトーンが明るくなるのも大きなメリットと言えるでしょう。

ブライダルシェービングのデメリット

  • 肌荒れが起きる可能性がある
  • 施術者の腕によって剃り具合が違う場合がある
  • シェービング以外のメニューを勧められることがある

ブライダルシェービングのデメリットは、施術するタイミングや相性によって肌荒れなどのトラブルが起きる点です。

プロといっても施術者によって仕上がりに違いがあり、剃り具合に差ができる場合もあります。

ブライダルシェービングと共に、痩身やフェイシャルケアなどのメニューをすすめられるケースもあるので、営業や勧誘が苦手な人は少し苦痛に感じるかもしれません。

ブライダル脱毛のメリット・デメリット

脱毛サロンの画像

ブライダル脱毛のメリット

  • 脱毛部位にムラがない
  • 半永久的にムダ毛を処理できる
  • 肌への負担が少ない

ブライダル脱毛のメリットは、シェービングのように脱毛部位にムラができない点です。

脱毛したい部位は隅々まで処理できるうえ、結婚式当日だけでなく半永久的にムダ毛の処理をおこなえます。

肌への負担も少なく、結婚式まで何度もシェービングをする必要がありません。

ブライダル脱毛のデメリット

  • 効果を実感するまでに時間がかかる
  • シェービングよりも費用がかかる
  • 予約が取りづらいケースがある

ブライダル脱毛のデメリットは、効果を実感するまでに時間がかかる点ではないでしょうか。

光脱毛は毛周期の関係で2.3ヶ月に一度の施術になり、ムダ毛を全てツルツルにするまで8〜12回程度通わなくてはいけません。

3〜6回程度でも効果はありますが、結婚式後もツルツルを維持したいのであれば長期的に通う必要があります。

そのうえシェービングよりも費用がかかり、結婚式前にもかかわらず痛い出費になる可能性があります。

ただし、結婚式当日だけツルツルの体でいたいのであれば、キャンペーンなどの利用でシェービングよりも安く脱毛を受けられます。

あなたはどっち?シェービングと脱毛はこんな人におすすめ!

脱毛サロンの画像

結婚式を控えている花嫁の多くは、ブライダルシェービングとブライダル脱毛のどちらが適しているのか、判断できかねているのではないでしょうか。

ブライダルシェービングやブライダル脱毛は、後悔したくないと考える人がほとんどです。

後悔しない選択をするためにも、自分に適したムダ毛の処理方法を把握しておきましょう。

ブライダルシェービング 結婚式まで1ヶ月もない
古い角質も同時に処理したい
ブライダル脱毛 結婚式まで1ヶ月〜1年の余裕がある
結婚式に関係なくムダ毛の処理をしたい

ブライダルシェービングは結婚式まで時間がない、という人に向いており、反対にブライダル脱毛は結婚式まで時間に余裕がある、という人におすすめです。

ブライダルシェービングもブライダル脱毛も費用がかかる、と考えている人は多いかもしれませんが、実際は90円で全身5〜6部位を受けたり、5000円でエステを受けることも可能です。

脱毛は一度完了してしまえば、その後自己処理にかかる費用も時間も必要ありません。

結婚式後には新婚旅行などが待ち構えている人も多いので、プロポーズを受けたら脱毛サロンに通い始めるも一つではないでしょうか。

シェービングや脱毛をした後はしっかりケアすることが大切

シェービングや脱毛をした後は、適切なケアをしなくてはいけません。

施術したまま放置してしまうと、肌荒れやかゆみなどのトラブルが起きるケースがあります。

シェービングや脱毛をした後は、普段以上に肌が乾燥するため保湿ケアが必須になり、赤みなどが出ている場合は冷やすなどの行為も必要です。

施術後は紫外線に反応しやすい肌になっているので、外にでるときは日焼け対策に努め、なるべく肌にダメージを与えないようにするのも重要なケアになります。

シェービングや脱毛をするだけで満足するのではなく、施術後のケアをしっかりおこなうことで肌トラブルの予防をしましょう。

これで悩みは解決!ブライダル脱毛に関するQ&A

脱毛サロンの画像

結婚式前のムダ毛の処理方法について紹介してきましたが、他にも疑問に感じるポイントがある人もいると思います。

よくある質問と、その解決策を紹介していくので、一度チェックしてみましょう。

マタニティウェディングでも脱毛できるの?
マタニティウェディングの場合、シェービングであれば施術が可能です。

脱毛サロンは妊娠中の人への施術をお断りしていますが、ブライダルシェービングであればマタニティ専用のコースなどを準備しています。

お腹に負担のかからない施術方法を採用し、比較的スピーディに終わらせられるので、マタニティウェディングの人は一度エステサロンに確認してみるのがおすすめです。

衣装合わせや前撮りでもムダ毛処理は徹底するべき?
脱毛が間に合わない場合は、シェービングを利用するのがおすすめです。

結婚式に合わせて脱毛スケジュールを整えていると、衣装合わせや前撮りに間に合わないというケースがあります。

衣装合わせであれば自己処理で済ませても問題ありませんが、前撮りは写真に残るため、シェービングでムダ毛の処理を済ませましょう。

ムダ毛が数本生えてきた!結婚式前日に自己処理してもいいの?
多少の自己処理は許容範囲なので、電気シェーバーで傷つけないようにおこなう。

結婚式の1週間前などにシェービングを済ませていると、結婚式当日にムダ毛が数本生えてきてしまうことがあります。

そんな時は、カミソリや除毛クリームなどの刺激があるものは避け、電気シェーバーで肌を傷つけないように丁寧に自己処理をしましょう。